読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【ベストアーティスト2016 】NOROSHI初披露に見るあれこれ

有料コンテンツがまた一つ解放されました…。

かっこいいの大盤振る舞いが始まってしまった…Yeah!!ハッピーニューイヤー!!!(早すぎ)

そんな、とにかく何か新しい流れを感じて、それを全力で言祝ぎたい気持ちです。

鳥肌が立ったベストアーティスト2016。

にしても、お通夜モードだった去年にくらべると、こんなハッピーモードの中でやれる今年の両極端さったらなかった。でも今年のジャニーズ話題で久しぶりに明るいニュースだったね、長野くんのご結婚。

おめでとう長野くん。ありがとう長野くん。

がむしゃら行進曲

久しぶりに鬼の手を施した丸ちゃんぬ~べ~の、

「悪霊退散!」

から始まった「がむしゃら行進曲」。このために時間かけて鬼の手作ったのかなあ!

衣装は元気LIVE冒頭で使用したもの。いつものにぎやかさだけど、明るい発色でちゃんとメンバーカラーもわかる優秀なお衣装です。

それにしても、主演、主題歌を担当したドラマがあるって強いなと思った。ありがとうぬ~べ~ありがとう丸ちゃん。

がむしゃらは大好きな歌なので、これから何回やってもいいです。このまま、ポスト無責任、ポストズッコケになったらいいな〜。

それにしてもこのどセンターで振りがあやしい丸ちゃん。それを見守って笑う両サイドのヤスくん錦戸くんの微笑ましさ。

この曲、だいたいがむしゃら組とスマート組に分かれますよね。

丸ちゃんはこの曲ではたいがい全力のがむしゃらダンスを担当してるけど、意外に同じがむしゃら組だった横山くんが心強かったです。横山くんのダンスって真面目で不器用そうなところが好き。

和装で肌見せ解禁

その後、TOKIOの「宙船」「愛!wanna be with you」を経て、いいじゃんTOKIO~なんてのほほんとしてたら、突然の和装テロ!!

うわああああ!!

テレビ見ながら本気で叫ぶって久々でした。ちょうど一人だったこともあって抑えがきかず。

そして、「今回も素敵な衣装ですけれど、ずばりポイントは」と聞かれた銀髪ヒャッハーなヤスくん、(ちなみにここ、「今回も」に疑問を感じたファンは多かろう。今回のすごさをまっっったくわかってないな!!)

「和装で肌見せなんでしょうねえ!!」

と力強いわりに自信があるんだかどうだかわからない回答。着せられてる感満載。ここ何度見てもウケます。ヤスくんパワーある。

それに対して、向かって右の丸ちゃんはヤスくんの素肌の胸をアピール、左の錦戸くんはヤスくんの言葉ににこりともせず「うむ」とうなずく、なんとも言えない連帯感。この3人なんなんだ(笑)

でもその辺は今だから言えることで、リアタイ時はちょっと和装への興奮いかんともしがたく、久々にTwitterのTL開きました。

そしたら、みんな叫んでた。私だけじゃなかった!(笑)

こういうとき感情を共有できるツールとしてTwitterありがたいですねー。

それでホッとしつつ、でも完全に興奮生殺し状態で気もそぞろにいきものがかりを見送り、おめでたいV6祝賀タイムでまた和装エイトの出現にワナワナし、リアタイ視聴の待つつらさにモガモガしていたところに、ついにエイトの番になりました。

それにしてもエイト、新曲、新衣装ともにかなり番組を引っ張る要素に使われてましたよね。期待されてるんだなと思うと嬉しい。しかもコント要員じゃなくて、真っ向勝負で来たからね!!ああああ嬉しい!!

曲前トーク

すばるくんが「2016年どんな年でしたか」と聞かれ、

「(夏のリサイタルを経て、これから冬のドームツアーを控え)一年を通して非常に音楽活動が多い年だったなと思います」

としごく真っ当なコメント。

そのあとメンバーはステージに向かうのだけど、女性アナが応援メッセージを紹介しようとするのをぶった切って、目を合わせた丸ちゃんを引き寄せる櫻井くん。

「マル、マル、一言言っとこうマル、な」

にやっと笑って無言で肩をひとたたきして先に行く横山くん。

「今年も呼んでいただけてうれしいです、ありがとうございます!」

でもそのときカメラはステージに向かうメンバーを撮ってるから、丸ちゃんから遠かったんですよね。すぐにカメラ位置に気づいて顔を向けた丸ちゃんだったけど。

「カメラ遠かったなごめんごめん俺が悪かった」

と恐縮しながら急いで丸ちゃんを送り出す櫻井くん。背中を押されながらも振りむいて、

「櫻井くん、今年も愛してるよ」

と言いながら去る丸ちゃん。確かに去年そう言ってたな。一年越しの愛の告白だ(笑) そしたら、

「愛してるよ」

とちゃんと返してくれる櫻井くん(笑)

段取りをさておいて丸ちゃんを放り込んでくれた櫻井くんと、櫻井くんを恐縮させたままにはしておけない丸ちゃんとの、とても仲睦まじいシーンでした。

櫻井くん、段取り重視のパーフェクトヒューマンなイメージだったから、こういう熱い対応を見せてくれてとても嬉しかった。そのあとのステージを見守る視線や、視聴者メールを受けての、

「笑顔をたくさん届けてくれるメンバーのみなさんです」

という紹介にも愛を感じました。今年はほんといいベストアーティストだったね。っていやいや、ここからが本番。

「NOROSHI」初披露

わかっていた、わかっていたけど、しょっぱなのベースにこれほど破壊力あったとは…。

重い前髪で視線を隠し、二の腕から露わになった腕の先でベースをかきならす最強丸ちゃん降臨…!!!

下からのこのお約束の、首筋の動きがよく見えるアングルも文句なし。

解放されてしまった…このお宝丸ちゃんがついに地上波で解放されてしまった…。

ベース位置また低くなりましたね!いいと思います!技術習得の山を越えたっていうことかな。本人が満足に弾けるならかっこいいに越したことない!!(参考までに→丸山くんのベース位置を比較する - まるごと∞まんまるスマイル

そして村上くんのキーボード、ヤスくんのギター、錦戸くんのギターが入り、大倉くんのドラミングがクローズアップされ、そのときフロントマン渋谷すばるは高く上げた両手を打ち鳴らしすでにオーディエンスを煽りに入ってる。横山くんのトランペットが鳴り響くのを合図に、

「うーーーっ、ハッ!!」

違う!この「ハッ」が最高にかっこよかったのに、文字じゃ全然伝わらなすぎるーー!!!

でもすばるさんと錦戸くんの、タイプの違う声が、こんなに「ハッ」に映えるなんて…!!

一気にボルテージが上がりました。ぞくぞくした。身震いした。

この感じは、私がJUKE BOXをDVDで初めて見たときの興奮と同じでした。こういうとき、私を震わせてくれるのはやっぱりすばるさんの熱量なんだって痛感する。

もちろんメンバー全員あってのステージなんだけど、バンドのフロントマンとしての火付け役に、彼ほどふさわしい人はいないはず。

彼の前髪の隙間から見下ろす視線が、ビジュアル系かってくらいに突き刺すようなダークな目線で(一瞬hydeがよぎった。身長じゃないよ)、鬼気迫るすさまじい色気を放出。初老の面影どこへやら。

にしてもすばるくんにたすきかけさせた人天才。たすき掛けは戦闘の構え。彼の持ってる野性味を引き出すのにぴったりの小道具。衣装は全体的に天を仰いでジーザスとうめきたくなる傑作なんだけど、それは後述。

歌は大倉くんマイク大丈夫?だったり、ちょこちょこ歌詞間違えてるメンバーがいるっぽいけど(丸ちゃんあやしい)いいんです、それを超える熱量があるからいいんです。

ヤスくんのシャウトする男くさい顔、ティンパニを打つ横山くんのこっちを見据える鋭い視線、媚びない職人気質の錦戸亮、人差し指で天を指すいつもの村上信五、全体を力強く支えるクールビューティ大倉忠義。(なんで後半フルネームになったかというと、なんか興奮してきたからです笑)

特に派手なパフォーマンスのすばるさんとクールな錦戸くんのツインボーカルのコントラストは最高。それを両サイドで支えるハモリ部隊も頼もしい。

照明効果もすごくいいの。イントロはブルーで始まって、そこから「ハッ」でいきなり赤々と全体が燃え上がり、サビでは明るい黄色メインになって下からのろしを思わせる煙がシューッ!

カメラワークも最後まで神がかっていた。ここぞというときに必ず丸ちゃんの手元抜いてくれたし、全体像が見たいときにはちゃんと入れてくれたし、ジャストタイミングでそれぞれの表情押さえてくれたし。

これ生放送なんですよね!?スイッチャーさんっていうのかな?カメラ切り替える人。すっごいな。あらかじめプログラミングするもの?全然わからないけどとにかく見事でびっくりした。

衣装が語るエイトのドラマ性

大胆にして艶やか。

あれは完全に和装を借りた特攻服ですよ。デザインを大胆に崩して、肌を露出し、絢爛豪華な文様を施して。

関ジャニ∞の衣装といえば、にぎやかさ、ごちゃごちゃ感が一貫したテーマになってますが、それがここにきてこんな形に身を結ぶとは思わなかった。

光沢のある黒をベースにしてるから、一見シックに見えますが、どうしてどうして、かなりのこだわりの衣装です。

錦戸くんの羽織は黒地に赤で縁をぼかした大きなドット模様。袴はヤスくんと色違いの卍崩し。

割合無地でスタンダードなのは大倉くんかなと思ったら、黒地の羽織にも内側にも何やら光沢のある模様があしらわれてる。

村上くんの羽織の文字も、経文かと思いきや漢詩?原典を探したかったけど、私の検索力では引っかかるものがなかった…無念。黒に赤の文字が浮き上がって、私は無骨な山伏っぽいイメージで好きです。

【追記】李白の「静夜思」だそうです!ミチさんに教えていただきました!ありがとうございました!(ミチさんのブログはこちら→

すばるくんのたすき掛けは前述の通りで、臙脂の親子縞は和モダンの印象。裾には鷹か何かの古典柄。

金使いが印象的なヤスくんの羽織は派手な全面卍崩し。首には尖った角をつなぎ合わせたようなプリミティブな首飾り。ウエスタンな革ジャケットっぽい襟も効いてる。

丸ちゃんの羽織は袖なしだから陣羽織って言ってもいいのかな?上半分がビロードっぽい、黒い獣の皮をイメージさせるしなやかな起毛素材で、下半分は生成りの色に大きな格子模様?黒い袴のアクセントには山吹色の細い帯。

全部書ききれないけど、見れば見るほど、幾何学模様から古典的図案まで、色んな柄の生地が組み合わせられた、凝りに凝った衣装です。エイト衣装の王道である柄重視にのっとりつつも、こんなにシックにセクシーに見せる衣装、なんてハイセンス。

しかも日本の伝統モチーフを随所に使いながら、完全にセオリー無視。

私がイメージしたキーワードは、野卑、野蛮、好戦、無頼、アウトロー。

でもね、面白いのは横山くんだけ紋付袴なの。紫色も言わずとしれた高貴な紫だし。ノーブル横山。しかも羽織の裾の模様はまさかのドイリーレース?ドイリー横山?違ってたらごめんなさい。でもそれならティンパニといいトランペットといいお顔立ちといい、どこかヨーロッパ臭のする横山くんにはぴったり。

というわけで、横山くんだけは高貴な匂いがするんですよ。野蛮な傾奇者と交流を持つ、何やら位の高い、だけど訳ありな貴族という立ち位置かな。もしくはならず者に惹かれて道を外れてしまった元貴族。

もうそれだけで妄想力かきたてられちゃう。

最近、どうして彼らにこんなに惹かれるのかよく考えるんだけど、確実にその理由の一つとして言えるのが、彼らのステージが非常にドラマチックだということ。けしてスマートじゃない。熱量がはみ出してる。王道より覇道。これぞ現代の傾奇者。

無頼者の7人の侍が天下を狙う。

村上くんがいつも高々と上げる人差し指には、そんな覇気が込められてる気がしてきました。

間違いだらけの彼らに間違いはない。だってもとから彼らを嵌める型なんて存在しないんだから。

最高っす関ジャニ∞。唯一無二のエンタメ集団。

以上、興奮のままに書き散らしました。今週はいろいろ忙しいので、あまり形にこだわらずにあげときます。

ではこれにて!