読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

スキャナー見てきました(ネタバレなし部分あり)

安田章大 映画

どうも!スキャナー見てきたみはるです。

今精神的には、口にさるぐつわ、後ろからは羽交い絞めの状態で、もごもが暴れているところです。

言いたい!!
でも言えない!!!

ということで、途中までネタバレなしという条件付きで、半分だけさるぐつわをはずさせてもらいます。

未見の方へ(ネタバレなし)

未見の方へいちばん伝えたいことはこれです。

何も読まず何も聞かず、ただひたすら映画館に向かってください。とにかく!さあ早く!

私はできるだけネタバレシャットアウトしてたつもりでしたが、それでもちょっとだけ後悔したことがありました。うーんこのご時世完全ネタバレなしは難しい…。

だがしかし!時代とかじゃないだろう変わらず突っ込んでけ精神で、絶対的にネタバレなしを推奨!


それに映画館よかったですよー。やっぱり映画は映画館で見るもんですよね。私はごくごく最近まで子供が小さくて映画館に行ける状況じゃなかったんで、映画館のよさをしみじみ感じました。NO MORE 映画泥棒くんも変わらずがんばってるし。

スクリーンの中の非日常世界にどっぷりつかれる贅沢な2時間弱。行ける環境にある方は、DVD化を待つことなくぜひとも映画館で!


ただ、一応の心構えとしてお伝えしておきますと、ちょっとだけ怖いシーンあります。痛そうなところも。

平気な方には全然大したことないレベルだと思いますが、私はホラーがまったくダメで。もう年を重ねるごとに、怖いのと高いとこが苦手になってきてます。

いつだったか、そうだSilent Sirenが出たときの関ジャムだ、あのときの怖い話もかなりまいった。関ジャニは見たい。だが怖い話はいやだ。しかも深夜に一人だ。しかし関ジャニは見たい。どうすればいいんだ。で、行きづまって音をちっさくして極限まで目を細めて見てた気のちっさい人間は私です。あー、あのときの大倉くんまた見たくなってきた。

だから、今回怖いシーンがちょいちょいあったときは、ひー!聞いてないよー!とちょっと逃げたい気持ちになりましたが、でもそんな私でもなんとか乗り切れたので大丈夫です。指の間から見てたけど。(最弱)

そして、そんなときも簡単に逃げられないのが映画館のいいところ。逃げずに最後まで見たらきっといいことあるよ!だからぜひ映画館へ!

うちの地域では2週目から上映時間も変わってるみたいです。今までは午後だけだったのが午前中もやるみたい。その辺もご注意の上、ぜひ劇場へ足をお運びくださいね。


ヤスくんは、一人の役者としてしっかり地に足をのついた演技をしてました。

そして、もしエンディングで関ジャニ∞の歌が流れてきてたら興ざめしてたかもしれないと思うほど、作品世界がしっかり完成してました(いや、実際タイアップかかってたらそれはそれでテンション上がってたかも?笑)。とにかくそれだけいい余韻があったんです。

寝不足の食後というバッドコンディションで臨んだ私でも、途中で眠くなるようなシーンは1つもなく(こないだは水族館のアシカショーですら眠くなった私なのに)、あっという間の109分でしたよ。予告編の方が長く感じたな…。


では、今後映画館に行く予定の方や、DVD化を待つ方とは、残念ながらここでお別れです。我慢のきかない私は、このあとがっつりネタバレします。ぜひ見てからまた来てくださいね、さよーならー!!

その他、すでに見終わった方、そして初見の感動が半減かそれ以下になってもかまわない、とにかく映画について、ヤスくんの見どころについて知りたいという方のみこの後に進んでください。

ここからネタバレします!!!























ストレートな感想(ここからネタバレ)

ヤスくん犯人でしたね!!(いきなり)

いやーよかった。やられた。完全にだまされた。観客としては実にすがすがしい裏切られ方。


いや、ヤスくんが今回いい演技をしてるっていう噂がガンガン聞こえてきたんで、ただのチョイ役ではなさそうだなとは思ってたんですよ。でも単純な私はそれでもだまされた。何か重要な発見に導いて、捜査当局への橋渡し役になるのかなあとか、もし続編が作られたらまた出てくるのかなあとか思いながら見てました。(今となってはそれがかなわないことだけ残念)

寿賀子しかり夜行観覧車しかり、フラジャイルしかり、オロナミンCしかり。さわやかでまじめな好青年、これが私がテレビで見てきた役者ヤスくんのイメージです。

今回の佐々部は、完全にそのイメージを逆手に取ってた。

前半ね、私はひたすらヤスくんの品の良さに感動してました。親の七光りを揶揄されながらも、それすら無理なく受け入れる余裕ある態度。ほんとに育ちのいいエリートってこんなかもなあと思わせる坊ちゃん感。子泣きじじい化したりオネエ化したりハプニング大渋滞する要素なんてそこには微塵もない(当然)。

それでいて「ぶっちゃけ」とか「ぶっとばして」とか、ときおり若者言葉を混ぜてくるところもまたよかった。完璧すぎず、自然体で。

私が今まで見たヤスくんの好青年キャラの中では、今回がいちばん自然で好感度高かったです。ああ品の良さが出せるヤスくん素敵!

私が気づけた伏線

そんなわけで、千石さんが亜美ちゃんが危ないと言い出すまで、私は見事にだまされてました。こーれーは完全にヤスくん効果。だまされたなあ。

後出しだけど、私が気づけた伏線は2つだけでした!笑

  • 冒頭の雪絵を襲った白ワンピ少女の足元
    あの足元、なーんか違和感があって。靴がちゃんと合ってなかったのかもしれない。それを見たとき、これは男の可能性もあるな、と思ったんです。…でも、次の瞬間にはそのこと忘れてたと思う。

  • バックミラーにぶら下げられた折り紙
    あれはわかりやすいですよね!明らかに不自然なピンクの折り紙。車に折り紙ぶら下げてる人なんていないし、色も青年らしくないピンクだし、しかも折り鶴みたいなポピュラーな形じゃなかった…たぶん。こーれはあやしいなとちらっと思った。…が、やっぱり次の瞬間には忘れた。

今思うとあれは佐々部くんの私用車だったってことなんですね。きっとそこも伏線の一つだった。佐々部が私用車を出しているというとは、完全に仕事を離れているということだから。車については、丸山が自分の車を沈められた後はちゃんと峠プロダクションの社用車に乗っていたりしたから、きちんと設定が考えられてると思うんです。

が、それもすぐに忘れたからね!やっぱりサル頭の私なんだけど、でもそれはそれでサプライズを楽しめたからいいや!笑

一応、最初に伊藤忍さんが出てきたとき、ああこれはオトリだなと思ったんですよ。ミステリーで最初にいちばんあやしげな人は絶対に犯人じゃないというセオリーにのっとって。ただ、真犯人は誰なのか、っていうところまでは、ヤスくんのチョイ役好青年イメージにとらわれてまったく気づけませんでした。

うーんやられた!!

(ちなみに同行の友人は、ギリギリでTwitterで読んだヤスくんのすね毛問題を思い出して気づいてしまったそうな。こんなところにもネタバレの罠が…!!笑)

ストーリーへのツッコミは細かいことを言えばちょこちょこあるけど、このどんでん返しを成功させられれば、エンタテイメントとしては9割方成功と言えるんじゃないかと思います。

ちなみに最初に公園予定地に行った場面は、「なんでわざわざ夜に行くのよ!怖いから昼に行ってよ!次の日でいいじゃん!」と心の中で叫んでました。わかってるけどね、映画ならではの演出だって。でもほら、ビビりだから。

邪念まじりの感想

ヤスくん超おいしい。
ヤス担さんがとにかくうらやましい。

前半はエリート好青年。後半は善人ヅラをかなぐり捨てた殺人鬼。

あの振り幅のある役、よだれが出るほどおいしいですよ…。

もちろんだれもができるわけじゃない。振り幅が大きい分だけ、リアリティを持たせるのがとても難しいと思う。でもだからこそやりがいがあるし、見せ場のかたまりです。

没個性の主人公より、鮮やかな爪痕残す脇役の方が絶対いいと私は常々思ってるんです。(千石さんは個性的でした。暑そうだったし)

そこに今回のヤスくんは、若きエリートでありながら冷酷非情な連続殺人魔であり、しかも異常な幼児性を持ち、なおかつ白ワンピも着こなさなきゃいけないという高難度!!

私の邪な見方とその顛末

実のところね、ヤスくんが好青年を演じてる間は、私、丸山くんもこの役演じられるよなーと邪念たっぷりに見てたんです。サタプラで見せるような品の良さ、人の好さはぴったりなんじゃないかって。ああ三つ揃いビシッと着こなしたエリート刑事の丸山くん見たいなあなんて、ストロベリーナイトは下っ端感強かったもんなぁなんて。はい、不謹慎ですみません。

でも、クライマックスで、白ワンピを着たヤスくんが出てくる流れが読めたときに、気づきました。

ダメだ、丸山くんじゃでかすぎる!!!!

ほんと不謹慎ですみません。

だから、心底ヤスくん及びヤス担さんがうらやましい。さわやかな見た目とクリーンなパブリックイメージ、そしてなおかつ小柄!この3要素を満たしてないとこのおいしい役はやれなかった!!

さらに言えば、ヤスくんってひたむきゆえの悲哀も得意とするところじゃないですか。フラジャイルなんかもそうだった。そして今回の佐々部くん、親から愛されず育った哀しみ、そして妹への愛ゆえに過ちを犯す哀しみ。もうどんぴしゃですもん。つーか、いちばん悪いの佐々部の親なんだけどね!!その辺ちょっとツッコミどころだったけどね!

ヤスくんの資質

私は以前からヤスくんの演技は舞台に向いてると思ってて。

アイドル自体、多かれ少なかれ演技要素があると思うんですが、特にヤスくんはステージに立ったときのアイドル力がすごい。

あの見せる力は、生まれ持っての素材に上乗せされた、ハイレベルな演技力のたまものだと思うんです。私はヤスくんのそういうプロフェッショナルなところも大好きで。

たとえば関ジャニズムでのアイスクリームでのあのプリティ感?!三十路男子がアイスクリームマイクを両手でぎゅっと握りしめて歌うアレ!!ただごとじゃないでしょう?!プリティが過剰!!

それは過剰さを魅力にできる力でもあって、そういう良さは画面よりも生の舞台の方が映えるんじゃないかと思ってました。

でも今回の役だと、殺人鬼としての正体をあらわにした場面で、そのあふれ出る演技力が特に必要だったんだと思います。

だからこの役は、どこからどう見てもヤスくんにぴったりだったんじゃないかと。キャスティングしてくれた方、ヤスくんを見つけてくださって本当にありがとうございますとひれ伏す気持ちです。今後ともよろしくお願いします。(ちゃっかり)

ヤスくん自身、台本読んだときはテンション上がっただろうなぁ。役者としても、振り切れた悪役を演じるのはとても面白いと思うんだ。

あー、くどいようだけど、丸山くんにもこんな強烈な役が欲しい。

ちなみに丸山くんに欲しい役、勝手にイメージがもう出来上がってるから、それもそのうち書きたい。

配役の妙

この映画のメインキャストには、まず残留思念を読み取る能力を持ちながら引きこもる変人、千石を演じる野村萬斎さん。

そしてその相棒の丸山に、口は立つけれども素行が悪いお笑い芸人として宮迫さん。

で、その二人をサポートする形で警視庁捜査一課の新米エリート刑事、佐々部演じるヤスくんは、チョイ役と思わせておいてのあの怪演です。

近代映画に、古典芸能の第一人者が入る時点で間違いなく「変」だし、ざっくばらんなお笑い芸人はそのまま親しみやすく、ヤスくんもテレビで役者として見る誠実なイメージを上手く活かしてます。

メインの3人が役者としてはまだ手垢がついていなくて、一般のイメージにうまく乗っかった配役だったことも、ストーリーを素直に追えた要因の一つだったと思います。女性陣が私にはフレッシュな顔ぶれだったのも先入観なく見られてよかった。

逆に要所要所に配置された、高畑淳子、風間杜夫、梶原善という実力派俳優たちは、重くなりそうな作品世界にコメディ要素をくわえて安定させてくれる。実にバランスがいい!!

オリジナル脚本だからこそ

この作品がオリジナル脚本だというのもとてもよかった。

今って映画もドラマも、原作付きがほとんどじゃないですか。モノづくりの現場は飽和状態で仕方ないのだろうけど、そんな中、貴重なオリジナル作品に出られたこと自体、素晴らしくラッキーだったと思うんです。

定評のある原作があると、ストーリーに安定した完成度を望めるけれど、でも役者にとってはすでに出来上がったイメージへの挑戦となる。イメージなんて人それぞれだし、100%同じにできるわけもなく、極端な言い方をすると、見る人に違和感を与えることからスタートしなきゃならない。

でも今回は完全オリジナル。

誰と比べられることなく、ヤスくんはゼロから佐々部悟というキャラクターを組み立てることができたんですよね。

しかも、オリジナル脚本だと今後も自由が利くじゃないですか!

千石さんの失われた過去。結局明かされませんでしたよねえ…。パンフでも続編の構想があるって書かれてるし!(ちなみに私は失われた過去が蘇って、仙石さん自身が4人目の子供だったとわかるのではとか思ってたとんだ見当違い野郎です。4人目女子だし!!)

見えます…1年後くらいにテレ朝で地上波初放送して、そのまま続編の宣伝をするというビジョンが私には見えます…。

そうなると地上波であのサイコキラーなヤスくんが解禁されちゃうというわけで!きゃあああ!! 楽しみ楽しみ~!


エンドロールで3番目にヤスくんの名前が出てきたときにはとても誇らしい気持ちになりました。

黒バックに白字のシンプルなエンドロールは、しみじみ余韻を楽しませてくれたし、そのあとのレトロ感のある軽妙なテーマ音楽もよかった。後味よかったです。

ヤスくんがいい映画に出られて本当によかった!!


以上、後半がっつりネタバレで語らせていただいてスッキリしました!スキャナーの余韻にまだ浸りたくて、トットてれび見るの後回しにしちゃってるんです。トットてれびも楽しみ〜!さらに言えば「破門」も超楽しみ!(気が早すぎる)

では!