読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

元気が出るLIVE 初参戦記【本編④】

ライブ

こんにちはー、みはるです。
リサイタル見てますか?私はまだジャニーズメドレーに差し掛かったところで止まってます。
早く見たいのに、なかなかなあ…。

そしてとっくに終わったライブのことをだらだら書くと…。
いーの。自分のためだから。
書くことで思い出したり、記憶が固まることもあるからね!

では続きに参ります。

MC

まず、これもDVDで何度となく見てきたはずなんだけど、MCが始まる時点で、村上くんが客席に、
「お座りください」
と指示。それに素直に従って一斉に座り出す客席の図がなんか面白かった。でもそう言ってもらえると気兼ねなく一休みできるから実際ありがたかったです。この時点でけっこう足疲れてたからね。

さて、MCでの丸山くんの話題。

前日のレコメン後、深夜にホテルに戻ったら、隣の部屋のヤスくんがイスに座ったまま寝落ちてるのを発見。 そこで丸山くんが変な踊りをして起こそうとしても全然起きないから、そのまま毛布だけかけて部屋に戻ったというエピソード。 その変な踊りを、上機嫌で再現してくれたんですが。

そしたら、話盛ってるやろ、嘘ついてるやろ、とさんざんに突っ込まれてしまい…、

「俺って嘘つきなの?ねえ教えて?!」

と横山くんにすがる。

普通だったら強気で言い返してもいいとこだけど、そこであくまで自分を疑ってかかる丸山さんよ!

自分のことに関してはいいことも悪いこともスポンジのように吸収してしまう丸山くん、もっと自信持っていいと思うけど、そんな度を越した素直さがまた好き。

14. 渇いた花

村上くんとすばるくんの2人がステージ上手の袖に残り、ゆるーいトーク。
客が立ち上がろうとすると、
「いうと思ったやろ!まだ何も言うてへん!では…お立ち下さい!!(結局)」
これは毎回、こういう「起立」的アナウンスが慣例になってるということなのかな? 村上くんの「座ってください」に続いて、場面の切り替えがはっきりしてて面白いな〜と思いました。

でね、この渇いた花、予想をはるかに超えてかっこよかったです。

まず村上くん。シャツにベスト、バーテンダー風の小粋スタイルが、そりゃもう男の色気満載でした。村上くん、四肢のバランスがいいのはもちろん、上半身のほどよいたくましさがいいのよねー。

再三言っているけども、私はそういう村上くんのカラダに加え、男っぽいけどすんなり伸びた指がセクシーですごく好きなんだけど、残念ながらそこはモニターに映りませんでした。見たかったなー。
いつも指の震えをネタにされちゃうから、プレッシャーを与えないようにかな。単純にカメラ位置の問題かもだけど。
でもいつもの震えが想像つかないほど、jazzyなノリが楽しい、大人っぽい巧みな演奏でした。

で、ここでやっぱり特筆すべきは渋谷すばるのボーカリストとしてのすごさ
もう一気に場の空気を作っちゃうのね。胸元ぐいとつかんで持ってかれる感じ。あ〜れ〜。気づいたらそこは、上質なお酒と音楽を提供する、隠れ家的なバーの店内ですわ。

あそこから後半部、私自身純粋に音楽を楽しむモードに入れた気がします。

この間のラジオでは、村上くんがこの曲は「九割九分渋谷すばるの力」だって謙遜してたけど、絶対そんなことないと思います。

村上くんの歌がCDより格段によくなってたのも、やっぱり曲を味わって、そのノリに体を任せられてたからだと思う。すばるくんのリードに触発されたにしても、音楽のスウィングを村上くん自身も楽しんでたから、それが観客にも伝わって、感動を与えたはず。
上から目線な感じで恐縮ですが、村上くんにとってこの経験はすごく大きいんじゃないかな。

このニューバージョンの渇いた花は、村上くんに音楽の楽しさってのを身を以て体感させて、なおかつ自信を与えるっていう、渋谷すばるの一大プロジェクトだったのではと思います。あーかっこよかった。

15. バナナジュース

これはね、今回私にとって一番のサプライズだった。

錦戸さんがサックス吹いてるー!!

サックス持ってるって確かに聞いてた、聞いてたけど、ここで横山さんと披露か!!

ていうか、うまいし!初披露なのになんなのこの安定感、なんなのこのドヤ感!!普通じゃないでしょ!

だってこの人、関ジャムではギター弾いてでしょ、サムライせんせいやってでしょ、元気が出るSONGとかHeavenly Psychoの編曲してでしょ、パンフの編集してでしょ、侍唄をレキシに依頼してでしょ、順序めちゃくちゃだけど、とにかく、

どんだけ優秀なの!

楽器はさ、だれもが口を揃えて言うけど、練習あるのみ、練習なくして上達なし、なわけじゃないですか。時間をかけないと無理。

彼のことだから、相当前から練習して、サプライズレベルに達するまでひた隠しにしてきたんだろうな…。ハーモニカもできるしな…。音楽的素養が豊かってことかな…にしたってな…。

錦戸さん…あんたまだ何か隠し玉持ってるんじゃないでしょうね…末恐ろしいよ…。

相当の動揺で、細かいことは何も覚えてないわけですが、とにかく曲は楽しくて、ゴージャスなセッションでした。横山さんと2人で音楽を楽しんでるって感じがビンビン伝わってきました。

横山さんがトランペットやれるようになったのはすごく大きいな。これからますます楽曲の幅が広がりそう!

16. my store 〜可能性を秘めた男たち〜

ランドセルに短パンの小学生コスで元気に跳ねまわる大山田。微笑ましく見てました。「Eighter × Eightest」の夜な夜なヨーNight を思い出したなあ。(ざっくり)

17. LOVE & KING

これは、私にとって2番目のサプライズ

まさかKINGで超絶かっこいいダンスを見せられることになろうとは…。

曲の後半でストリート系衣装の面々が出てきたときは、最初ダンサーさんだと思い、そしてメンバーだとわかってから一気に感無量でした。

前のKINGのときからね、ユニット曲で村上くんが1人なのが密かに不憫だったんです。いや今回は渇いた花があったわけなんですが、KING自体に、村上くんが1人で得意でもないことをがんばってるイメージ(笑)がついてたから、そこにメンバー全員がバックアップについたのが、すごく感動的で。ちょっと頭おかしいですかね?笑

で、それだけで感涙モノだったのに、そのあと披露されたダンスがそりゃもうめっちゃくちゃかっこよかった!!

バックステージで、全員外側を向いて輪になって、EXILEばりの高速ステップですよ。 たぶん群を抜いてキレがよかった上手側の人がヤスくんだったんじゃないかな。
私は基本丸山くんを見てたけど、それでもとにかく目立った。もちろん丸山くんもしっかり踊れてた。…たぶん。すごく練習したんだろうな。かっこよかったー。

まさかのKINGで瞬間最大風速を叩き出した、圧倒的な見せ場。

あれを一曲フルで踊るのはさすがにムリそう。笑

・・・

以上、ユニットパート終了。長いな。
あと8曲も残ってるので、いつか書き終わればいいな〜っていうレベルで、他の記事も混ぜつつマイペースに、のんびり書いていこうと思います。

ではまた〜!