読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

元気が出るLIVE 初参戦記【序章】

ライブ

こんにちは。オーラスの大倉事変に続き、SMAP兄さんたちのまるでお葬式な会見を見て、かなりモヤモヤな思いをしたみはるです。

と書いたまま記事が仕上がらず、気付いたらあらあら大倉くん仕事復帰ですと!よかったね〜!軽く済んだんだ!体力回復までもっとしっかり休んでくれてもいいのにな〜。そうもいかないか。
なんにしろ、勝手に最悪の事態まで想定してたので、喜ばしいかぎりです。

で、取り急ぎ、1秒ごとに風化していくライブの記憶を、できる限り書き残していこうと思います。

タイトルに【序章】と大げさに銘打ったのは、それは個人的な思い出や感想が多すぎて、この記事ではライブ本編1曲目までたどり着けなかったという意味です。

メンバー及び、ライブでの曲目の感想が読みたい方は、この記事はスルーでお願いします。

ジャニコン初参戦にして京セラ初体験者の、ただのドタバタ体験記ですので、その点ご了承の方だけ以下へお進みくださいませ〜。

まずはグッズ購入

さて、私が参戦いたしましたのは1月15日金曜日。快晴。

大阪に来たのは2回目だけど、前回はUSJ海遊館のピンポイントしか行ってないので、街を歩くのはほぼ初めてみたいなもんです。(あ、子鉄がいたからラピートは見に行った。)

お昼前に伊丹空港に着きまして、途中でお茶を飲みつつ、まずは京セラドームにグッズを買いに行きました。
(ドーム前にはダ○屋もたくさん。ジャニーズはそういうの厳しそうだけど、やっぱりいるもんなのねー。でもそういう景色を見ると、ああライブに来たんだなという実感もわく)

階段を上って、看板の指示通りに売り場に向かうと。


広いですね!グッズ売り場!わかりにくいかもしれませんが、売り場の黄色い屋根が画像の右から左までずーっと続いてます。

(は?今さら何言ってんの、という方がほとんどだと思いますが、私みたいにジャニーズ初心者の参考になるかと思いまして…)

売り場面積、私のイメージの5倍はありました。私が行ったときは平日の昼過ぎだったせいか待ち時間ゼロだったけど、この広さでも並ぶときは並ぶんでしょ?!すごいなジャニーズビジネス。相当のお金が動いてるな。はー恐ろしや恐ろしや。

しかもその売り場を3区画に区切って、商品を分けておいている。列をばらけさせて、品出しのミスや混乱を防ぐためですね。売り子さんはとても丁寧な対応で、必ず2回計算して金額を確認。ペンライトは必ず点灯確認をとの注意あり。

(ちなみに私がのぞいた印象では大倉くんのポスターがたくさん置いてあったような。今一番人気なのかな?あくまでぱっと見ですけども)

ここに着くまでも、大阪の街にはエイターさんたちがたくさん。あっちこっちで新旧のツアーバッグやTシャツを見かけました。

そして一旦ホテルにチェックインして、身軽になってから腹ごしらえをして出発。電車を乗り換え、再び京セラドームへ。

(…ところがここですでに大きなミスを犯していることに、私たちはまだ気づいてないのであった… )

いよいよ会場入り

私と友人、ドーム初心者丸出しの上にだいぶうっかり者の二人組でしてね、通路番号ばかり頭にあって、入場のゲート番号は別だってことに気づいてなかったんですよ。

だから、通路番号のゲート近くまで行って、なんか違うなって気づいてから、恐怖の逆流モード。あの人波の濁流を逆流ですよ。割とすぐ流れから出ることができましたが、いやー恐ろしかった。ていうかごめんなさい。

この中をね?(画像再使用)

教訓:ゲート番号と通路番号は違う。

肝に銘じました。(チケットしっかり読め)

そしてビクビクしながら会場入り。荷物チェックはありませんでした。これは会場によって違うっぽい。(でもあの人数をカメラチェックして、カメラ預かったりとかもあるのかな??すごいことになりそう)

我らの席はスタンド1塁側のセンター寄り。席を探すのにこれまた手間取って、通路を何往復かしました。でも次はもっとうまくやれると思う。

席について、当たり前だけど会場の広さに感心する。あんな遠いところにメインステージ。でも割と近くに見えるよバックステージ。眼の前トロッコとか来たらそこそこ近くない?ていうか客席のこの人数が開演と同時にブワッとうちわとペンライト装備したら迫力よね?!お客さんはさすがに黒系の人は少ないね(横担という意味でなくV系という意味)。などなど、余計なことを友人と話しながら緊張を紛らわせておりました。

開演前の諸注意、そして開演

そうこうするうちに、気合の入った男性のナレーションが入り、(一瞬メンバーの声かと思うがそんなわけはなく)会場内のモニターに、アメコミ風のメンバーイラストとともに、諸注意が述べられ始めました。

凝ってますなぁ!!さすがジャニーズエンタテインメント!!

ときどき誰かわかりづらいイラストがあったり、シュールなギャグが混じってた気がしますが、詳しい記憶はありません。明らかに浮わついてました私。

そして諸注意が終わって間も無く、背後から沸き起こったエイトコール。

これか、これが噂のエイトコール!!8分前から始まるっていうアレか!!

事前にネットで初参戦の心得をチラ見するも、こんなにたくさん無理!とすぐに諦めた私でしたが、さすがにエイトコールは覚えてました。本当にあるんだなぁ、えっと、とりあえず立ったらいいのかな、てことは客電が落ちてキャーでザッと立ち上がる流れじゃないのね、なんてモタモタしてるうちに客電が落ちました。

早っ!!

時計は見てませんでしたが、エイトコールが始まってからものの数分もなかった気がします。体感的にだけど。
焦らさないのね!ほぼ押さないのね!なんて良心的なのジャニーズエンタテインメント!!(くどい)
妙な感動を覚えながら、慣れないペンライトとうちわを慌てて装備しました。

うちわ、意外に重い。

(うちわ本来の重さに加え、発泡スチロールボードで貼り付けた丸の一字が効いている)

そんな雑念にじゃまされているうちに、会場内の正面モニターに、エイトメンバーの姿が映し出されました。 どうやら大正駅からドームへの道をファンと同じように歩いているらしい。にこやかに楽しげに歩くエイトメンバー。 さっき通ってきたばかりの道をメンバーも歩いているなんて、ファンの目線に寄り添ったなんて粋な演出!…ですが。

私たち、そこ通ってない。

痛恨のミスです。京セラドーム初心者のモグリなのバレバレです。
あの乗り換え!あの乗り換えがいけなかった!!
私たち、わざわざ大正駅で乗り換えてドーム前駅に来たんですよ。だってドームに行くならドーム前駅に行かなきゃいけないと思ってさぁ!

あー、エイトと同じとこ通ったってキャー言いたかったわー。このお店見た見たとか、丸山くんどこ写真撮ったのかなとか、もっとドキドキワクワクしたかったわー。

ネタバレ回避にこんな落とし穴があったとは…。

そんな動揺を抱えたままだったので、円陣のシーンに切り替わっても、これがリアルタイム映像だということにすぐ気づかないまま、え?まさか?そのまま来るの?来たの?とあわあわしてるうちにメンバーが颯爽とステージに登場したのでした。

つづくー!



おまけ。空港から京セラまでも何回か乗り換えミスや乗り過ごしをやらかして、たまたま降りることになった西中島南方駅。とりあえず撮るよね。ほら!この縁!結果的に間違ってないから!と励まし合う私たちでした。 みなみ、がた、なのねー。