まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

丸山くんのベース位置を比較する

こんばんは。すばるさんのソロアルバム、今日は届かないかなぁと思ってたら夜になってポストに入っているのを見つけてヒャッハー!なみはるです。

ついにこの日が来た。とりあえずこれ書きながらレコーディング・ムービーだけ見てるとこですが、すばるさん、いい顔してます。いつも言ってますが、この人の笑顔見てるとほんと幸せになる。

でもこちらはまた日を改めて。今日は全然別の話です。

リサイタルとKANA-BOONセッション

リサイタルのバンドシーンに最近ハマってたんです。汗ダラダラで猛る男どもが、前半のジャニーズメドレーとは打って変わったワイルドな迫力でたまりません。

で、それを見てるうちに、丸山くんのベース位置が今とだいぶ違うなーと改めて思いまして。

気づいてる方は多いと思いますが、ここで個人的に記録を取っておくことにします。

ちょうど、次回の関ジャムで丸山くんの師匠、ハマ・オカモト氏がやってくるので、その前夜祭みたいなもんです。前夜じゃないけど。

まずはリサイタルでの丸山くん。

今より二回りくらい輪郭が大きいなぁ。ってそれは言い過ぎか。ていうか話はそこじゃない。

続いて前回のKANA-BOONさんとのセッション時がこちら。

全然位置が違いますね!手の高さや腕の角度を見ても一目瞭然です。

変化のタイミング

ではいつから変わったのか。

こちらをご覧ください。
10月11日放送、chayのあなたに恋をしてみましたでの場面です。
まだ低いです。

そしてその次にベースを持ったときがこちら。

高いです。

これは11月1日放送、あの伝説のベース修行の回中島美嘉氏とのGlamorous Sky でスラップ奏法を披露した瞬間です。(あのときのメガネもかっこよかったよね〜)

つまりハマ・オカモト氏との出会い後

この後関ジャニ∞はOKAMOTO'Sに勝手に仕上がれを提供してもらい、丸山くんはあの素晴らしいイントロを弾くことになるわけですね。

私が浅ーく調べたところによると、やはり高い方が操作性がよくなるそうで。

ロックミュージシャン的にはやはり低い位置のイメージがありますが、丸山くんはここで見栄えよりも弾きやすさ、確実な上達への道を選んだのだと思われます。

丸山くんがベースの道を一段深いところへ進めたのは、まさにこの瞬間だと言っても過言ではないのかもしれません。

やはりハマ・オカモト氏には足を向けて寝られない…!!

今週の関ジャム、楽しみですね〜。

前記事に頂いたコメントにも書かれてたんですが、ハマ・オカモト氏は椎名林檎のバックでウッドベースを弾いたキャリアもある方ですから、私はまだまだ期待してます!ウッドベースを弾く丸山くんの未来を!



おまけ。こっちはだいぶ前ですが。
相当低いね!!これはこれでかっこいいけどね!!