まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

A-Studio 鶴瓶さんと関ジャニ∞7人のトーク

関ジャニ∞をゲストに迎えた8/18のA-Studio。7人全員が並んだところで思ったのは、

豪、華…!!

7人が画面内にそろうのは、けしてないことじゃないんですけど。ジャニ勉とか…ジャニ勉くらいか。あとはクロニクルでときどき?

冠番組でさえ全員が揃う保証がない今、ゲストとして全員がそろったときの豪華さはハンパなかった…!

期待通りのよさだったので、心に残ったとこを抜粋して覚え書きしときます。

写真出ずっぱりの村上くん

今まで錦戸くん、大倉くん、ヤスくん、丸ちゃんがゲストで出たときに必ず取材を受けている村上くん。

村上は写真取材専門、といじられてましたが、その写真がどれもよくって…!!

A-Studioの写真はいつも絶品なんですけど、どれも村上くんの笑いじわでいっぱいの笑顔で最高でした。

あの笑顔が見られると幸せになれるなあ。

そして鶴瓶さんがイチローとベッキーと飲んでいるところに乱入したという大倉くん村上くん。すごいメンバーだな…。

そして鶴瓶師匠のスマホのロックを解除する2人、いたずらっ子!(笑)

鶴瓶師匠の全曲自筆メモ

鶴瓶さんの全曲試聴メモ、あれすごくないですか…。全部手書きで…。レポート用紙5枚ありました。

一個一個、バラードとか、グループとか、メモしてあって。星と二重丸の記号もありましたね。どういう意味なんだろう。それぞれメモがある時点で、ちゃんと1曲1曲聞いてるのがわかる。いやすごいですこれ。

「英語うまいっすねえ〜!」

丸ちゃんが変なとこ感動してた。とってつけた感(笑)。そのあと手を口元に当ててるのが、むやみに上品。

そして鶴瓶師匠、ヤスくんの「Never Say Never」について、

「おまえの作った、あれ、スーパーマンのやつか」

と致命的ミス(笑)。その直後、当のヤスくんより早く、

「スパイダーマン」

とツッコんだのは横山くん。いつもながら冷静かつ電光石火。

「最初のアルバムからずーっと聴いたらだんだんプロになっていく雰囲気がわかんねん」

さっきのメモがあるからこそ、重みのある鶴瓶師匠の言葉でした。

丸ちゃんへのダメ出し

そしてサタプラのMCをしてる丸ちゃんについて。ここも他局なんですけどね。

「まさか朝やると思ってなかったので。朝向きじゃないと思ってたので」

番組初期に一発ギャグをやってた話になって、

「そしたらえらいさんがじきじきに『あの最後のにゃーってのは何。あれちょっとやめた方がいいかな』って。いろんな方にアドバイスいただいて」

「警告やそれは」

丸ちゃんのおっとり丁寧な話を、間髪入れずツッコんで回収してくれる村上くん。安、心、感…!

杉ちゃんのメンバー評

関西テレビのスタッフ杉浦さんに取材したという鶴瓶さん。沸き立つメンバー。

「局の垣根越えたわ」

と横山くん。

年末は毎年多忙で、ジャニ勉3本収録して東京に帰らなければならないため、5分の中にじゃんけん大会、中締めまで凝縮させた忘年会をするという話。

そして杉ちゃんによるメンバー評。まずはヤスくんについて、

「安は愛やと、愛の人やって」

ここで杉浦さんの写真。

「こういう表情でしゃべってくれてたんやってめっちゃ伝わってきますもんね」

そうそう、いい写真なんだよねえ。大きく手を広げて語るサバンナ高橋くんもよかった。

「村上は万能の『万』やって。『万』と『金(かね)』やって」

そのあとに言う村上くんの言葉が男前。

「この人にはそこそこ使ってますからね俺も。使ってもうてますし、お返ししなきゃと思って」

みなさん聞きました?村上くんにとって金は「人に使うもの」。村上くんって、自分のものには頓着せず、人にお金を使ってるイメージが私はあります。スタアよね。

「横は『自由』やって言ってたな。で錦戸は『男』かな」

なんやねん男って、と聞かれた錦戸くん。

「いや俺も知らんですよ」

即キレ気味対応の錦戸くん(笑)。もちろん笑いながらだけど、その瞬発力が彼らしい。

「大倉は『大きい』って」

「見た目や」

大倉くん微妙な表情だけどコメント冴えてます。すかさず村上くんがフォロー。

「豪快やいうことや」

「丸は…忘れたな。すばる、なんやったかな」

ナチュラルに忘れている鶴瓶師匠(笑)。わかります〜。7人は多いから!

丸ちゃんすばるくんについては、テロップでフォローしてくれてました。

渋谷…研ぎ澄まされたセンスの男
丸山…毎回手土産をくれる繊細な男

すばるくんは歌関係のことかと思ってましたけど、センスできたか。トーク時のひらめきは抜群ですもんね。

丸ちゃん…手みやげキタ(笑)。きっと長いおつきあいでも、ずっと手みやげを忘れないんですよね。それはけして普通じゃない。しかも繊細。わかる(笑)。

すばるくんのA-Studioゲストもぜひ、というところで横山くん。

「家族べーさんと会ったらやっぱめちゃくちゃ喜ぶよ。今だに弟、写真宝物にしてますもんね」

ここ、熱こもってましたね。家族を喜ばせることができた誇らしさを感じました。

バンド練習について

このベースこれにしようか、ってぱっぱっとできるのかという鶴瓶さんに対して丸ちゃん、

「ぱっぱっとはできないから、めっちゃ練習します。ぱっぱっとはできないから、めっちゃ練習するんですよ」

「2回言うた」

ここも横さん早かった!!大倉くんもほぼ追いついてるよ!なんてハイレベル!(笑)このスピード感大好きです。

丸ちゃんの言葉に共感して、

「わかる、わかるな…もうここがすぐできるから、すばる含めてこの4人が」

すばるくん、ヤスくん、大倉くん、錦戸くんを示す村上くん。

「練習してます」

「練習してます」

「コソ練やな」

うなずく大倉くん。

各自家で練習しているという4人。

「黙々と繰り返し黙ってやる」

「孤独な作業ですよねああいうのって」

ライブではダンスとバンドのリハが別々にあるという話。ダンスしてからバンドのときはやばいと。くたくたになって全部忘れると(笑)。

そうだよな、テレビに映らないところで何倍もの努力をしてるんだよな。すごい人たちです。全部のグループがそういうことしてるわけじゃないし。

この辺、すばるくんのトークがキレッキレで最高でした。センスがすごいですほんと。

鶴瓶師匠のお言葉

「関ジャニ∞もですね、俺たちにもう明日はないという気持ちで自分たちで這い上がってきたんですよ。僕も古田新太もアングラからスタートして今があるんですけども、まさか関西弁のジャニーズが、30年前にここまでくるとは本当に思わなかったし、これはすごいなと思うし、このまま自分たちのやりたいように暴れて欲しいなとは思いますね」

ああ、と。

僕も古田新太もアングラからスタートして、の部分。

けして王道ではないところからスタートして、こうして表舞台に堂々と立てるようになった関ジャニ∞に、自分たちの過去も重ねて見ていてくれてるんだなと。それで古田さんもあんなにあたたかく見守ってくれてるんだなと納得。

関西弁のアイドル。確かにかつてはありえなかった存在です。時間をかけて前人未到の道を切り開いた関ジャニ∞。

その言葉を聞いているメンバーの表情もとてもよかったです。

青春のすべて

歌、見事でした。

ときおりヤスくんの縮れ麺とすばるくんのボンタンが気になって仕方なかったですが、そこを振っ切るくらいにいい歌でした。(ボンタンって死語ですかね、すみません)

落ちサビのヤスくんのソロや、高音の大倉くん錦戸くんを聞いて、札幌の記憶をじんわり思い出したりして。

曲終わりに錦戸くんが、丸ちゃんを見ながら「ぱ、ぱーん」と口ずさんでリズムを取っていたのも微笑ましかった。好きなんだろうなぁ。

アルバムの曲をこうして歌わせてもらえるってほんとにありがたいです。

しかも演奏には関ジャムでおなじみの本間昭光さんや林部直樹さん。その演奏について、スタッフロールのあとでまたトークが入ったのも驚きでした。

いろいろとスペシャルだったA-Studio。熱いわ…。

最後に

以上、かなりはしょったつもりでしたがだいぶ長くなりました。

鶴瓶さんの引き出し方が本当に自然で上手で、短い時間でもメンバーそれぞれの「らしさ」が出ててとても楽しかったです。

よくある、一般的イメージに当てはめるような安易さが感じられなかったのが嬉しい。(どの番組とくらべてるかは言わないけど!)取材がしっかりしてるからなんだろうな。

最初から最後まで安心して見ていられたし、メンバー同士のトークのテンポ感も最高でした。

あー楽しかった!

ではこれにて!