読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

今さらの、味園ユニバース

映画 渋谷すばる 今さらシリーズ
やっと味園ユニバース見ました。

以下、物語のあらすじには触れませんが、場面場面を切り取った話にはなるので、未見の方ご注意ください。

で、味園ユニバース。
これはもう壮大な渋谷すばるのプロモーションビデオ。

すごい。

もちろん渋谷すばるとポチ男は完全に別人であり、味園ユニバースの世界もフィクションなんだけど、渋谷すばるの持ってる危なっかしさ、ピュアさをギリギリのところですくい上げて結晶化してる。
渋谷すばるの魅力をぐいぐい伝えながら、同時にポチ男、茂男、カスミの生きる切なさに心も震える。
これはアテ書き冥利に尽きる傑作なんじゃないか。

二階堂ふみさんがまたいいんだなぁ。
前からいいと思ってたけど、ほんとに存在感のある演技。

目力対目力ですよ。

すばるさんの目力に負けない女子、末恐ろしいです。

そして声もいい。
ちょっとハスキーな低音で、セリフがよく響く。
それでいて腰が細い。
セーラー服を着た立ち姿であおり気味にうつったとき、ちょっとびっくりするくらい腰がしまってて、気の強い性格と華奢な身体のギャップに、おばちゃんキュンキュンしましたよ。

キュンキュンポイントと言えば、カスミが繰り出したグーパンチを、茂男が動じずに受け止めるところね。
それまでのポチ男はあっさり殴られてたのに、茂男はぐっと男を見せてくる。
あそこは、切なくて胸が苦しくなるトキメキポイントでございました。

もう一つキュンキュンポイントをあげると、やっぱりすばるさんの最後の笑顔。
困った人ほど笑顔にやられるんだよなぁ。
この映画に限らず、私、すばるさんが笑ってると幸せですもん。
三十路を過ぎてなお世間にこなれない、めんどくさい人だよなぁとは常々思いながらも、でも突然ぐいっと心を持ってかれてしまう、そういう笑顔です。
基本嘘をつかない人だと思うから。

あー、昨日の関ジャムのことを書こうと思ってたのに、味園ユニバース直後の興奮にかないませんでした。

こんなのやっちゃったら渋谷さん、もうしばらく他の演技仕事はできないかもなぁ。

味園ユニバース (初回限定版 2Blu-ray+CD)【Blu-ray】 [ 渋谷すばる ]