読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

ヤスくんへの脇役願望と主役願望

安田章大 ドラマ

こんばんは。昨日のフラジャイルを見てかなり衝撃を受けたみはるです。その衝撃は次のツイートに集約されてます。

はい、くだらなくてごめんなさい。だって…まさかよりによって「しょうた」って…。原作がこうだったのかな。

万一見てない方のために説明すると、フラジャイル第5回、余命一年と宣告されたヤスくん演じる保育士が劇中で接した唯一の園児名が「しょうた」だったのです。

ヤスくんが登場してわりとすぐにお母さんが「しょうたー!」って呼んでて、見てる私はすごく変な気持ちに…。雑念のかたまりで大変申し訳ない。

でも基本的にヤスくんは大健闘してたと思います。そこは間違いない。

ヤスくんの演技とドラマ

ヤスくんの演技、達者でした。

余命一年を宣告され、唯一残された治療法も高額すぎて断念せざるを得ない状況。しかも両親もなく趣味も彼女も親友もなく、どこからどう見ても幸薄そうな青年でした。ヤスくん、役のために痩せたのかな?ほんとかわいそうで。

治療を諦め、緩和ケアにうつることに承諾するが、力のない不自然な笑みを浮かべてばかりです。そこから真顔に戻って本心を漏らす、っていうところにギャップが生まれるわけですが。

ふと見せた凛とした表情が突然男らしくてねえ。さらに横顔がとてもキレイで、さすがアイドル、油断ならない。(その点ではやせた長瀬くんも大変ジャニーズでした。先輩さすがっす!)

えーっと、正直なところを書くと、ドラマ自体は私には突っ込みどころありまくりで…。同僚保育士の失言とか、病院スタッフ同士が患者当人の前で大ゲンカして、当の患者が止めに入るとか、私にはちょっとリアリティがなさすぎて、感情移入しきれませんでした。最近の医療系ドラマに思うところもあり、もうちょっとで泣けそうなところで泣けなかったんだよなぁ…。でも最後に小早川くんが作曲したピアノ曲がとても美しかったのは大きな救い。

ヤスくんへの期待

ヤスくんはすごく表現力のある人だと思うんです。

今回のドラマも、前半はちょーっと濃かったかなあとは思うけど、でも「普通の青年」を丁寧に演じてました。

ヤスくんが普通の人を演じる力があるのは、「ばしゃうまさんとビッグマウスで証明されてます。私の去年見た映画ベスト3に入る。未見の方はぜひ!(過去記事「今さらの、ばしゃうまさんとビッグマウス」参照)

だから私はこれからも、ヤスくんにじっくりゆっくり、名脇役の道を歩んで欲しいんです。息の長い実力派俳優になってほしい。舞台もすごく合うと思う。いや舞台の方が合う気がしないでもない。テレビで主演するなら深夜だな。(勝手)

しかもヤスくん、最近の歌の表現の広がりもすごい。

直近のところでいうと、元気が出るSONGの歌い出しの「手と手」とか、ふりむくわけにはいかないぜの「心がドキッとしたら」とか、その声だけでワールドを作り出しちゃうパワーがあるんです。

こないだの関ジャムKANA-BOON回のなんでもねだりでのヤスくんパートも素晴らしかった。谷口鮪さんのハイトーンボイスに寄せながらも、ちゃんと腹の据わったヤスくんらしい歌いぶりで、ただのモノマネに終わらなかった。

だから、たまにはヤスくんメインのシングルがあっても面白いなと思うんです。象とかもすごくよかったじゃないですか。すばるさんとヤスくんのツインボーカル体制。あれを全国的に見せつけてみたい。こんなんもできるんだぜ!どや!と。

というわけで、深夜枠のヤスくん主演ドラマください。安田章大、アイドルらしからぬいい仕事しますぜ!

…タイアップがなくてもヤスくんメインでシングル出してくれるなら別だけど。多分それはないんだろうなあ。