まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

ジャニーズスーパーヒットメドレー2014の大倉くんを思い出した話

こんばんは、みはるです。 最近、Love so sweetを流すと恋が始まるっていう動画が流行ってるみたいじゃないですか。

まったく関係ないツーショットの一場面なのに、バックにLove so sweet のイントロが流れ出すと、2人の恋の始まりにしか見えなくなるっていう。すごいね、Love so sweet の浸透力。イントロだけで万人に共通の感情を抱かせるって、これぞ国民的人気曲。

で、そういう動画をいくつか見て笑ってたんですが、繰り返しLove so sweet を聞いてたらどうしても浮かんでくる映像が、タイトルの2014年の大倉くんだったという話です。

2014年7月のあのコーナーを振り返る

たった1年半前のことなんですが、私にとってはエイト事情は今とまったく違ってました。

GWに買ったJUKEBOXでトドメを刺された形でエイトにハマったものの、今のように関ジャムやクロニクルのようなレギュラー番組はなく、…あ、仕分けはあったか。でもね、何か満たされない番組だったからね…。

とにかく、エイトにかなり飢えていた時期だったのです。 そんなときに飛び込んできた番組が「音楽のちから」。その中の1コーナーがジャニーズスーパーヒットメドレー。V6、TOKIO、嵐、KAT-TUN関ジャニ∞Hey! Say! JUMP という6グループのシャッフルメドレーです。

オープニングを飾ったのはReal face。ドーンと肩から羽根生やしたまつじゅん様がいらっしゃって、その左に丸山くん。

このときの丸山くんね、男前モード入ってるんですよ!

こんな画像しか用意できなくて申し訳ないですが!左から2番目が丸山くんです。わかります?!この傾き具合は本気入ってるときですよね?!明らかにお隣の黄金アイドルにオーラで押されてますけど、丸山くん、かなりいいパフォーマンスしてたんです。おふざけなしで、かっこよくキメてました。関係ないですが私は丸山くんの全身が映るのが心から好きです。

でも本家の伝家の宝刀「チッ」のところで完全に黄金アイドル様の横で見切れちゃっててですね、あーマルチアングル欲しいよね…と。いや隣で左目が映っただけマシか…とか。

その次はパツキン横山さんが妙に動きの固い希望〜Yell〜。あれは狙ったのよね?そして錦戸くんとすばるさんは Ultra music power。このときの錦戸くんのダンスが絶妙に力が抜けててかっこいいんです。ボウズすばるさんは完全にヤカラ感丸出しでメンチ切りながら「風を切れ〜!」。(1年経ってこうも変わるとは…完全に服役して改心した流れですよ)(もちろん比喩ね?!)

大倉くんはアイドルだった

で、エイト抜きの好きやねん、大阪を経て、大倉くん参加のLove so sweetです。

このときのメンバーがまた華々しくて…。いきなりの長瀬兄さんのぎこちなさには吹いたけど、ジャンプの山田くんのあの若さで堂々たるセンター感も素晴らしいし、岡田くんもいらっしゃるし…田口くんも加藤シゲくんも二人ともけっこう好きだったし、私的にものすごく豪華なメンバーだったんです。

そんな中で大倉くんを見つけたときは、初めて行った夢の国で、近所のお兄ちゃんを発見したみたいな、妙にホッとしたような気持ちになったのを覚えてます。

でもそれでいて、そのときの大倉くんはまったく肩に力が入ってなくて、自然なのに華があるダンスを見せてくれて、そしてあの無敵の大倉スマイル。ああ、やっぱり彼はアイドルだ…ってすごく眩しく感じました。

一方で、でも彼はただキラキラアイドルなだけじゃないのよ、懐にしっかり毒を忍ばせてる、あの大倉くんなのよ、と自分に言い聞かせてたのも覚えてます。そうでもしないとハマっちゃいそうな見事なアイドルスマイルだったもんな〜。あの笑顔にはやられる。

ゆうべやっと見られた関ジャニ∞特命捜査班7係でも、大倉くんの涙からの笑顔が出たじゃないですか。あの破壊力はすごい。それでいてあの腹黒キャラを小出しに出してくる賢さが人間的にもっと面白いんですが。

最近大倉くんはドラム叩いてることが多くて、そのときの笑顔にはいつも大きな安心感をもらってます。でもこのときの彼を思い出したら、久々にこんなアイドル曲のアイドルダンスでアイドルスマイルの大倉くんも見たいなぁって思ったのでした。

てな感じで、今日はいつにも増してオチがないんですけど、この大倉くんのあとはヤスくんのWAになって踊ろうのダンスがすごくキレキレだったし、村上くんは AMBITIOUS JAPAN! 「I got a true love!」をひっくり返り気味の声でシャウトし、挙句にエンディングでは丸山ダンスの独壇場となり、なかなかに爪痕を残したステージでした。

それにしても去年と今年とじゃエイトの番組に対する満足度が雲泥の差よね、このありがたみを忘れないようにしなきゃね、と感慨にふけりながら、今日は撤収です。おやすみなさーい。