読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

音楽と人 渋谷すばるインタビュー

渋谷すばる 雑誌

こんにちは。最近ヤスくんのレンジャーが楽しみで仕方ないみはるです。先日、友人が面白ポイントを語ってくれたら、もう涙が出るほど笑ってしまって。

基本すごーくいいこと書いてるんですよ、彼の人柄の良さがたっぷりどっぷりにじみ出てる。 ただし、話の流れや比喩表現がいちいち予測不可能なんだよなぁ。

ここで例を出して語れないのが残念だけど、わかる人はわかってくれるかな?
もちろん、そういうところ含めてぜーんぶヤスくんの魅力です。いいわあ。

で、そのヤスくんのトーキングロックを買うと同時に、渋谷すばるが載ってる音楽と人も買ってたのでした。前回は丸山くんインタビューが載ってた。

渋谷すばるのベクトルは

さて、今月号の音楽と人、表紙には渋谷すばる とだけ書いてあります。名前の後に、(関ジャニ∞)がない。一人のアーティストとして扱ってくださってるんだと思うけど、すばるさんがチェック入れてたら違ったかも、なんて。

インタビューの内容としては、主に、ソロ活動をするに至った流れがテーマかなぁ。

まあ、その辺は割愛するとして、今回のライブの渇いた花について語られてるところがあったのでご紹介。

「鍵盤なんか触れたこともなかった、ただの田舎の変なヤツと一緒に、15年以上一緒にいて、二人だけでドームのステージに立って、(中略)そいつが緊張で指震わせながら、必死に鍵盤引いてる姿を横で見てると、俺、いつもグッとくるんですよ」

やっぱり指震えてるんだね、村上くん。

じゃなくて。

熱い男だなぁ渋谷すばる

音楽に対するアプローチ、すばるさんはヤスくんとはまた違うベクトルだなあと感じてます。

ヤスくんは音楽自体をひとつのモノ、現象として大事にしてるけど、すばるくんは、音楽を通じてその先に人間の熱量を感じとるのが好きなんだろうと思います。だからブルース(じゃなくてブルーズ!って一時期力説してたけど、もうどうでもよくなってると思われる)とか、甲本ヒロトさんみたいな、泥くさい人間味のある音楽が好きなんだろうな。ヤスくんみたいに波の音とかは絶対聞かなそう(笑)

でもそんな彼がレコード沼にヤスくんを引きずり込んでるようで。うわー、そういうとこは共鳴し合うんだな、不思議な二人。

で、音楽の向こうに生身の人間を感じたい彼だからこそ、いちばんバンド向きなんだと思う。
いっしょに音楽を奏でることでメンバーと心を通じあわせるのが、最高の快感に違いない。

だから、ソロをやっていても、

「俺はこの自分のソロを通じて、グループに何かを持って帰りたかったんだな、って。」

帰る場所なんですよね、エイトが。
帰る場所があるからひとり旅にも出られる。

「気の利いたことができないんです。(略)一人でやってたらこうはできてない。周りのメンバーに補ってもらってるんですよ、僕みたいなのは」

うん、すごい力でメンバーを引っ張るのもすばるさんだし、いちばんメンバーに支えられてるのもすばるさんだ。 ずっといっしょずっといっしょ、って笑顔で呪文をとなえてるのも納得です。

「空気感はもう絶対だし、あのメンバーじゃないとできないことがたくさんあるんですよ」

絶対的信頼感。圧倒されちゃう。

で、勝手に仕上がれのレコーディングの話で、丸山くんの名前が出てきたのでした。

「みんなでいっしょに音を出すって、すごく楽しい。そしてそこにマルがいたことが、さらによかった」

「僕らは今まで、メンバーがレコーディングに参加することって、あんまりなかったんですよ。でも今回のアルバムは、メンバーが積極的に作品作りに関わっていきたい、って気持ちがあって、その意思が現れつつあるんだなと思えたから」

積極的に音楽作りに参加しようとしてるメンバーが、すごく嬉しくて頼もしいんだろうな。
だからこそ今回熱量の大きいアルバムができたし、メンバーそれぞれに、何かしらの手応えをつかんだことは間違いない。

うーん、ますます今後が楽しみです。

ちなみにね、前回のソロツアー後に余裕があったとき、家でちょこちょこアコギを弾いて、曲のストックをためてたみたいですよ、すばるさん。
これもいつかオリジナル曲として発表される日が来るのかな。

さて、このインタビュアーさん、私も誌面で長くお名前を知ってる編集長さんだけど、元気が出るLIVEの東京ドームと、前回のすばるソロコンの名古屋に入ってくれてたみたい。

ぜひ今度のソロコンにも足を運んで、またインタビューしてほしいな! 楽しみにしてます。


ところで本日やたらブログを更新してるのは、風邪引いちゃって外に出られないからです。しっかり寝て早く治さなきゃなのにね、こういうときのほうがやる気が出るって困ったもんだよね。