読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【関ジャム】小室哲哉×JUJU 〜セッション編〜

さてさて、前回のELTいっくんのギターテクに引き続き、小室大先生のキーボードテク披露という素晴らしい企画!

あのキーボードの多さには圧倒されるだけで、疑問さえ持てなかった私としては、真正面から切り込み、なおかつ本人に実演せしめたのは痛快かつ興味津々でした!

ご本人もさ、こういう職人芸的なところを披露できるのって嬉しいんじゃないかな。
バラエティよりの音楽番組がすごーく多い中、こういう話できることって少ないんじゃないかと思って。
私も知らない世界を垣間見られるのがとてもうれしいし、こういうふうに音楽のことを少し突っ込んで、でもやさしく教えてもらえると、長い目で見たら音楽業界の盛り上げにもつながるんじゃないかな?!(大げさ)

私はもろに GET WILD 世代なので、そのタイトルが出されただけでテンション上がった!
メンバーが口ずさんでたのも嬉しかったなあ。あれヤスくん?!
大倉くんはわからないと見た。世代的にもTMNをあまり知らなそう。
しかし GET WILD、アレンジ効きすぎて、初回はよくわからなかったよ私は…。

そして、村上くんが実際にキーボードに触れてレクチャーを受ける!!

これ、前回のヤスくんもそうだったけど、他のアイドルにはできないですよね!
村上くんが、震えながらの猛練習で(ちょっと違う)キーボードやってきたかいがありましたよ。

しかも、村上くんって常に全力投球だから、追い込むと面白いんだ〜。
反応が素直で、それでいて知ったかぶりしないから、いい意味で素人感が出てて、見ててすごく親近感が持てる。

最後のセリフが「親喜びますわ!」っていうのもまた彼らしい。
昭和なんだよね、思考が(笑)。
ほのぼのします。

そして「DEPERTURES」。
JUJUさんうまーい!
本家が苦しそうだったキーをさりげなく歌い上げてた。
自分のクセをあえて殺してオリジナルの声に寄せてたところもよかったなあ。

そしてそれは渋谷さんもいっしょで。
彼のやさしい歌い方はとても好きです。
そんな彼を、演奏直後に「現(曲)キーで素晴らしい」と褒めてくれた小室さんも素晴らしいです。
もっと言ってもっと!(笑)

次いで「明日がくるなら」。
これは新しかった。

村上くんの震える指で始まるのだけど…村上くん焼けた?
ヤスくんも?メンバー全員?
話が逸れちゃうけど、ひそかに村上くんのキーボード弾くときの指フェチである
私は、明らかに黒くなった指ばかり気になってました。

にしても演奏が終わってから見せた神妙な表情がまたよかったなあ。

私にとって関ジャニの好きなところは、荒削りでも全力なところを飾らずてらわず見せてくれるところなんで、村上くんの懸命なところはこれからもいい意味で失わないでほしいです。

でも何年かしたらしれっと弾けるようになってて、昔は震えてたのをVTRで見たりすることになるのかな?
楽しみなようなさみしいような。

で、特筆すべきは、これは錦戸くんのボーカル力でしょう!!
錦戸くんのボーカルがメインで来たセッションって初めてよね?
私は近年のドスがきくようになった彼のボーカルが特に好きで。
シャウトするときがいちばん好きなんだけど、今回は聴いてるだけで切なくなる、女子を精神的に孕ませるレベルの色っぽいボーカルだったと思います。

最初のボーカルではでしゃばらず、あくまでJUJUを立てながら、「言わないでよ」で突然かっさらっていく!!
「ふたりひきはなすなら」の「なら」のファルセット、表情と込みでたまらんです。

緊張感あふれる村上くんのラストを見届けて、アメリカンに眉をあげるおどけた表情もいい。

寡黙にギターを弾いてる彼も素敵だけど、表現力豊かなボーカルもぜひまた見せてほしいです。

大倉くんのコーラスももちろんよかった。
スーツ着て全身像を見せるだけで、彼は映えるからなあ。
今回のサテンぽいブラウンベースの衣装、とても好きです。
何気なく変えてくる衣装、でもスーツベースなのは変わらなくて、いつも嬉しいです。
けったいなのよく着てるから、スーツ着ると普通のかっこよさがよくわかる。スーツバンザイ!

コーラスといえばクリスもね!
いつもさりげなく重要なサポートしてくれるよね!職人さんだわー。

それにしてもこの曲、ベースラインが効いてるから、ついつい丸ちゃんがいたらなあと思ってしまいました。

うん、番組が始まるまで実は丸ちゃんが不在の回だってことに気づいてなかったおバカな私だったのでした。
その時点でけっこうトーンダウンしちゃったけど、でもそれを補って余りある回!

あーよかった。
この番組がこれからも長く続きますように。