まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

横山裕という一ジャンル

「私にとって、関ジャニ∞らしい曲とは何か」

最近の私の密かなテーマがこれです。

どんな曲でも、関ジャニ∞が歌えばほぼ関ジャニ∞カラーに染まるのは、いろんな提供曲からも明らかなんですが、ここはあくまで私にとって、の話。グダグダ考えるのが好きなんです。

非キラキラを探る旅

先日、こういう記事を書きました。

で、サビや歌い出しにすばるさんが強く出ていないとエイトっぽくない、というところまでは行き着いたし、サウンドがアイドルっぽくキラキラしてるのも違和感なんだとわかったんですが。

じゃあキラキラって何?と。

次に考えたのは、キラキラは説明できないけど、非キラキラってのは生楽器の音なんじゃないか?ということ。

なぜかというと、私がマジメに関ジャニ∞の曲を聴くようになってから、ん?と最初に違和感を感じた曲はたとえば次の通り。

  • Sorry Sorry love
  • Masterpiece
  • Water drop

これが打ち込み系っていうのかな。デジタルなイメージの強いサウンドです。うーん違うか? でも、こういうのは、大体あとでLIVEでのダンスをみて一気に好きになるパターンなんですが。

そっか、私はJUKEBOXで本格的にハマったもんだから、私の持ってる関ジャニ∞像は非打ち込み系のバンドサウンド色が強いのかな、と思いました。

でも、例外があったんです。

ざっくり8ESTを聞いてたら、クルトンで止まりました。どう聞いてもバンドサウンドじゃないのに、これは間違いなく関ジャニ∞だわって。

横山くんの歌の魅力

横山くんの声って、聞けば聞くほどハマる魅力があるんですよね。私が何気なく聞いてるときに、彼の声でよくハッとさせられる。わかりやすいところだとモノグラムの歌い出しとか。あれ素晴らしいよね。

で、改めて Masterpiece を聞き直してみたら、この曲で私にとって印象的なところは、やっぱり横山さんだった。

始まりな さあみな 集まりな
ここはどこでもない One piece

ここ。正直このパートまでは、歌がどこかぎこちない感じがするんだけど、ここで突然曲にぴたっとハマってくるんですよね。横山くんの声の硬質さがすごく生きてる。あの美肌に合ったクリスタルボイスとでもいいましょうか、それでいてしっとりした甘さもあるんだよね。

(パートを確認しようと思って初めて横山くんだけに注目して関ジャニズムのMasterpieceを見たんだけど、横山くんのダンス…かわいい…。そしてMasterpiece のオラオラ要素に改めてびっくりしてる。いつもこんなダメな僕って歌ってる彼らなのにね笑)

そして、Sorry Sorry love (今気づいたけど、これって最後のloveだけ頭が大文字じゃないのね!罠だわ!)も、

夜空を飾る花火も たわいのない話もない

とか、すごくいいです。無機質で無感情な感じが。

最近聞いたソロアルバムでのすばるさんが、煮えたぎったマグマみたいな熱量だったことに比べると、とても対照的でした。

そういう意味で、すばるさんが関ジャニ∞の顔とするなら、横山くんはちょっと別のところにいるのかもしれない。けして反発しあっているのではないけど、治外法権というか、エイトの中で一ジャンルを形成してるような。

いっそのこと中田ヤスタカ氏にプロデュースしてもらったらいいんじゃないかな? で、狭いボックスで座って歌うの(笑)

だって横山くんの持ってるPOPセンスはすごいと思うんです。クルトンはもちろん、Kicyu とか fantastic music! とか、一歩突き抜けた感がある。

これをですね、よりデジタルな感じでまとめてみたら面白いんじゃないかと。

というわけで、次のアルバムでまたソロがあったらいいなあっていう話でした。

結局、キラキラとはなんぞやという問いには答えが出ないまま、まだしばらくさまようことになりそうです〜。