読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

元気が出るLIVE 初参戦 とりあえずの感想

こんにちは。元気が出るLIVEに、やっっっと行ってきましたみはるです。やっとネタバレ記事読み放題になったみはるです。 あーすがすがしい!!

すがすがしい気持ちになれたってことは、もちろんあれです。

ライブが最高だったからです。

あーもうこれに尽きます。

ほんと楽しかった!

案ずるよりも

今だからぶっちゃけて言いますが、関ジャニのライブ初参戦でいちばん恐れていたことは、「CDやDVDはいいけど、実際のライブは残念だった」というオチで、気持ちが冷めてしまうことでした。 今はいろんな修正技術があるからねー。

しかし杞憂!
断じて杞憂!!

あの参戦前の怯えまくった自分に言ってあげたい。

汝、恐るるな!!
ただひたすらに、エイトを信ずるべし!

うん、もちろんそんなこと、たくさんの先輩方のレポを見ればわかるはずのことなんですけどね。 でも自分の目で見て実感したかったんだと思います。

そういう意味でも、ライブに行って本当によかった。もう迷いはありません。

いちばん安心した理由は

今思えば、私はアイドルのコンサートに偏見を持っていたのかなぁ。

実際に見た彼らのライブは、まさにジャニーズエンタテイメント。サービス精神のかたまり。ドームという大会場を惜しみなく使い、アイドルならではの数多い着替えタイムすらも演出の一部として効果的に利用し、1人でも多くのファンを喜ばせるべくあの手この手の工夫を凝らしてた。

そして体験してみてわかった、私にとっていちばん大切だったこと。

彼らのロックにノレた。

もうひじょーーーに主観的な、感覚的なことなんですが、ノレるかノレないか、生で音楽を浴びて体が自然に動くかどうかが、私にとってすごく大事なことだったらしくて。後半で体が動き始めてからは、もう彼らのなすがままでした。

ちょっぴり、ちょっぴりだけど…うちわもペンライトもジャマだったくらい。爆
(でも、あのタンバリンの形だと腕にはめることもできるから、そうやって手を叩くこともできるって点ではよくできてた!持ち手がもうちょい細身だったらもっと持ちやすかったけど!…あれ、うちわはどうした私?笑)

ちなみに前半はね、そこに彼らが実在してるってこと自体に動揺してしまって、ある意味正気じゃなかったから、ちょっと話にならない。笑

ビジュアル大好き、ダンスも大好き、MCもめっちゃ笑った、凝った演出には唸らされた。 でも結局、JUKEBOX落ちの私が彼らを好きになった根幹には、バンドが、ロックがあったんです。

かっこよく言えばグルーヴ感

聴いていて心地よくテンションが上がる、自然と腕が上がる、リズムに迷いなく体を委ねられるあの感じ。
彼らのバンド演奏からそれを身をもって体験できて、私は幸せでした。

私、音楽の素養はないんです。楽器の上手下手は全然わからない。ほんとフィーリングの話なんですけどね。

あーライブハウスで聞きたい!って思った。褒め言葉としてね?ホールでもいい、もうちょい音のタイムラグがない場所で。もちろんそうなったらそうなったで倍率すごすぎて困るってわかってるけど、そのくらい純粋に彼らの音楽がよかったっていう。

で、さらにその上に、メンバーみんないいオトコぞろいで、楽しいトークやダンス、サプライズまで用意されてるっていうんだから、そりゃ極上のエンタテイメントですよ。文句なしの五つ星。おなかいっぱい胸いっぱい。

あー楽しかった!!

私がイメージしてたよりも、ファンがすごくマナーよくて、ちゃんと音楽を聴けたってのも大きかったと思います。もっと休みなくキャーキャーしたり、メンバーの名前を呼んだりする人が多いのかと思ったら、全然そんなことなかった。ほとんどの人が場面に応じてちゃんとメンバーの言葉や音楽に耳を傾けていたなぁ。大人!…ってこれもアイドルへの偏見だよね。ごめんなさいでした!

ではとりあえず、今日はここまで。

後日もう少し詳しいレポを書きたいけど、すでに記憶があやしいんだよなぁ。詳細なレポを書ける人ってすごい!

それにしても4万5千人集まるってすごかった!