読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

「侍唄」を倍音と帰巣本能から語る

シングル-侍唄

こんにちは。侍唄、紅白でやらないかなあ、でもやっぱり役割的に前向きかなあ、と悶々としているみはるです。紅白以外の年末特番もしかり。

うーん。番組構成上、ジャンルの広がりは必要なんだろうし、それをまかせられるのも関ジャニらしさなんだろうけどね。求めすぎなのかな。うーん。


さて、侍唄ですよ。いい歌ってわかってるものにこれ以上語るところはないのかもしれないけどあえて。

ツインボーカルの醍醐味

前回、倍音について調べてたら、声質には2通りあるそうで。

タイプ1が整数次倍音という、硬くハリのある声
タイプ2が非整数次倍音という、かすれ声やダミ声などの雑音の混じった声

これは、まんますばるさんと錦戸さんじゃないか!!

エイトは個性的なボーカリスト集団でもあるわけですが、ツインボーカルというならば、間違いなく渋谷すばる錦戸亮の両氏。 この2人がそれぞれ違った倍音を持っていたんですねー。

うん、まぁ、そんなの知ってるよ、聞けばわかるじゃん、と言われたらそこまでなんですけど、理屈で説明がついてちょっと嬉しかったっていうね…。

なんにしろ、今回の侍唄も、2人の声質の違いが存分にいかされていると、そう言いたいわけです。

歌い出しは錦戸さん。

僕の心の声を 聞かせてあげる
キミのことだけ知りたい 今は強く

やわらかくしみいる歌い出し。ハスキーな非整数次倍音の力をいかんなく発揮して、ささやくようなやさしさを醸し出してます。これぞ好感度の非整数次倍音。(覚えたばっかでとにかく使いたい)

僕はサムライだから 迷いなど生じない
一途の川渡って帰ろう 寄り道はしないよ
まっすぐ ただまっすぐ

ここで、硬くハリのある整数次倍音の代名詞ともいえるすばるさんが、スパンと割って入ります。なんせ迷いなど生じませんから。まっすぐですまっすぐ!寄り道なんかするわけないです整数次倍音は。(覚えたばっかで以下略)

興味が出てきたので、フィーリングだけでメンバーをグループ分けすると、

整数次倍音…すば、横山?、丸山?
非整数次倍音…錦戸、村上、安田、大倉?

かなぁ? すっごく自信ない。

特に大倉くんは限りなくグレーゾーンです。最初、整数次グループかと思ったけど、2番の大倉くんパートを聞いてるとかすかにかすれてるんだよね。明らかに非整数次倍音の村上くんパートからのつながりがすごく自然だし。(最初村上くんかと思った。ちなみに村上くんもすごくいい仕事してる!)

丸山くんと横山くんも自信ないです。2人ともけして硬質とはいえないし。声の出し方によっても違うのかな、難しいなぁ。…ここがド素人の限界。

そんなわけで、とりあえず私にとってわかりやすいツインボーカルに話を絞ると、この侍唄においては、これだけ対照的な声質である2人のパートが、歌のメッセージを伝えるために非常に効果的に配置され、サビで絶妙にからみあっていると言いたいわけです。

男目線のラブソング

この歌には、おかえりという家族感、守りたい、当たり前の日々を感じたい、というところに、すごく男性的な愛情表現を感じます。

恋愛初期の、ときめきや高揚感、無我夢中で甘く愛を囁く状態ではない。自分の帰る場所をここと決めた大人の男の、静かな覚悟みたいな愛です。

時をこえて 今
キミの元へ 今
約束の場所へ

この辺、もはや時空を超えた壮大な帰巣本能を感じます。

実際(?)時空を超えてきてしまった武市半平太を重ね合わせて聞くと当然の歌詞ですが、男性の愛情って落ち着いてくるとこんな感じになるのかなと思います。

しかも、

キミの言葉の意味を 今でも探してる
一途な想い 伝わるかな

若干のコミュニケーション不足が懸念されるこの部分。笑
女性の心を理解しきれなかったり、言葉で気持ちを伝えることを避けてしまう不器用さ。まさに男。まさにニッポンのサムライです。

明らかにラブソングだとはいえ、愛なんて一文字もないですから。そんな恥ずかしい言葉、サムライは絶対にいいませんから!その辺が逆に説得力のあるところです。いきなり最後に愛してるとか言われたら私はドン引きだった。

愚直なサムライ、武市半平太の一途さを、こんなに見事に歌詞にして、なおかつ感動的なメロディーで壮大に盛り上げるこの一曲。レキシさんさすがです。そしてそれを見事に自分たちのものにしたエイトに敬礼です!

これ、ライブで聞いたら間違いなく泣ける。錦戸さんの気に入りようからいっても、きっとここぞというところで仕掛けてくるはず。ハンカチ必須ですな!

まずはMステです!ひゃー楽しみ!