読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

まんまと嵐の『Japonism』を見てしまった話

ワタクシごと ほかのこと エイト全般

こんにちは、今ごろになってヒルナンデスの横山さんのクッキングにハマっているみはるです。

面白い!面白いよ横さん!ジャニーさんの言う通り、一生懸命なのがいい!(そして私の時間軸はかなり狂っている)

で、本題の話。

さかのぼれば先々週、私が嵐ファンの妹に関ジャニズムをダイジェストにしてそのよさをプレゼンしたいと息巻いた話が発端になります。

そして先週、いよいよ妹が遊びに来る話が実現したのですが。

エサのつもりで、「うちで嵐のDVD見ていいよ~」と誘ったのが運の尽き。(妹は子育てで余裕がなくて、それまで『Japonism』を見られてなかったとのこと)

そして妹の到着が予想より大幅に遅くなった結果、まず2人で『Japonism』を見て、そしてそのままあえなく時間切れ…。

かわいいアイスクリームもかっこいいMasterpieceも、美しいAll is wellも、何一つプレゼンかなわず…。無念…。

でもせっかくなので、『Japonism』を見た感想を。転んでもただでは起きないよ!!

開封して思ったこと

妹が持ってきたのは初回限定盤のBlu-ray。紙でできたケース(デジパックっていうんですか?)のジャケットは和傘の紅をアクセントに、黒と金の霞文様を配置したシックなデザイン。いいね~。

開くと2枚組のディスク。

嵐初心者の私はまず聞きましたよね。

私「こっち(2枚目)はメイキングなのね?」

妹「いや、たぶんメイキングはないよ」

私「ええ?!Blu-rayで2枚組なのに?!じゃこっちはなに?なにが入ってるの?!」

妹「わかんない。でもたぶん違う」

適当な妹ですみません。私よりかなり熱量が低いです。

でも私みたいな、

「2枚組の2枚目=メイキング(特典映像)」

っていう思い込みは、エイトしか知らないエイターあるあるじゃないですかね?

でもそれが当たり前だと思ったら大間違いなんですね~。ありがたやありがたや。

私「ええ?!DVDが特典映像メインで、Blu-rayにはマルチアングルついてて、結局2枚買わせる手口じゃないの?!」

妹「ん~よくわかんないけど、2つとも同じだったからBlu-rayにしたよ」

!!!!!嵐良心的!!!!!

2種買いとか3種買いとかしなくてもいいんですか!!よけいなことしなくてもほっときゃ売れるんですか。これが市場規模の違いですか。は~これが嵐様か。

そこからひとしきり、初回盤を予約する苦労を聞かされてから、やっと本編の視聴を開始しました。

以下、エイトしかジャニーズを知らない人間から見てのざっくりした感想です。

参考までに申し上げると、私が今まで見たことのある嵐のライブ映像はハワイのDVDのみ。曲は聞けばわかるけどタイトルとはなかなか一致しない、というレベルです。むろん『Japonism』のアルバムも聞いてません。

もし間違ってさまよってこられた嵐ファンの方がいたら、浅すぎる話に怒らないでくださいね~。(嵐関連の検索でなぜかヒットする場合があるみたいだから非常に申し訳ない)

あと、多少ネタバレもありますので、たぶんいないと思うけど、万一『Japonism』をこれから見る予定があるという方はご注意ください。

まさかの一人一芸方式

いちばん驚いたのは、完全なソロコーナーがあって、そこでそれぞれ一芸を披露するところ。

往年のリズムゲームみたいな映像技術とタップを駆使した二宮くん、パルクールで登ったり飛んだりのものすごい身体能力を見せつける松潤。まさかのイリュージョン大野くん。 あれ、櫻井くん何してたっけ。えーっと、ソファ。ソファで何かかっこいいことしてたよ!(ごめんなさい)

そして謎のMr.funkというキャラで、シルクドソレイユ的布にぶら下がり芸を披露してくれた相葉くん。(伝わる?伝わらないか?!)

えっと、いちばん不思議な気持ちになったのはこの相葉くんコーナーですよね。

私は嵐の中では相葉くんがいちばん好きなので、彼のソロを楽しみにしてたんですが、えっと…なんですかね、Mr.FUNKっていう…キャラ?設定?が存在してるんですかね…。

なんか…ああ怒られるかもしれない、怒られるかもしれないけど…これはエイト的に言えばキングですかね??(ああ言っちゃった)

どこまで真面目にやってるのかわからないけど、どうやら真面目にやってるらしい…そのあたりにとっても似た匂いを感じるんですが…。

攻めてるな!守りに入ってないな嵐!(褒めてごまかす)

それだけはよくわかりました!

だって、あのソロ、どれもけっこうな個人練習が必要ですよね。懐かしの新春かくし芸大会を思い出しましたよ。

常に挑戦を怠らないんだなあ。

ちなみにエイトの一人一芸はバンドでの楽器演奏に当たるんじゃないかと思います。でもそれはソロで披露するものではなく、あくまでグループ全体で見せるもの。

この辺にも2つのグループの個性を感じました。

ヒガシ先輩の降臨

これはびっくりしました。スペシャルゲストとして、曲の途中で突然東山紀之が登場するんですもの。

ちょうど前のマスカレードという曲で、ああ嵐は少年隊の系譜を受け継いでいるんだな~なんて思ったところでの御大の登場でした。納得するしかない。

(ちなみに私が今回好きだった曲はその「マスカレード」と「FUNKY」でした)

舞台装置の美しさ

それにしても舞台装置が美しい。

歌舞伎の舞台をイメージさせる華やかな色使いを駆使したセットはもちろん、圧巻だったのは、中盤から正面ステージの上方に咲き誇る満開の桜!

あれがあるだけで、ぐぐぐっと舞台に奥行きが出て空間が広がる。しかも夜桜の持つ、荘厳な気品も上乗せされる。

そして最新の映像技術の駆使!今最先端のステージは嵐かPerfumeかってイメージです。

すごいっすな!お金かかってる!!(そこ)

噂には聞いていた、コントロールされるペンライトの効果もすさまじかった。

どういう仕組みなのかはわからないけど、おそらくあらかじめプログラミングされているだろう構成のままに、客席全体が色を変えるんです。赤、青、黄などのメンバーカラーはもちろん、まるでウェーブのようなグラデーションも見られる。

特にソロコーナーが始まるとき、客席がメンバーカラー一色に染まるのは、私みたいな初心者にもわかりやすかったし、客席にいても興奮の瞬間だっただろうなあ。

嵐のステージに感じられるのは、緻密に完璧に作り上げた世界観を最高の形で提供したいというプロ意識。

だから客席全体を映した映像は印象に残っていても、観客個人の顔は一切記憶にありません。

一方我らがエイトさんたちは…アレですからね(笑)。

これも私の勝手な比較イメージですけど、嵐さんたちはドームという環境を最大限に活かして魅せることをテーマとしていて、エイトさんたちは、ドームのお客さんたちと最大限にあの時間を共有するということをテーマにしている気がしました。どっちかというとエイトはライブハウスの生々しい興奮をドームで再現しようとしているような。いや祭か!やっぱり祭感覚か!

観客映像云々の話題はもう私は卒業したので(お、言い切った!でもあとでまた言い出しかねない)、とにかくそれぞれの違いが興味深く感じられたのでした。

MCの楽しさ

私が前回初めて見たのは『ARASHI BLAST in Hawaii』。

それと比べた大きな違いは、MCがあることでした。

やっぱりMCがあるといいですね!楽しかった!

私としては相葉くんの自由な話っぷりが実にツボでした。かわいいなこの子。

それに舞台監督らしい松潤の話を聞けたのもとても面白かったです。一生懸命ステージに向き合ってるのが伝わってきました。

でもやっぱりワンパックに帰ってくる私

実は今回、本編最後の1曲を残して時間切れとなってしまい、アンコールも見られてないんですが、それでもまた嵐の魅力に大きく近づけた気がします。

私はアンチジャニーズ、アンチ嵐の時期も長かったので、こうして時間をかけて好意的にLIVE映像を見られたことも感慨深いのですが。

ただ、不思議なことに、どうしても「きゃあかっこいい!」とはならないんだなあ。妹はきゃあきゃあ言ってたけど。(いっしょに興奮できなくて申し訳ない!)

私の印象では嵐はとても「きれい」です。汚れてない。もちろん表面しか見てないことは重々わかってますけど。ちゃんと彼らを知ればまた違うんだろうけど。

でも私がステージ映像で見る彼らはとてもきれいで、濁りがない。

そういうものに対して、どうも私は色気を感じないんですね。微笑ましく思うことはあっても。少年を見ているような気分というか。

それよりも、鼻血流して煩悩に誘惑されて、しょっちゅうトイレにこもってる田西くんの方によっぽどセクシーさを感じるんだなあ…。リアリティってやつかな。

ちょっと話がそれますが、丸ちゃんの絞りに絞った体も好きだけど、ワンパックに戻ってるときの脂肪が乗った体の質感も、逆にリアルさがあってすごく好きです。神々しくてうかつにさわれないシックスパックに対して、気やすくさわれて気持ちよさそうなワンパックの魅力!(何言ってるんだ)

以上、あくまで私個人の感想です。私は昔からマイノリティの方なので(笑)。

そうだ!私が小学生のころ、少年隊よりもシブガキ隊派だったな!古い話でごめんなさい!私のPCはシブガキ隊を変換してくれなかったよ!(笑)

でも『Japonism』、とても楽しかったです。

舞台が本当に美しかったし、前に増して相葉くんが好きになったよ!生で見ればさらにすごいんだろうな。うちの妹も、たまたま友達に誘われていったLIVEで嵐に落ちたクチなので。

これから嵐も今年のツアーが始まるんですよね。行かれる方、どうぞ楽しんできてください。

では本日はこれにて!