まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

おっさんずラブの「悪いところ10個」

こんにちは。第3話から「おっさんずラブ」にハマって、1話からコンプリートしたみはるです。

ってこのドラマ全7話で終わりってどこかで見たんだけどほんとに? え、え、えええ?! じゃああと3回? 3回しかはるたんと牧を見られないの?

好きになった途端バンドに解散されたような気分ですが、好きな気持ちは変わりません。

だって牧が、牧がーーーー!!!(語彙)

あらすじ

「おっさんずラブ」は主人公の不動産会社員、はるたんこと春田創一(田中圭)を巡って、やり手部長黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、春田とルームシェアしている同僚のエリート社員牧凌太(林遣都)が三角関係になりすったもんだするお話です。

と思ってたら、第4話で主任の武川政宗が牧の元カレだったことが判明し、事態はますますカオスに。さらにははるたんの幼なじみのちず(内田理央)まで春田といい雰囲気になっちゃった?!、と思ったらはるたんが半裸で牧をバックハグしてるところに遭遇!という…

一言で言うと、とっても上質なラブコメです。

えっ?伝わらない?(笑)

ちなみにここまでの登場人物5人中4人が同じオフィスで働いてます。そんだけ状況はドロドロなのに、毎回間違いなく笑えます。場合によっちゃ切なくなります。いっそがしいドラマです。

キャッチコピーは、

「ある日、僕は部長に告白された」

そのまんますぎてこわい。

私は牧推し

私は牧にハマってます。

牧のよさって、裏があるところなんですよ。

紳士そうに見えて、強引だったり。

平然と見えて、相当堪え忍んでたり。

というわけで、個人的ベストシーンを紹介します。

嫌いなところ10個

かの有名な、第2話の名シーンです。

本社屋上で、はるたん(部長はひそかに春田をこう呼んでいる)を呼び出して手作り弁当をふるまう部長に、牧が対峙する場面です。

登場早々、牧、部長へいきなりの先制攻撃。

「春田さんから手を引いてください」

「手作り弁当なんて重いに決まってるじゃないですか」

そして春田の腕をぎゅっとつかんで引き寄せてからの堂々たる宣戦布告。

「部長に春田さんは守れません」

「俺は、春田さんが好きです。たとえ相手が部長でも、絶対に渡しません」

そこで「男子校のノリ」と、かつての壁ドンからのキスをはぐらかされたことを思い出したはるたん。「うぉいっ!」「うぉいーっ!」と懸命につっこんだあげく、牧に「うるっさいな!」と怒鳴られるはるたん。

牧は部長に言い放ちます。

「毎日飯作って、春田さんの胃袋支えてるのは俺です」

「俺はよぉ!春田と10年以上いっしょにはたらいてんだよ!!」

「だから?!大事なのは長さより深さですよね」

「今の春田作ったのは俺なんだよ!!」

「じゃあお前、はるたんのいいところ10個言えんのかよ」

ここに牧はかぶせ気味に、

「春田さんの悪いところ10個言えますか!」

このときの牧の目がすごい。白目までかっと見開いて、完全に上から来る。「えーっ」と簡単にひるむ部長、劣勢!がんばれ!

「えーっとぉ、えー、かわいすぎるぅ、存在が罪、ピュアぁ、えー、かわいすぎる」

部長、あなたがかわいすぎる…。

しかし、くだらぬわハッハッハと悪魔のようにあざ笑う牧、容赦なくカットイン。おもいきり振りかぶってから頭の上に高々と手を挙げて指折り数えます。目が怖い。

「優柔不断、朝不機嫌、服脱ぎっぱなし、好き嫌い多い、靴そろえない、皿洗いしない、ちょっとそれ一口ちょうだい、改札でひっかかる、方向音痴、うつ伏せで寝るぅ!!

ちょっと最後のそれ!!

フォントをおっきくしないと申し訳たたない大迫力で目をむいた牧の、とどめの一発感ある「うつ伏せで寝る」ですが、そんなに悪いことかなそれ?!

もう何回見ても笑えます。

にしても、いいところ10個など児戯に過ぎぬ、悪いところ10個言えてからが本物よ、と喝破してる牧はすごい。

しかも列挙するポイントの生活感。俺は会社では見せない春田さんの日常まですべて知ってるんですその上で好きなんですマウンティングも完璧。こわい男だよ牧…。

そのあと「おっさん!」 「おっさんとか関係ねえ!!」と子供の喧嘩並のもみあいが始まるんですけど。(最終的に仲良くなるフラグ)

そのあとキーンコーンカーンコーンと始業チャイムがなるんですね。腕時計を見る部長。

「13時だ。仕事に戻るぞ!」

いきなりのダンディボイス。さっきまで声ひっくり返して押し合いへし合いしてたのに、この切り替えの早さ。やたらかっこいい。

「そうですね!!」

と荒々しく返す牧。そこはやっぱりエリートなんで。二人はさっそうと仕事に戻ります。仕事は仕事。恋は恋。ああかっこいい。(牧はたぶん無駄に本社に来てるけど)

そしてあわてて弁当を片づける情けないモテ男はるたん。

大人の本気って

はい、この一連のとめどないテンションの高さ、伝わりました?!

すごいのは、牧なんですよ。第一話で勢いではるたんにキスしちゃってるんですけど、翌日にはなかったことにしようとしてるんですよね。

その演技にはるたんはまんまと乗っかって「マジで出て行ってもらおうと思った」「男同士でキスなんてマジありえねえから」とさんざん暴言を吐いてるのはひどすぎるし、その言葉を受け止める牧が死ぬほど痛々しいんですけど。ああ、あそこも名シーン…。

だから、一度はあきらめようと、鉄の理性を呼び戻したはずの牧が、部長への嫉妬で簡単に理性のタガがはずれてしまう。盛大に吹っ飛んだタガ。

こんな激しい思いを秘めてたのね牧…。

部長も牧も、終始みっともないまでの大声と形相なんで、ここ全部笑うとこなんですが、でもそのなりふりかまわないようすが、二人の熱さをぐいぐい見せてくれるんです。

うん、大人の本気って滑稽だよね…。

見てる方は泣き笑いです。

にしてもこんなイケメンとダンディ二人に言い寄られるはるたんのなさけなさよ…。

いかん、このワンシーンだけで書く方もかなり消耗してしまいました。個人的ベストシーンなり個人的考察なりはまだあるのですけど、いったんここであげます。

最後に

ある程度ストーリーを知ってから見ても、楽しめること間違いなしです!伏線がしっかりしてるので、ストーリーを知ってから最初の方を見てもよりいっそう楽しめます!

牧も部長も、表情で語る名演技満載なんで!むしろリピート必須です!

では!