読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

丸山くんがくれる空の下

丸山隆平

こんにちは、みはるです。 マクベスのポスター出ましたねー!

マクベスが来る

ポスターの丸山くんが別人でびっくりしました。松山ケンイチかと思った。舞台メイクの魔法かな?

あのポスター、かなり評判いいみたいだけど、私にとっては別人枠なのでちょっとまだ消化不良です。今のところ松山ケンイチにしか見えないからなぁ。私は松山ケンイチより丸山隆平派だから。動いて喋ったらちゃんと丸山くんなんだろうけどね。

あれだ、お母さんが美容院に行って帰ってきたときの、

「キレイだけど…お母さんじゃない…」(呆然)

みたいなね!もちろんわかってますよ少数派なのは!(笑)

でも、逆に言えば、あれは普段のアイドル丸山隆平を封印して、別の人物を本気で演じるということに挑戦してるということなのかも、と受け止めてます。

来週には一般発売。

行きたい人ができるだけ多く見に行けますように!!

私はどうがんばっても行けないから、泣きながらレポ楽しみにしてます!!!

神様、行きたい方の情熱に幸運を!!

ブログの丸山くん

話は変わりまして、ジャニーズWebの丸山くんのブログの話。

一応説明しとくと、丸山くんは熊本の震災以降、毎日彼のブログで空の写真をアップし続けてくれています。快晴の空も、曇り空も、夜の暗い空も。

それを見るたび、丸山くん、ほんとアイドルに真正面から向き合って、アイドルをしっかり背負ってくれてるなと。

何ができるかなってことを考えて考えて、そして、同じ空の下にいるよ、っていうメッセージを送り続けることにたどり着いたんだろうな。

毎日のブログ更新もそうだけど、空の写真を撮ることだって、簡単なことじゃないです。

私も写真を撮るのが好きで、特に子どもが小さいときは毎日写真を撮って、実家の両親にネットで送ってたんですよ。2年くらいの間。

でもそれもいつのまにか途絶えてしまった。

それでも写真は好きだから、携帯だろうが一眼だろうが、必ず1日1枚は撮ろうと数ヶ月前に決めたんだけど、1週間も持たなかった。

そしてこのブログも、1日1更新を目指してた時期があったけど、無理しないという名目で結局その目標は捨ててしまった。

比較的続いたのは子供の写真だけど、当時は趣味としてほかにできることがなかったというのも大きいんです。でも丸山くんは違う。絶対たくさんの仕事を抱えてる。

私が1日1枚の写真を志してたときを思い出すと、何かの途中で携帯を取り出してカメラアプリを立ち上げてシャッターを押す、それだけのことなのに、何か行動の途中だと、とても億劫に感じるんです。義務と思うと特に。

心理学的に、男の人はましてそれが強いんですって。

作業を中断することで効率が落ちるということを本能的に察していて、途中で何か別のことを挟むのが女性よりも苦手。だから仕事中に彼女や奥さんにメールを送るのを後回しにしたり、そのまましないでしまうらしいです。

まぁマメな男性もたくさんいるし、丸山くんもどちらかといえばそうなのかもしれないけど。

それにしてもすごい。

だいぶ前、真っ黒な写真をアップする驚くべきアイドル、みたいな感じでネタにされてたと思うけど、今の私はそれですら泣きたいような気持ちになる。

たとえ真っ黒でも何かを届けたい、っていう切なる気持ちの表れだよなぁ。

元気のない丸山くん

数日前の丸山くんブログで、今日はだるい、っていうことが書かれてたんです。五月病か?っていう言葉もあったから、わかるわかる、私もだよ〜と思いながら読んでたら、最後が、

サタデープラスのマルは元気やったやろ?

という言葉で締められていて、私はそこで

ズキューーーーン

でした。

変わってるかな?わかる人はわかるよね??

この言葉、読者のファンへの言葉なのはもちろんだけど、きっと丸山くん自身への励ましでもあるんだよねぇ。

元気な自分を自分にも思い出させてる丸ちゃん。そのけなげさ。

サタプラだって、一生懸命「元気な丸ちゃん」のお仕事をしてたんだと思うし。

でもねぇ、丸ちゃん、元気の出ないときは何やってもダメなときあるから無理しないで!!笑

そのだるい日に、こうしてブログを書いてくれることだけでありがたいんだから。

何もしたくない日、あるよね。アイドルだって、そりゃあるさ。そんな日はほんとはブログだって書きたかないさ。まして写真撮るのだってめんどくさいさ。

それでもやってくれる丸ちゃん。明るい、前向きな言葉を自分にも刻もうとしてる丸ちゃん。

ありがとー!!!

空を撮れなかった日は、壁の前で人差し指を立てた自分の手を撮ってくれた。

そして、

すまん

と一言。

謝らなくていいよー!!!

と全国のファンがむせび泣いたことでしょう。

文末に「。」もつけない、こぼれ落ちたみたいな「すまん」には、これまた

ずきゅーーーーーーん

でした。

たくさんの人が、それぞれの思いで丸山くんを見てると思うけど、守りたい、という言葉は私は丸山くんには出てこないです。

いつも守られてるなぁと感じます。ファンとして。

だから幸せでいてほしいから、彼の心身の健康のためには結婚もありかなと思ったり、でももうちょいだれのものでもない丸山くんでいてね、というわがままな気持ちになったりします。

めんどくさいなファンって!!!

でも丸山くんが送ってくれる同じ空の下、私もがんばります。

ありがとう丸山くん。

マクベスという重厚な役どころと、アイドル丸ちゃんを両立させることは、ときにバランスが難しいんじゃないかと心配になるけど、ヤスくんが舞台のとき壮絶な男前オーラをまとったように、また違った化学変化を見せてくれるかもしれないね!

とりとめないけれど、これからの丸山くんがますます楽しみだなぁ、という話でした。

では!