読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

《訂正版》【罪と夏】歌詞とパート割

シングル-罪と夏

どうも、みはるです。

6/15放送のザ少年倶楽部プレミアムにて、罪と夏が初放送され、同時に歌詞も公開されました。

それに伴い、先日の自分の記事で間違いのあった箇所を訂正してまとめておきます。

今回、実際にオンエアを確認してみて、ハモリ職人山田が、実に職人らしい仕事をしていると実感。サビではハモリに専念し、途中で抜けてまた最後に舞い戻ってくる形です。

大倉くんも常に低音響かせてくれてるし。ありがたや~ありがたや~。(元気LIVEを見た後なのでありがたみが倍増)

歌詞なんてCD発売になればわかるし、完全に自己満の世界なんですが、予想と合ってたところもあれば、だいぶ違ってたところもあっておかしかったので、ひと思いに別記事にしました。笑

ただ、初めての仕事でどう書いたらいいかわからなくて、途中フォントのずれが生じていると思いますが、フィーリングで読み取ってください。見にくくてすみません。

【追記】 ↓フルバージョンの歌詞はこちら。

罪と夏(歌詞とパート割)

作詞:高木誠司 作曲:Dr.Dalmatian

(作詞作曲のお名前に、ご本人のオフィシャルサイトへのリンクを貼ってあります。作曲のDr.Dalmatianは、作詞の高木誠司さんを含むお二人のユニットのようです。)

(渋・倉・錦・他)
来たぜ夏!来たれ SUN SUN水着ーナ!
さあさギラギラ燃え燃えよ (Yeah!)
上げろハイ! (Hi!)
ほっぽりだせ ロウ(Boo!)
夏はハートもヒートだ
(全員)
熱っちゃちゃちゃちゃ☆

(渋・横)
ほら見つけた愛のビーナス
焦げるような恋をした
波寄せて湿る心淡い鼓動

(丸・村・安)
濡れた髪 キラ光る雫
はしゃぎ声が呼ぶ渚
君が微笑みかける

(錦・倉)
「…誘ってんじゃね?」(Fuh!)
やんちゃユアボディ(Fuh!Fuh!)
どうせならばビーチに踏み出せ

(安・倉)
高気圧プリーズ!(Fuh!)
ドキリと胸鳴らせ!(Yeah!)

(全員)
真夏の俺らは罪罪罪なのさ

(渋)     (丸) (安)
マジだぜ君は (君は)(君は)
(全員)
「思い出」じゃなくて「好き」になって
(丸・安 以外)
何度も何度も心を吹き抜ける
(全員)
キスマーク飛ばす南風

(全員) (丸) (安)
今、君の (君の)(君の)
(全員)
八月の全てくれないか
(丸・安 以外)
波の隙間おぼろな夢を見て
(全員)
踏み越えたハートの防波堤

(全員)(丸・安)
陽炎  (陽炎)
(全員)(丸・安)
燃えろ (燃えろ)
(丸・安 以外)  (全員)
一夜限りの過ちでも …ほら夏だしさ

(村・丸・横・安)
運命サンセット
これぞ一夏の恋

(倉・渋・錦)
プレイバック!
騒げ SUN SUN サマーディーバ!
さあさ今こそ燃え燃えよ
(倉・渋・錦)(村・丸・横・安)
say アモーレ!(アモーレ!)
(倉・渋・錦)     (村・丸・横・安)
say パーティーガール ! (パーティーガール!)
(全員)
さあ、みんながみんな真夏にゾッコン☆

(渋)    (丸) (安)
マジだぜ君は (君は)(君は)
(全員)
「思い出」じゃなくて「好き」になってよ
(丸・安 以外)
何度も何度も心を吹き抜ける
(全員)
キスマーク飛ばす南風

(全員) (丸) (安)
今君の (君の)(君の)
(全員)
八月の全てくれないか
(丸・安 以外)
波の隙間手を振る蜃気楼
(全員)
踏み越えろハートの防波堤

(全員)   (丸・安)
サマーガール (サマーガール)
(全員)(丸・安)
君が  (君が)
(丸・安 以外)
一夜限りの幻でも 
(全員)
手を放すなよ?

(全員)
夏の俺らはほら罪なのさ

(全員)
N・A・T・S・U-K・O・I 夏恋!
ガンガン強炭酸
ハートがビートの夏!

【追記】6/17放送のМステでは「「思い出」じゃなくて「好き」になって」と字幕が出ていましたが、私の耳はどうしてもそう聞こえないので、元のままにしてます…が、自信ないです。

【さらに追記】6/22放送の解禁MVても「好きになってよ」になってたので、とりあえずこちらに合わせました。…でも聞こえないけどなぁ…。

一人反省会

全体的に、そこそこパートの聞き取りはできてたと思うけど、「運命サンセット」はまさか4人も入ってるとは思わなかったなあ。イメージとは違ったけど、ボリュームあっていい。

ちなみに「ほら夏だしさ」は丸山くんだけ「さ」から入ってたけど、あれは丸山くんが遅れたと勝手に判断しちゃいました。ヤスくんを信じた、ごめん!

歌詞については、訂正前に日本語があやしいと思っていた「動悸と胸鳴らせ」がやっぱり違ってて、「ドキリと胸鳴らせ」でしたが、ニアミス。「淡い鼓動」も違和感あったけど、それはそのままでよかったのね。

そしていちばんの驚きは、最初、私が「きょがさん」と聞こえていたところが「強炭酸」だったところ。強炭酸。文字見なきゃわからんて。

フー!とかワッショイ!とかのガヤ要素のパートはめんどくさくなって書きませんでした。仕事が雑ですみません。

ていうか、10分そこそこで終わると思ってた作業が予想以上に難航して1時間たってます。いかんいかん。

でもけっこうおもしろかったので、需要はないかもだけど自己満記事として残しておきまーす。それでは。

その後フルバージョンはこちら↓