読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

渋谷すばるは劇薬である

こんばんは。今夜もグラグラしているみはるです。しかし今日はアイデンティティの具合は大丈夫。丸山くんへの情熱は昨日しっかり確認したからもう揺らがない。しばらくはね。

問題はMステのすばるさんです。

彼の歌に胸ぐら掴まれてぐらんぐらん揺さぶられて、ちょっと言葉にならない衝撃を受けてまして。

もうタイトル通りなんである。

渋谷すばるというとんでもない劇薬の副作用で、今日はだいぶ語りの度合いがひどいです。陶酔度高め。ポエム度高め。

だからね、私は彼のいろんなところが大好きだけど、絶対彼の担当にはなれないといつも思う。平静じゃいられないもの。彼はまぶしすぎる光みたいなもんで、私には刺激が強すぎる。あれです、ラピュタでさ、地下にいるじいさんが飛行石を見て、「しまってくれんか…わしには強すぎる」と目を覆っちゃう、あのじいさんの気持ち。じいさん、今ならわかるよあんたの気持ち。

彼の歌は、どうしてこうも私の心を揺さぶるのか。

ただ歌が上手いだけじゃ、残る歌い手にはなれないと常々思っている。たとえカラオケでどんなに高得点を出しても、人の心に残る歌を歌えるとは限らない。

すばるさんはその逆。私は彼の音程は不安定だと思う。聞いていていつもハラハラしてきた。でもそれでもその歌にがっちりハートをつかまれたからここまできた。

歌だけじゃなく、言動にもハラハラさせられてきた。つい最近もそう。感情ぐらんぐらん振り回されて、いつもすごく疲れるんである。

でもそのぐらんぐらんのかたまりを、真芯でとらえて見事に打ち返して場外ホームランにしてしまう力が彼にはあるのだから、ああもう大変。

今もMステリピートしながらこれ書いてるんだけど、書いてるそばからわけのわからない感情をあおられてつらい。それでも、それだから書くんだけども。

今日のMステ

今日のすばるさんは、私にとっては登場シーンから違った。

黒のデニムのごくごくシンプルな上下。髪も自然に伸びてきたままの、何も手を加えていない素の状態。

階段を降りてきて、すこしおどけを含んだ笑顔でカメラを見つめ、紹介時も、歌う曲目を述べるのみで無駄なことは一切話さない。それでいて、口元も目元も、穏やかな微笑をたたえたまま。

肩に力が入ってないのだ。

彼らがよく言う、爪痕残してやるぞというハングリーさが、気負いが、まったく感じられない。

歌う直前の顔、これがまた印象的だった。

ファン歴の浅い私が言うのは恐縮なんですが、こんな顔、あんまり見たことなかったかも。 緊張しているんだろうか、顔つきは引き締まっているんだけど、全体の表情としては柔らかく、目の奥には確かに強い光が宿っている。 この直後、歌う直前に下を向いた数瞬、泣きそうな顔にも見えました。

でも、ブルースハープを鳴かせた後の彼の歌はとても伸びやかで、往年の名曲 SWEET MEMORIES はもう彼のものになっていた。

画面上は黒バックに青いスポットライト一つだけ。そして見渡す限りのおっさんミュージシャン。詳しいことはわからないけれども、すごい実力者が集まってるであろうことは想像できる。一人一人が、無骨にまっすぐ、音楽を愛してるプロだっていうことが伝わってくる空間だった。

その空気を支配しているのがこのちっさい人。

椅子に座って、大きく大きく開いた口から放たれる歌。

これ、生で聴いてたらどれだけすごい迫力だったろう。

私はこの間京セラドームに初参戦したが、席もそれほど近いわけじゃなく、単に見るという点に関してだけは、DVDの方がよっぽどまともに見られると思ったことも事実だ。でも、間違いなく行ってよかったと思う理由の一つは、すばるさんの歌を生で体験できたこと。

彼は歌で空間を自分のものにするすごい力を持ってた。

これ、まだうまく言葉にできない。ただ上手に歌うだけじゃなくて、曲のリズムを、うねりを、波動を全身で受け止めて、何倍にもして全力で放つような、暴力的とすら言えるパワー。

それを体感できただけでも、あのドームに行ってよかったと思う。

あのパワーを間近で浴びたら、きっと、いっしょに演奏する人も問答無用で楽しくなってしまうに違いないんだ。

実際、今日のバックバンドのギターの人がすごく楽しそうに弾いていて、曲が終わった瞬間、「よかったな」って声が聞こえそうな笑顔で二人顔を見合わせていた。

そして何よりも当のすばるさんの笑顔。

こんな顔見せられたら…ねえ…?!

すべて出し切った爽快な顔。

ヘルメット頭でもない、バリカン坊主でもない、キテレツ衣装も突飛なメイクも派手なアクセサリーもない、すべての鎧を脱ぎすてた、最強の渋谷すばるがついに現れた。

どうしよー!!

そりゃ自信もにじみ出るってもんだ。

(心なしかこの直後に歌う方もうっすら涙ぐんでるように見えてきた痛いファンです)

今回のソロツアーに参加される方々は本当に幸せだと思います。どうぞ今から体調管理に気を配って、無二の機会を味わい尽くしてきてください。

でもいちいちこんなふうに感情振り回されて、普通じゃいられないので、私は絶対すばる担にはなれないです。(ふりだしに戻る)

落ち着いて私。思い出すのよ、あの日ステージで見たすば子を。メンバーの誰よりも短いスカートを履いて赤いパンツをさんざんに見せつけた、アップだとだいぶキツいノーメイクすば子を!!

やだそんな人があんな歌歌えるなんてますます面白いじゃないのー!!

…やぶ蛇だったようです。

うん、これから少しだけでも関ジャニ特命捜査班を見て、気分転換してから寝たほうがよさそう。

ふー。

さー丸ちゃんの今回の女装はどんなかなー。