まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

人生は長い 世界は広い

笑われそうだけど、今さらドラマ「カルテット」を一気見した。

これがおもしろくてやめられなくて、世間で評判のものはやはり押さえておくべき、と若い頃とは真逆の実感を新たにした。

まず脚本がよくて、その上メインとなる4人の役者さんがよかった。

中でも私は満島ひかりさんに惹かれる。これは今に始まったことではない。

続きを読む

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」を読んで慌てて村上くんのイフオアDVDを予約した話

Kindleでセールになってたんですよ、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

こちら、2005年初版のベストセラーです。

ベストセラー食わず嫌いの私なので、当然(?)こちらも読んでなかったんですが……何しろ安かった。300円もしない上に、ポイントも使ったら100円ちょいで買えちゃいました。(2018年9月現在)

そしたらさすがベストセラー、会計の本ながら話が身近でわかりやすくサクサク読める。

そして私がハッとしたのが次の一文でした。

その在庫を減らす究極の形態が、受注生産である 。

受注生産といえば…イフオアDVD!!(だいぶ短絡的)

続きを読む

「BLUE GIANT」と真っ赤な彼

このところ、切ない作品に出会うと右腕が痛くなる。

比喩でもなんでもなく、右腕の先の方が、しびれたようにきゅーっと痛くなる。たぶん、実際に血管の収縮が起こってるんだと思う。

これも老化の一つかな、と思いつつ、久々にその現象が起こったのが、先日見た「百万円と苦虫女」だ。2007年公開、蒼井優主演の映画だ。

物語の終盤、主人公が言った。

「長く一緒にいられるコツって、いちばん大事なことは、言わないでいることなんじゃないかなって、思っていました」

過去形の表現から分かるとおり、それが間違いだってことを主人公は学んだ。

その学び方が、切ない、痛みの伴うものだった。

そして私は、

「言わないでいること」

その言葉から、どうしても連想してしまうことがあった。

また今さらと笑われそうだけれど。

すばるくん。

私はやっぱり、あなたの去り方がしっくり来てない。

(以下、さっきの映画の話は出てきません笑)

続きを読む

GR8ESTツアー東京3日目の薄い記憶と浅い感想

こんにちは。みはるです。

9月8日土曜、関ジャニ∞GR8ESTツアー東京3日目に参戦してきました。

1階スタンド後方の席だったんで、メンバーは肉眼では小さくしか見えなくて、むしろペンライトがきらめく客席が圧倒的でした。

あの6人のために、何万もの人が集まってる

実感するたびすごいなあって思います。

そしてライブが終わってからまず思ったことは、

早く彼らの次のアルバムが聞きたい

でした。

以下、曲目などのネタバレあります。でもMCとか細かいとこは、書けるほど覚えてないので割愛。すんません!

  • 個人的教訓
  • 6人がメインボーカル
  • 時は進む
  • おもしろかったこと
  • ユニットコーナー
  • 変わっていく彼ら
  • これからの関ジャニ∞
続きを読む

無理できる幸せ

こんにちは。ご無沙汰しております、みはるです。

先日、関ジャニ∞GR8ESTツアー東京公演3日目に参戦してきました。

その感想を途中まで書きかけたところで、私のへっぽこな腰が痛み出したので、今いちばん強く感じてることだけ書きます。

無理してでもやりたいことがあるって、ものすごく幸せだと思うんです。

続きを読む