読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

HAPPY BIRTHDAY to 丸山隆平 !!

丸山隆平くん、32回目のお誕生日おめでとうございます!

年に一度の記念の日なので、今日は心おきなく彼について語らせていただきます。よっしゃ!

人柄の魅力

けっこうな男前でありながら、それを感じさせない親しみやすさが彼の強み。しなやかな感性の人。ギャグも基本的に理屈じゃない。

たとえば「元気が出るSONG制作ドキュメント」では、 淡々と歌入れをするメンバーが多い中、丸山くんはとても饒舌です。

「緊張する~!」
「へ~!」
「すげえ!おもしろいなこれ!」
「うれしいな」

自分の感情を次から次へと興奮気味に出していく丸山くん。感情豊かで表情豊か。
そういうところはとても女性的です。
だから、彼の持ってる空気はいつもやわらかい。

メンバーの中にいるときの彼の安心感と自由度もすごい。 かならずだれかが見守って後処理をしてくれることをわかってるから、好きなこと好きなようにしてる。
最近私が彼を見てて思う言葉は「妖精」です。笑

でもそんな自由な彼だけど、人を傷つけるようなことは決して言わない。

個性の強い7つのピースの中、彼は限りなくまんなかに近いところにいるんじゃないかなと思っています。

エイターテイナー丸山隆平

だけど私が最終的に彼に堕ちた理由は、そんな人間性だけじゃない。

いつもおどけていながら、ステージに立ったときにあふれでる男の色気、艶気。
振付を覚えられなくて奇声をあげながら、いざ本番となると体の使い方を熟知しているのがわかる魅せるダンス。

私がいちばん「男」を感じるのが彼です。

体格も恵まれてて、ただ座っているだけでもときどきハッとさせられるんだけど、でも彼はそれを200%魅力的に見せることをちゃんと知っている。

魅せるスイッチが入ってるときの彼は、歩き方ひとつ取っても美しい。

そのスイッチを持ってることが、ひとつの才能だと思うんです。やるとなったら完全にその世界に入りきるスイッチ。

ただし、そのためのベストコンディションがなかなか出ないというギャンブル性もすごいんだ。笑
だから、彼の髪型やほっぺのふくらみ具合、スーツのパツパツ具合に、バカみたいに一喜一憂して今日まで来た私です。
ベストコンディションの彼がどれだけ無敵か知っているから、ついつい要求が高くなっちゃってなー。

でもそんな目が離せないところも、彼に惹きつけられる理由のひとつなのかも。

これからの丸山くんへの期待

その天性のエンターテイナーであるところに徹する姿が見たいんです。

正直、バラエティで前面に出れば出るほど、彼のよさが隠れてしまうんじゃないかと心配になってます。

いわゆるバラエティ番組における「イジリ」の対象になるには、彼はまっすぐに受け止めすぎる。あれだけ捨て身のギャグを繰り出すタフさを持ってるくせに、何気ないことですぐに傷ついて自分を責める繊細さを持ってるから。もちろんホンマでっかのことね。

もうポリネシアンネタは引っ張らなくていいよと言いたい。キング並みに一人歩きしそうで怖い。男性にしては察しがよすぎて、相手の裏側までじっくり想像してしまうっていうとこが原点なのに。

かといって、クリーンな印象を要求される番組だと、その役割に徹してしまって、彼の自由さが損なわれてしまう。これはサタプラのことね。

破天荒にも見えるけど、基本的に生真面目なザ・A型だと思うし、そこそこ器用だから、それが裏目に出ちゃう気がして。1人だと特にね。メンバーがそばにいないときの彼はただのよい子だから!笑 でも、毎週コンスタントに現在進行形の丸山くんを見られるのは嬉しい限りなので、そこはファンとしては複雑なところでもある。そうやって顔を売ることも含めて、彼の過渡期でもあるのかな。

だから、エンターテイナースイッチを思いっきりオンして、何かになりきる彼をもっと見たいです。

演技ももちろん見たいけど、でも黙々とベースを弾く彼もかっこいいし、透明感のある歌声や色気のあるダンスも素敵だし…ああ迷っちゃう!アイドルって罪だわね!(馬鹿)

最後に

ちょっと恥ずかしいんですが、私のブログタイトル、まるごとまんまるスマイルというのは、まるっきり丸山くんへの言葉です。あ、バレバレですか。

まる、というやわらかな言葉がすごく似合う彼。 たくさんの人にこれまで愛されて育って、これからもたくさんの愛をうけていくんだろうと、それだけは確信してます。

今日はきっといっぱいお祝いされているんだろうな。

生まれてきてくれて本当によかった。 感謝してます。 お誕生日おめでとうございました!