読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

BLUE GIANTを読んで勝手に丸山くんに期待する話

丸山隆平 大倉忠義

こんばんは。BLUE GIANTっていうマンガを読んですっかり大倉くん尊敬モードに入ってるみはるです。ブルージャイアント、テナーサックスのジャズプレイヤーを目指す熱き少年の音楽マンガなんですけどね。

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

ドラムって難しいんだね!

書いた通り主人公はサックスプレイヤーなんですけども、話の中でど素人がドラムを始めるシーンがあるんです。

その彼が、エイトビートすらも叩けなくて、体が動かなくなって、
「両手両足、4つ…4つの脳が必要ってこと…!?」
と途方に暮れるんですね。 それ読んで、なんか改めて大倉くんすごいなあって、思ったわけです。ど素人なりに素直に感動。
私は小5までピアノをやってあっさりやめたクチなんですが、両手別々に動かすのだって難しいもんね。

このマンガ、当の大倉くんも読んでいて、かつてラジオ大倉くんと高橋くんで、
大倉「ずっとドラムを叩いてたら、気づいたら30歳になってました」
高橋「ブルージャイアントみたいに?」
という会話もあったようです。

このマンガ、エイトメンバー内で流行ってたと思うんだけど、まあ間違いなくマンガ好きの丸山くんは読んでるだろうな。

これ読むとジャズを聴いてみたくなるし、演奏できる人なら絶対にやってみたくなるはず!サックスといえばバナナジュースの錦戸さん!そしてjazzyな渇いた花!こないだのSWEET MEMORIESもジャズテイスト!

このBLUE GIANT、陰ながらエイトにかなり影響を与えたんじゃないかと勘繰りたくなっちゃいます。

そうなるとね、やっぱり丸山くんにウッドベース弾いて欲しくなるよね!!!!

丸山くんにウッドベースを

ここでひとつ、丸山くんがウッドベースを弾いてる姿を想像してみましょう。

高身長で適度にガタイがいいから、大きなウッドベースとのビジュアル的バランス最高。それで伏し目がちに寡黙に弦を弾かれたらもう……!!パーマも必須でお願い致します!もちろん片耳は出しましょう!どうか!どうか神様!! (落ち着け)

最近、前に#背景なしで選ぶ好きな3曲で書いた、アダルトシリーズが好きでよく聴いてるんですが、この路線はこれからの彼らに時間をかけて煮詰めていってもらいたんです。

もちろんこれがメインじゃなくていい。でもこういう大人の夜の世界観もできるよ、ってのは表現の幅をぐぐいっと広げてくれるはずです。実際メンバーもいい歳に差し掛かってるわけだし、背伸びじゃなく自然に似合ってくる頃合いです。

( なんだっけ、今ど忘れしてるんだけど、これは絶対ウッドベースだろう!見えた!私には見えたぞ!っていう曲がすでにあったんだけど…全然思い出せない…。)(←追記:急☆上☆show‼︎のことだと思われる)

ズッコケ男道のパンクバージョンみたいな、いい歳しても少年ぽい青くささを見せてくれる一方で、大人の色気もぐっとリアルに見せてくれたらそりゃもうたまらないと思いませんか!?

はい、丸山くんウッドベースやりましょう。

だって、横山さんがトランペット、すばるさんがブルースハープ、錦戸さんがサックスときたら、もうその先は見えたも同然でしょう。エイト的ジャズバンド、見たい見たい見たい!!!

次のツアーでウッドベースデビュー…間に合うかな…その次かな…。

とまあ、勝手すぎることを考えて一人で楽しくなったのでした。

そんな夢を見させてもらえるのも、錦戸さんのサックスデビューのおかげです。まだまだ引き出しがあるんじゃないかと楽しみになっちゃう。

はー楽しいなあ関ジャニ∞。

…おかしいなあ、昨日の関ジャムのことを書こうと思って書き始めたのに、全然そっちに行かなかった。笑