読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【元気LIVE DVD】とりあえずの感想

ライブ-映像

こんにちは、みはるです。

見ました。元気が出るLIVEディスク。

時間が限られてるので、勇気出してメイキングから本編まで連続で。眠い。でもさすがにMC集までは無理だった。それやったら死ぬ。

これって、今買うの迷ってる人いるのかなあ?予約限定品だから今買おうとしても買えないもんなの?そこそこ店頭販売もあるの?

万一、迷ってる人がいたら、私はこういいます。

映ってるメンバーは文句なくかっこいいです。

史上最高レベルの彼らの全力が見られます。

メイキングも楽しいです。

大倉くん多めに映ってると思うし、おいしい場面満載です。

でも、ごめんなさい、大倉くんが不在という時点で完全に事故物件です。

どうか、そこだけご了承のうえ、お買い求めくださるようお願いします。

ずっと泣いてるのは彼らだった。

でも最後に笑顔をくれたのも彼らだった。

後悔はない

メイキングと本編を見終わった今、後悔があるかというと。

ないです。ゼロ。

非常に特異な、でも間違いなく彼らの歴史に残る大事件を、間接的にでも目撃できたことに満足しています。

でも、何回も見るかって言ったら…わからない。

部分的にはたぶんリピートします。すごくよかったところいっぱいあるんで。

でも、全部通してまた見るかと聞かれたら、わからない、というのが見終わった直後の正直な気持ち。

本編の大まかな感想

だいたい予想通りでした。

最初の挨拶は何度かテレビで見た通り。

あそこは、大倉くんに会いたくて来た人の気持ちを考えるともうつらくてつらくて。

いや、本当に同じ気持ちにはなれないとわかってるんだけど、もし私があの場にいて、丸山くんが欠席と言われたらと想像するだけでつらくて。

そしてそれをわかってて舞台に出て行った6人の覚悟。

神妙な気持ちにならずにはいられませんでした。

それでLIVEを能天気に楽しめってのは土台無理な話です。うん無理。絶対無理。

でも6人は一生懸命盛り上げようとがんばってくれて、笑顔を見せてくれて、でもときどき泣く寸前見たいなはりつめた笑顔で、それがまた悲しくて。

いちばん予想通りにつらかったのが、空っぽのドラムセット。

ドラムっていつもど真ん中にいたんだね、って改めて思う瞬間が何度も。

そして気のせいかもしれないけれど、どうしても音が、声が薄っぺらに聞こえてしまって。

声は実際薄くなってるんだろうけど、ドラムはサポートの方がバックでたたいてくれたのに、それでもなんか違う。

かといって、一人ひとりがいいパフォーマンスをしたらしたで、何度も思ってしまう。

ここに大倉くんもいてくれたら。

どうがんばっても、いやがんばればがんばるほどに喪失感が浮き彫りになってしまう、そんなLIVEでした。

ほんとだったら、エイト史上最高レベルの映像作品になっただろうな。

ダンスありバンドありユニットありキャンジャニあり。メンバーのビジュアルも絶好調。

不満をあげるなら、過去曲が多すぎるのに、アルバム曲をカットする理由がわからないということくらいで。(まだ根に持ってる)

そして丸山くんは

細かい感想はのちほど改めてあげますが、もう一つ、すごくつらかったのが。

笑えてない丸山くん。

たとえば韻踏ィニティなんだけど(詳しくは後日)、この笑えてない丸山くんがアンコールまでずっと続いてて、もうね…見てて相当しんどい。

正直な人だよほんと。

倉子いないし、大倉くんパートは抜けるし。

その状態で最高で最高と歌うんだ。やるせないというしかない。

それでも彼らは

すばるくんのMCがまた、ぐぐっと胸に迫ったり、笑わせてくれたり、もうぐっちゃぐちゃに心をかき乱してくれるんです。

少し、わかりにくいところもあるんだけど、特に印象的だった言葉をあげるなら。

「大きく広く、ずぶとく」

勝手な解釈なんですが、この言葉は彼が自分に言い聞かせている言葉だったのかもなあと。

大倉くんの不在は実際あまりに大きくて、どうしようもなく不安で心細い自分たちだけど、そのままお客さんに返したら申し訳ないから、それを補いたい気持ちでいっぱいで、理性と感情のはざまで、彼こそぐっちゃぐちゃだったに違いない。

彼のことだから、ごめんなさいを言いたくなかったんじゃないかな。

謝ったら負けだと、謝るようなステージをしたら大倉に申し訳が立たないと、勝手に意地張ってたんじゃないだろうか。

もう一人のサムライスピリッツな錦戸くんも、最後まで崩れることなく気丈だったし。

「こんな俺らだけどついてきてください」

逃げも隠れもしない、ありのままを見せていきたい、そういう気持ちも、このディスクにこめられているのかなと思いました。

だれも望まない形ではあったけれど、彼らの生々しいあの日の姿を見届けることができました。

(相変わらず売り方や構成には疑問符しかないけれども。それは今はまるっとどかっとよそに置いといて。)

そこにいないことで、誰もがずっとずっと大倉くんのことを思っていた、あの日の記録。

いっしょに泣くことも、悪くないと思えました。

そして最後にはやっぱり笑わせてもらえました。

あの最悪の事態を、無理にでも明るく笑い飛ばすことこそ、「身内」の彼らにしかできない大きな仕事だったと思う。

まだ傷の癒えない大倉担の方々も、いつか見られる日が来ますように。

さ!MC集は楽しいだろうし、テレビも大忙しですよ!

すぐにリアルで元気な大倉くんを拝めます!!

もうすべては終わったことだというのを忘れず、みんな、熱い夏に向かっていきましょう!