読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【関ジャム】久保田利伸がやってきた 11/27

これ地上波に乗せてよかったんですか?!

関ジャニ∞のセオリー的には課金コンテンツじゃないですか?!もしかして私すでにお金払っちゃった?(どこで)

こんにちは。セッションを見直すたびにときめきすぎて不安が募るみはるです。

こういうのって、チケット代やディスク代を払わなきゃ見られないと思ってた…。冠番組って、すごい。いや、冠ってだけじゃないな、関ジャムがいいんだな。

トークももちろんよかった。だけどセッションが予想を超えてたまらなかった。

先週セッションがなくて肩透かしくらったところに、これがきたってのも大きかったかもしれない。(軽く根に持ってる笑)

久保田利伸のR&B講座

ソウルにファンクにブルースなどなど。ブラックミュージックのジャンル分けは、私もブログのために調べたことがあったんですが、結果、わからん!に落ち着いた前科者です(笑)

だからこそ、説明がとてもありがたかったし、わからなくてもノリを楽しめればいいやって気持ちにもなりました(笑)

手の動きでノリが違うっていうのは特に目から鱗でした。最近のノリはバウンスっていう手を下におろす動きで、「LA・LA・LA・LOVESONG」では後ろへの動きで拍子を取っているという話。言われてみれば違う!!って。

即興関ジャムソング

感動したのは、久保田さんの注文にその場で応じて、村上くんが披露したキーボードプレイ

すっごーい!!(ど素人)

なんかね、身近だと思ってた隣のお兄さんが突然かっこいいとこを見せてくれて、不意にドキドキしちゃうような…。

だって両手ですよー!両手!バラバラに!(ど素人2回目)

最近ずいぶん両手プレイが増えたな〜となんとなく思ってましたが、こうやってその場のリクエストにも応じられるとは!(キーボードおいてあったからリハあったのかもしれないけど、即興のムードがとてもよかった)

久保田さんの着想に、楽しみながらすぐ対応できるメンバーのコーラスもかっこいいし。そこがしっかりしてるから久保田さんの自在なアドリブもめちゃくちゃ映えるし。この人の中には音楽があふれてるんだなあ。どんどん湧き出てくる。

ほわあああ。すごいなー久保田さん。

それにしてもキーボードを弾く村上くんの手が好き。(結局そこ)

久保田利伸とTAKATSU-KINGの縁

で、私がいちばん嬉しかったのは、久保田さんがTAKATSU-KINGをプロデュースしたいきさつを聞けたところです。

15年前に久保田さんのディレクターについてた方が今インフィニティにいて、声をかけてくれたということ。すごいバックが動いてたんだな…。

「あのー、村上やー、むっちゃくちゃいいヤツで、しかもあいつ、久保田さんみたいな音楽すごくやりたがってるんですよ」

「やるときはやりますよあいつ」

「遊びでいいから、試しに作ってみませんか」

村上くんを推す最初の言葉が「むちゃくちゃいいヤツ」だってのがまたいいじゃないですか。しかも「やるときはやる」。それを久保田さんの口を通して聞けたっていうのも熱い。しかもモノマネまでしてくれて(笑)

村上くんの人柄、仕事への姿勢が人を動かしてるんだなあってことがしみじみ伝わってきたエピソードでした。いい男だなあ。

しかも村上くん、「すごくやりたがって」たのか…。ほんとか…。

さらに、久保田さんが村上くんのラップを聞いて、

「ものすごくカッコ良いタメ」

と絶賛してくれたときに、間髪入れずに、

「直してる」

と断定する大倉くん、これぞまさに団体芸!MC村上が持ち上げられたらメンバーで確実にオトすっていう!速攻リカバー!(笑)村上くんも嬉しそうだったね。

そしてそのときの大倉くんめちゃキレイ!!セッションもだけど、今回の大倉くん俄然キレイです。金髪も好きだけど黒髪も好きなんだよなあ。肌キレイ。頬キレイ。

それから、久保田さんのお話を聞くすばさんがキラキラしてましたね!

ときどき大丈夫かな〜ねむいのかな〜と心配になることもあるので、いきいきした表情を見られてとても嬉しかった!

セッション「Bring me up!」と「王様クリニック」

セッションの紹介で、今回は楽器演奏なしのコーラスオンリーだってわかったとき、私はいきなり前のめりになりました。

私が最近夢に描いてたコーラスセッションが、まさかここで実現するとは!!

もうほんとにオシャレ。大人のムード。久保田利伸マジックすごい。

しかも、メンバーみんなが目移りしちゃうかっこよさ。聴いて楽しい見て楽しい。ああ贅沢な夜。これがほんとのパーティーピーポーなんですね!わかりました久保田先生!

すばるくんはこういう抑えた中音域で歌ってるのが私の好みどストライクです。久保田さんとアイコンタクト取りながら掛け合うのもスリリングだった。それにTAKATSU-KINGのときの表情豊かなノリ。こういう華のある人がコーラスに入ってると豪華さが増しますよね。動きにもキレがあったし。

その隣に並ぶヤスくんは、絶対不可侵を誇る高音域の支配者。そして目がキラッキラ!好き!見てるだけで音楽の楽しさが伝わってくる。即興コーラスのときも楽しそうでよかったなあ。

そしてヤスくん越しに映る大倉くんについては、全力でまくりあげた袖の絶妙さを推したい。男らしい腕の太さから手首の細さ、そして手の大きさが映えるドラマチックなコントラストがたまらん。腕のボンキュッボンですよ。死語かこれ。

それにくどいようですが顔も体もキレイ!!私好みの大倉くん降臨です!シティボーイのスタイリッシュ大爆発ですよ。シティボーイも死語か、いやまだいけるか。

はいはい、そして丸ちゃん。長くなりますよ。リズムに乗る彼の体の動きは、どこをとってもサマになるから目が離せなくなる。全身を使った表現力が多彩

全体的に動きがしなやかで、首を動かしてみたり腰に手をあててみたり、ニャンニャンポーズで確信犯的に「ネコババ」決めたり。かと思えば「ダバダバ」のギラッとした目つき。TAKATSU-KINGを迎えるときの顔も見ました?!オトコ!愛を感じる挑発。自分でも書いててわけわからないけど(笑)

で、2曲目で主役を飾ったTAKATSU-KING。村上くんの声の色気が地上波に乗ってしまった…。しかも村上くん、歌がブレない!すごい安定感じゃないですか?こんなに早い段階でかっこいいKINGを見られるなんて…。

こうなると、逆にKINGの仮面をかぶるのもすごく効果的な気がしてきました。もちろん目の表情が見えないのは残念だけど、でも、世間的にバラエティのイメージが強い村上くんが、KINGの格好をすることで別の顔を見せやすくなるのかもしれない。

これはライブではどうなるんだろう…セトリの並びがすごく気になる。セトリは予想しない派なんだけどついつい自分が見たい方向に予想したくなっちゃう、そんな魅力的なセッションでした。

ついには去り際の久保田さんに

「自分のライブでやろう。決めた。楽しい」

と言わしめましたからね。

よかった。ほんとによかった。やっぱりいい男だわみんな。なんせこういうR&Bのアダルトなグルーヴも無理なく出せるんですよ!背伸び感なく!

しかもいい具合に個性バラバラなのがまたゴージャス。ましてここに錦戸くん横山くんのバナナジュース組が入った日にはあなた!向かうところ敵なし!それも見たい!あまりのかっこよさに卒倒したい!

コーラスのみのセッション、ぜひぜひまたやってほしいです。まだまだ彼らの幅は広いから。アカペラ絶対行けますから。

ああ、そして今度はベストアーティストでしょう?そしてRの法則に、Mステ?はぁ、ドキドキで忙しいって素敵。

というわけで、本日はこれにて。ではまた~!