まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【FNS歌謡祭】誉れ高き男たち

誉れだ…。

見ましたあの顔?堂々たるプレイ、誇らしい表情。

はああああ泣ける!!

去年は侍唄を歌わせてもらえずに(被害妄想)、前向きやってズッコケで地べたを転がってた人たちですよ。飛天の間でゴロンゴロン!(それはそれで唯一無二で楽しかったけども)

しかし今回は文句なくかっこよかった!!一夜明けてもまだかっこよさで悶えるって何事!!

グランドプリンス新高輪は飛天の間に降り立った男前7人、真正面からガッチリ爪痕残しました。そして私のポエマースイッチもガッチリ入りました!(笑)

というわけで、今回はただのポエマー実況です。理屈もへったくれもありません。ただただ書き残しておきたいだけです。

NOROSHI

CM明け、まずは生田斗真くん主演の「土竜の唄 香港狂騒曲」の紹介からスタート。仲里依紗さん、岩城滉一さんも並んで力の入った宣伝。

そして大倉くんからのショットで始まった「NOROSHI」。

衣装はスーツ。でもRの法則とは違って、シックというよりは派手。土竜の唄の世界観に合わせて、黒と紫ベースに、赤やヒョウ柄が効いた、明らかな非カタギスーツ着用。錦戸くんヤスくんもキングオブ男仕様で気合いのオールバック。丸ちゃんはふわポムパーマ。

「NOROSHI」をテレビで見るのは4回目。すでにシングルも発売して繰り返し聞いているのにやっぱり胸が騒ぐ。

丸ちゃんのベースライン。大好きな指がやさしく力強く弦を押さえる大好きなイントロ。回を重ねるごとに力みが抜けているのがわかる。

ヤスくんギターに大倉くんのドラム、そしてフロントでは錦戸くんが前のめりでギターをつまびき、すばるくんは下手側メンバーを向いて手を打ち鳴らし、そこから意を決しての、

「う~~~、ハッ!!」

助けて。文字だと毎回情けないけどここめっちゃかっこいいのよ、見た人わかるでしょう?わかってお願い。

いつにもまして力強いすばるくん。凝縮した気を一瞬で放つ錦戸くん。

ヤスくんから斗真くんのきれいなお顔。大きな目でリズムに乗りながら見てくれている。

横山くんの真剣なトランペット、クールビューティー大倉くんを経て、村上くんの指先が軽やかに動くところまで映る。

迷わず選べ同調

吐き捨てるようにすばるくん。今日も無頼な色気冴えわたる。このフラットで重みがある前髪、そこからのぞく目力、超好き。

“右向け右”でOK

錦戸くん、得意の右眉が上がる。うちの自慢のツインボーカル、ここに見参!

口癖の様に“Yes” 争いなら“Oh,No”

ピック持ったまま中指で挑発するすばるくん、後ろで大倉くん一瞬のカメラ目線、からのヤスくんのハモ。

世渡り上手いね、メンズ?

こ、こ、の、錦戸くんよ!!!

全身像からギュインとカメラが寄って、お得意の右眉また上げて見下すような目つき、からの苦み走った表情。こんなコッテコテの表情してハマる人いますかね?!長いまつげが影を生んでさらに長い!!苦しい。もはや苦しい。その右眉に私はなりたい。

そして一瞬の丸ちゃんの「ハッ」を挟んで、

視線 狙う孤独 問いかけるサイレンス

全員。前後に揺れる丸ちゃん。大倉くんを確認して満足げに微笑むヤスくん。

「貴女はどっちに付くの?」

貴重な大倉くんパート。マイクに顔を向けて、横目でドラム叩く大倉くんはあくまでクール。

他人を叩く他人 隙あらばマウンティング

村上くんと横山くんの声が際立つパート。力強く。

「それであなたはどこにいるの?」

大きく口を開いて歌うすばるくん。なりふり構わず吐くように歌いきる彼のスタイル。

そこからは一気呵成。

NOROSHI 眠れる獅子を起こせ
生き様は己の心一つ
両手に止まない風受けて 足跡のない夢を行け

ハモった後の丸ちゃんがベースに視線を戻す短い動作が好き。

NOROSHI高々とぶち上げろ

斗真くん、ちゃんと歌詞を口ずさんでくれてる。

そこからは己の心一つ
全身全霊、前進、誇り高く(踊れ踊れ、唄え唄え)

ここでフロントのすばるくん錦戸くんが歌い上げる、その間を抜いて髪を振り乱しながらドラムをたたく大倉くんの3ショット最高。

丸山くんも鋭い目線を向けてからベースに目を戻す。(繰り返すけどこれたまんない)

行くべき道は そう、君の踏みだした先にある

錦戸くん、一瞬すばるくんに視線をやる。クールなのに色っぽい。すばるくん関せず歌い上げる。こういうところがね、またよくてね!!

君、行けばこそ道は開く!

ヤスくんのショットはいつも真正面で美しい。凄みのすばるくん、眉間にしわ寄せる錦戸くん、ああなんて忙しい!!

このあとまた斗真くんが映るんだけどほんとにいいお顔!!きれいなのに、目に喜びや意欲がみなぎっててすっごく男らしい。自信と信頼に満ちた晴れやかな顔。ジュニア時代からいっしょだった仲間、というすばるくんの話を思い出しても熱くなる。

(リズム感もいいのね、斗真くん。手と膝で細かくリズムを取りながら全身でノってるのがすごくサマになってる。仲里依紗さんもノリノリ。一方これ生で聴いても石のごとき人は呪いを早く解いてあげたい。アーメン)(にしても○ンジャッ○ュの人キョロキョロしすぎ笑)

そして丸ちゃんがスラップで殺しにくる。

ベース下からのなめあげるようなショット。長いネックが長い腕、長身に映える。大倉くん方向に顔を向けて最後の合わせに向かい、大倉くんはあくまで表情を崩さず、全員で最後の一音を決める。

It's so cooooooool!!!!!

だれか助けて。ほとんど全部細かく書いてしまったイカれてる私を助けて(笑)

斗真くんが両こぶしをあげて体で賛辞を送ってくれる。いいお顔。(くどい)

いのっちも頭の上で大きく手を叩いてくれて、長野くんも喝采をくれる。

はああああ誉れ高き男たちよ!!

キングオブ男!

NOROSHIが終わって速攻マイクを手に取った村上くん、前に出てきて、

「本日もう一曲聞いていただきたいと思います。よろしくお願いします!」

楽器の前に出てくる7人。背中を向けて横に並ぶ。すばるくんがヤスくんの肩を軽く押さえてから位置に着く。(このとき何か言ったのかな、このあと二人ともニヤニヤしてる)

そしておなじみの太鼓、ドドン。

何度見てきただろう、この背中。だけど今回ほど誇らしく感じたことはない。

NOROSHIからのキングオブ男。この熱く脈打つような流れがこんなに興奮をかきたてるものだったなんて。シリーズものの映画主題歌を2作連続でやれた実績、歴史がここで炸裂した。

「ハッ!!」

こんなに気勢が似合うアイドルほかにいるか。そうだよいないよわかってて聞いてるよ。

大倉くんの立ち姿が美しい。

轟く太鼓の音とともに振り返ると、錦戸くんはじめメンバーの多くがやたら笑っている。

そしていつものターン。ジャケットのすそが翻る。彼らのあのターンがものすごく好きだと今さら気づく。

特に丸ちゃんの大きいターン。そこからの手足を横に駆けるような動き。ギラつく丸ちゃんの目線。もうスイッチ入ってる丸ちゃん。

このあと丸ちゃん横山くんが斗真くんを迎えに行くんだけど、その後ろで前に出てくる大倉くん、いつもの得意の歩き方なんだけど、とにかくスタイルのよさが際立つ。衝撃的に頭小さい。ああスタイリッシュ大倉!(褒めてます)

斗真くんを迎えに行く丸ちゃんだいぶ腰が低い。岩城滉一さん方面に会釈。斗真くんが登壇した後にも全体に会釈。やはり腰が低い。

斗真くんの手を引いてステージに駆け上がる横山さん。王子様か。

そして斗真くんを交えてのパフォーマンス。ついに大倉くんの顔に笑みが宿る。

すばるくんと斗真くんのツーショット。目を合わせないところが逆に熱い。

ヤスくんもだけど、特に錦戸くんの笑いが止まらない。丸ちゃんも横山くんも踊る斗真くんを見て笑ってる。いっしょに踊れる嬉しさ大爆発。見ている私も幸せ大爆発。

ここでうちのだんなさんが

「あれ、関ジャニの中に一人イケメンがいる」

とおかしげなことを言い出したので、

「違う。関ジャニ∞の中に入っても遜色ないイケメンがいる、が正しい」

とすかさず訂正しておく。(ちなみにNOROSHIはだんなさんにも好評)

確かに斗真くん、なじみすぎてる。全然違和感ないのは私だけ?ダンスは、すばさんよりキレが(笑)

そして最後、みんなが斗真くんを手で示してアピールする中、わざと斗真くんの前に立つ横山くん。予定調和に耐えられなかったか(笑)。笑顔で横山くんを押しのける寄せる斗真くん。仲良しさん(笑)

男前とサービス精神の両立

FNSは、ラグジュアリーな大人の夜、というのがコンセプトの一つだと思うのですが、今回のエイトのパフォーマンス、うまくそこに合っていたと思います。

「NOROSHI」ではストイックな男らしさを、「キングオブ男!」では斗真くんを巻き込んでの遊び心を見せて、特別感がありながら関ジャニ∞らしさが出せた、とてもバランスのいい演出だったんじゃないかと。

よかった…よかったよ…!!

積年の鬱屈が晴らされて(大げさ)、もはや痛快の領域。

ベスアと違って目の前が一般客じゃなくて、けしてやりやすい環境じゃなかっただろうに、よくぞやりきった。

あとはМステスーパーライブまでしばらくお預けだけど、そのくらいの方が心臓に負担がかからなくていいかもしれない。

と思ったらツアーがあったー!

どうしよう、私、年末年始は抜け殻でしかない気がする。

旅の支度もしなきゃ…みなさんそれではお元気で…。

ぷしゅー…。