読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【レコメン】丸ちゃんの卒業…だけじゃなかった現実

丸山隆平 ラジオ-レコメン

どうもです。みはるです。 昨日、だんなさんに偏頭痛だと偽ってまでベッドに潜り込んでイヤホンでレコメンを聞いてたくせに、結局途中で寝落ちした不届き者のみはるです。こんなんばっかりだよ最近。

残りは非常にありがたいことにネットで拝聴できたんですが。

あー、今ランダムでたまたまかかっているズッコケ男道…。

働けど働けど飛んでは消えてくものばかり

やたら沁みるのはなんでだろうね…。


レコメン最終回での丸ちゃん

昨日の選曲は「MAGIC WORD 〜僕なりの…」からのスタートだったんです。

ごめんなさい、正直に書くけど、この曲自体はそんなにいいと思ったことなかったんです。陰影がないというか、ストレートすぎて、若くて微笑ましいなあって思うくらいだった。


でも、長すぎる丸山サウンド、ジャングルの音で始まった丸ちゃんはどこまでも明るく振舞っていて、そのけなげさを重ねて聞くこの歌は、私にとって破壊力満点でした。

だって、ビシッとチェック柄のスリーピースで決めてきたという丸ちゃん(チェックって何回も言ってた。ここぞというときのオシャレスーツなんだろうね?)。1人で部屋で鏡に向かい、髪もムースを使って慣れないセットをしてきた丸ちゃん。ただごとじゃなく気持ちを込めて来たのは明白なのに、でも至って明るく振る舞う丸ちゃん。


でも、「おやすみなさい」は横山さんから引き継いできたんだっていう丸山さん。レコメンの伝統をしっかり意識している丸山さん。

いつものように、いつも以上に、淡々と朗らかな語り口なのに来週はいない丸山さんなんですよ。


私ももう丸ちゃんなのか丸山さんなのか、呼称がブレブレですが、愛嬌を感じたり敬意を感じたりするたびにこれからもブレブレでいきますのでごめんなさい。話の方向もブレブレでほんとすみません。


とにかく、明るい励ましソングって、エイトのけなげな姿が重なったときに、何倍以上もの力を発揮するんだなあって思わされたんです。

トークのバックで流れたワンシャンロンピンもそうです。あの底抜けに明るい声がまた切なかった。

でもけなげだっていうのは、丸山くんだけじゃなくて。


もう一つの卒業

読みかじりで恐縮なんですが、イフオアでの語りからは、どうにもこの卒業劇に納得していない印象を受ける村上くんですよ。

同じ日のヒルナンデスで、卒業が発表された村上くん。まさかの横山くんを残しての1人だけの卒業。これは…レコメンに全力を注げと…??それはない。

私は実際ヒルナンデスまでは追えてませんでした。村上くん大好きだけど、クロニクルもジャニ勉も溜まりがちな日常で、そこは割愛させてもらってた。

たまに見るとやっぱり面白かったけど、でも感傷的に語る資格は持ってません。


しかしな…。卒業ってな…。


話がまた大幅にそれますけど、私は以前からA○B関係の卒業システムに大いに疑問を持っていたんですよ。「卒業」という言葉の使い方というか。

要はていのいい強制退場じゃん、なんてひどいことを思ってました。

今まで応援してきたファンはどうなるんだろう。自分が大枚はたいて推してきたメンバーがいなくなったグループをどんな気持ちで見るんだろう。

私の身の回りにはそこまでのファンはいなかったので、実際のファンの気持ちはわからないんですけどね。


でもそれはもちろんおニャ○子に始まる女性アイドルグループの常套手段だし、さらに元をたどれば宝塚の世界から来ているのかなあ。

トップスターが飾る華々しい退団公演。

それも深いところは私はわからないんですがね、花の散るのすら商売にするのって、よく考えたら…すごいよなあ。これぞショービジネス。

でもそうやってグループの新陳代謝を図っていくことも仕方のないことなのでしょう。


でも、ジャニーズは違うからいいよね、と今まで私は思ってました。

男女の違いは大きいにしろ、好きになったアイドルを、グループとその中での関係性ごと末長く見守っていけるというのが、SMAPが生み出した新しいアイドルシステムなんだよなあ。SMAPすごいよなあ、咲いては散る定めのアイドルに革命起こしたよなあと思ってました。


でも、ここに来てまさかの「卒業」の連続。しかもそのあとに露骨に系列の後輩をあてがってくるという…。

もちろん事務所を退所したり、グループを脱退することに比べたら、ただ一つの仕事が終わっただけの些末のことでしょう。


でも、この「卒業」の使い方…完全に○KBシステムと同じ…。

いや、今は世の中すべてがこういう流れなのか?私が知らないだけなの?過敏になってるだけ?

でも卒業のあとには何があるの?進学先は?どこに入学すればいいの?式はいつなのー?!


…すみません、取り乱しました。


目の前の闇をかきわけて

村上くんの泣き笑い。残る彼をいたわるようにいっしょに笑う丸山くん。


そこに最後の選曲、「Heavenly Psycho」


しかも8人時代の歴史あるバージョン。切ない希望の歌。

奇しくも私が前記事を書いてる最後に、不意に脳内を流れ出した歌でもありました。

震える思いにまた昇る太陽

いいんです。始まりがあれば終わりがある。

そして終わりはきっと始まりの合図だ。

新しい時代の幕開けを信じて、今日はここまでにします。


丸山隆平さん、今までレコメンであれこれとあられもない話をしてくれて本当にありがとうございました。ラジオならではの、身を守ることを知らない少年みたいな無邪気さ無鉄砲さが大好きでした。早くゲストに来てくれますように。大倉くんサイドでもいいから!(対エゴサ砲)


あ、どこで書けばいいかわからなくなったけど、レコメンの途中でかかった「Kick」。 サックスが効いたスカのリズムがすごく粋で、今のエイトがやったらめちゃくちゃかっこいいだろうなと思った。 この曲に限らず、過去曲のリメイク、たくさんのファンが喜ぶと思うな〜。