読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

元気が出るLIVE 初参戦記【本編③】

ライブ

こんにちは、いよいよエイトロスから脱却しつつあるみはるです。

なんだか、ライブの記憶を上書きするのがもったいないような気持ちになってたんだと思います。細かい記憶全然ないくせにね。

でもこの覚書を書くうちにだいぶ回復して、とりあえず先週の関ジャムは見ました。(遅い)

ヤスくん丸ちゃんはいなかったけど、ずいぶん番組内容が落ち着いてきて、わりと硬派な方向に行ってて私は満足です。光浦さんもトークが賢くて好き。

で、さっそく覚書の続きに参りますが、今までの分を読み返して、メンバーに関する記録があまりに少なくて恥ずかしくなりました。
それもこれも、初めて生で見るアイドルの眩しさに目がやられた、哀れな女と思ってご容赦くださいませ。

(細かい順序や発言主の記憶はさらにいい加減になってるので、ミスが多々あると思います。お気付きの方はそっと教えてくださると幸いです。)

11. CANDY MY LOVE

キャンジャニキター!!
すば子おっさんすぎ!!
なのに超かわいいぃ!!

もう感情大忙しです。

キャンジャニ登場自体は、唯一ネタバレを踏んでしまったのでわかっていたのだけど、それでもやっぱり興奮した。

それにしてもモニターに大写しになったノーメイクすば子の破壊力たるや。まんま三十路男の女装でした。メイクの力ってすごいのね…。

な、の、に、遠くから全身像を見る限りは、まるっきり女子にしか見えない、その華奢で可憐な姿よ!!

一人だけ、太ももの上までガッツリ短くしたスカートを、要所要所で恥じらいゼロでたくし上げ、真っ赤なおパンツさらけ出すあたりなんか完全に男なのに、それなのに、脚の細さとか身のこなしとか限りなく女子なんだよ…。間違いなく私より女子…(ガックリ)。

すば子、魔性のセンター。

曲自体も、改めて聞くとすごくよくて。
サビでのすば子の堂々たるメインボーカルがまずいいし、そこにぷりぷりしながら華を添えるコーラス隊(特に丸山村上組)、最後のかけあいする錦戸安田組とか、それをクルクルフォーメーション変えながら見せてくれるから、楽しめるポイント盛りだくさんでした。
早く映像でもう一度見たい。

12. バリンタン

こーれーも、よく考えたなあって。

少クラプレミアムでバリンタン見たときは前向きの衣装だったから、振り付けキュートで面白いけど、三十路男たちの半ズボンハイソックスはそろそろどうかという違和感もほんのりあったので、ここで女装にまで振り切ってしまったことで、迷いは一切なくなりました!(誰の)

ていうかね、ダンス含め女装演技がずいぶん板についちゃってて、みんなしぐさや動きがほんとにかわいいのー。達者!達者よあなたたち!

タンバリン型のペンライトもここで生きてきます。自然とタンバリン芸的な動きもしたくなっちゃう楽しさだった。

トークと映像〜キャンジャニメンバーの好きな人〜

ここはこのライブのハイライトシーンだったと思います。出色の出来でした。ライブのくせに、トークがハイライトってどういうこと、って感じですけど、そこが関ジャニ∞及びエイターの懐の広さなんじゃないかと。

丸子と倉子

まずね、後日涙なしに語れなくなるとは誰も予想しなかった、丸子と倉子のカラミ愛

おっとり天然タイプの丸子に容赦なく刺さる倉子の「うるさいブス」。あとね、小声で倉子が「いかり肩」って毒づいたのを丸子が丁寧に拾ったシーンがあって、丸子のあの拾いぶりは、倉子にいじめられるのを待ってるとしか思えない名レシーブでした。そしてそれを十分わかってる倉子っていうね。

倉子不在のオーラス日、横子に「丸子には倉子が必要ね」と言わしめ、丸子本人も「絶対必要!」と断言したのが非常に納得の、二人ならではの関係性です。

ていうかね、丸子美人だったよ!
あの中でいちばん大人っぽくて、上品さもあって、私が思ってたよりずーっと美人でびっくりした! 気品という点では横子お姉さまにはかなわないけどさ。
でも丸子本人それにあまり気づかないもんだから、倉子、ひそかに嫉妬もあるのよね…なんて余計なことを妄想させるくらい、キャラの完成度半端なかったです。

照れる錦子

錦子の好きな人、ラブスーパーマンの映像が、ニューバージョンだったらしくて。

君に100本のバラを送ったら、1本だけ白いバラが混じってたんだ、ゴメン。でもそれは君と僕との愛で染めればいいんだね。ラブピンク色に。でも君は俺色に染めるよ。

みたいな内容だったはず。
でも、うーん、ラブスーパーマン独特の間と話法じゃないと盛り上がらないってことに、今書いてて気づいた。すんません。

で、私としてはラブスーパーマンの映像そのものはもちろんだけど、その間の照れまくってるだろう錦子をサイドのモニターで見たかったのです。
だけど…全然抜かれなかったーーー!!
そこまでは映像の隣に、それを見るメンバー本人が映されてたのに、なぜか錦子のときだけ他メンバーが映ってて…。

そこは錦子でしょー!

この日いちばんの私の怒りポイントがここです。(ほんと感情忙しい)
まさか本人から駄目出しされた?カメラNG出された?まさかー!!!そう疑いたくなるほど、ここぞというところで錦子が全然映らなかった。

でも映像の後、激照れの錦子が、だいぶ錦戸亮に戻りながら、

「だって横山くんがこれ使ってええ?ってゆったから!!」

と弁解してて、それも十分かわいかったから許すことにします。
(ていうか、横山くんが監修してるのこれ?でも意見を採択する総合監督は錦戸さんなの?その制作過程も気になった発言でした。)

はしゃぐ村子

それから、私がこのライブでいちばん大笑いしたシーン。それは村子のハッスルぶり!

演劇ばりに舞台を大きく使い、セリフごとに右に左にめっちゃ一生懸命走ってボケ倒すっていう。

「クレーン(カメラ)があるわよ」と言われれば、さっそく上手の花道まで走っていってクレーンの限界まで使い倒し、ステージに戻ったと思えば、牧場でブーメラン投げて遊ぶ演技を始めて(あのときふとレコメンのブーメラン企画思い出した)「何個投げてるの」(すば子だったかも?)と突っ込まれれば、「3つ4つ」と答え、その言葉の響きを自分で気に入って何度も多用してしまう愛らしさ。まるでアルプスの少女ハイジ、ハイジだったよ村子!

いやね、ビジュアルはひどいんですよ!笑
わざと前髪切りすぎて上がりすぎて、全力でメンバー1ひどくしてる。笑

それなのにあのボケっぷり。けなげさで言えばこのとき村子がいちばんかわいかったです。

村上くんって、トークでも番組でも仕切りツッコミが多いから、あんなふうに自由にボケ倒すシーンはすごく新鮮で面白かったなあ。
イフオアではあんなふうに弾け倒してるんだろうか。チケットが5分で完売なのは深く頷ける。

倉子とすば子

最後にこの二人が残ったと思うんですが、ステージにでっかいのとちっさいのが並んでるというだけですでに萌え度高かったです。

映像で壁ドンネタをやってて、すばさんがかなり高い位置に壁ドンするボケを披露し、「どんだけデカイ女やねん」と即突っ込まれてたけど、そういうちっさいネタけっこう好物です。

13. 夏の恋人

真っ白なアイドルスーツに着替えての再登場。

この曲、発売時に聞いてから最近ほとんど聞いてなくて、新曲のような新鮮さで聞けました。(新アレンジなんじゃないかとすら思っていた)

それもあって、やはり記憶は砂のように形にならず、とにかくヤスくんに羽根フワフワの衣装が似合いまくっていたということしか出てきません。 DVD化早よ!


・・・

まさかキャンジャニ関連でこうも書いてしまうとは思いませんでした。
でももう見られないかと思うとさみしくなるくらい出来が良かったキャンジャニちゃん。
これを区切りにしばらくは封印するんだろうけど、周年イベントとかでぜひ再結成してくれることを切に願います!

カムバックキャンジャニ!
(その頃エイトが何歳になってるかは考えないでおく)