まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【関ジャム】プロデュースしてほしい男渋谷すばる 10/16

どうも、やっと録画番組との時差が縮まってきたみはるです。

これは一時の情報疲れがかなり回復してきた証拠でもあります。それから自分時間も増えてきた。よそのブログもとても楽しく読ませてもらってます。よーし、いい感じ!

で、先日10/16放送の蔦谷好位置さんヒャダインさんゲスト回の関ジャムです。

ヒャダインさんは愛嬌があるし、蔦谷さんはとてもクレバーでハングリー。とても興味深いトークでしたが、今回話したいのはあえてセッションについて。

というか最近すばるさんについて思ってることを、ここで思い切って告白します。

でもこれはあくまで私の個人的な感じ方で、共感を強要したいわけではないので、その辺ご理解ください。

つまり、すばるさんのボーカル大好きな人にはきっと面白くないことを書きます。もちろん愛はたくさんありますが、けして褒めてばかりではないので、読んで不快になりそうな人はここで終わりにした方がいいと思います。すみません。

セッション「虹」でのすばるさん

前半すごくよかったんですよ。まずヤスくんの歌い出しにはハズレがない。彼の声って一気に聞き手を歌に引き込みますよね。

そして二人がしっかり視線を合わせて声を重ねていくさまはすごくスリリングでぞくぞくしました。2人の歌声をたっぷり聞かせるためのドラマチックなアレンジになってたし。

ただ、サビが。

完璧にカバーする必要はまったくないとは言え、でもあれだけ有名な曲だと、どうしても本家のハーモニーが耳にこびりついているじゃないですか。

だからあの印象的なサビで音程がずれてるというのは、私には致命的に気持ち悪かった。

なんであれでオッケーなのかな。

私の耳がおかしいのかと思ってもう一度見直したけど、やっぱり不協和音。収録なんだから、そこはもっと欲張りになってもよかったんじゃないか、ともやもやが残りました。セッションもトークも、そこ以外がよかったからなおさらです。

歌にも引き算が欲しい

さらに言うと、すばるさんがこめかみに血管浮かび上がらせて必死に歌うのも、ちょっと最近見ててしんどくて。

うーん…。 こんなこと言うの、エイター界隈では少数派だとわかってるんですが、私は最近セッションでのすばるさんによく「泣きすぎ」と思っちゃうんです。泣きの歌で本気の泣きが入っちゃうと、私は引いちゃうタイプで…。(これは私が過敏なんだと思う。うちのだんなは全然気にならないみたいでした)

情感を煽る歌をあえて抑えて歌う。そういう引き算の歌い方の方が私には聞きやすいんです。その点JUJU姉さんは手練れ!さすがだよなあと彼女がゲストの回では感服しました。

一方で、絢香のにじいろのときみたいに、メインボーカルを立ててハモに徹してるときのすばるさんは最近特に絶品。神がかってる。

だけど彼がメインで歌い上げ過ぎると、今の私にはちょっと胃もたれがするんだな…。

こんなもんじゃないだろう

先日のMステのパノラマを子どもと見ていたら、5歳の次男が、

「すばるくんの声はすぐわかるよ。関ジャニっぽいからね」

とずいぶんわかったようなクチをきいたんです。(親譲りか)

でもまったくその通りだと思って。

すばるさんの歌は関ジャニ∞の核です。

この動かしようのない事実は、5歳の子にも伝わってる。

きっとそれはこれからも変わらないし、私も関ジャニ∞の曲を歌う彼は大好きです。だって最初に落ちたのがJUKEBOXであれだけ暴れまくってるすばるさんなんだから。

だから私は、関ジャニ∞で感情むき出しで歌ってるすばるさんは迷いなく肯定できるけど、エイト以外の曲で歌うのを見てるとまだ違和感があるんです。一人のボーカリストとしてはもっともっと上がある気がする。まだまだ原石部分が大きいような。

そもそも彼は並みはずれたカリスマ性がある人だから、その力のコントロールがすごく難しいのかな。目力、声量、発言力、どこを取っても凡人とはかけ離れてるもんね。ちっこいのにでっかい。その分受け止める側にもパワーが必要なのかな。

もしくは、普段は関ジャニ∞という個性豊かなグループの中で見てるから、私にはうまい具合に中和されてバランスが取れてるのかもしれません。

でも一人のボーカリストとして見たとき、蔦谷さんが言っていたように、本人の気づいていない魅力を引き出してくれるプロデューサーにもし出会えたなら、また違った輝きが見え始めるんじゃないか、そんなふうに思ってしまいます。

もちろん、すばるさん自身が、歌にぶわっと感情を乗っけるソウルフルな歌い方が好きな人だってことはわかるんだけど、だれかが違ったアプローチを提案して、すばるさんがそこに納得できたなら、また表現の幅が広がってくるんじゃないかな?

だってすばるさん、まだ30代半ばだもんね。もっと化けるよ絶対。

こんなもんじゃないだろう渋谷すばるは。

どっかの音楽プロデューサーさーん、うちにとびきりイキのいいのいますけどいかがっすか〜!

(ついでにボーカル力で言えば、大倉くんももっと化けると思ってます。)

最後にひとりごと

って、また求め過ぎかなあ。ついついこんなふうに夢を見ちゃうんだよなあ。

いや、好きだからこそ、どうしようもなく魅力を感じるからこそ、簡単に諦めがつかないんだと思います。未練か。これは未練なのか。

それに、すばるさんに関してはまだ歌のDVD見てないんですよ。それ見れば変わるかな…変わりたいな…。

私気が変わりやすいし、パノラマについて、MVを見てから劇的に好きになったように、ちょっとした発見でころっと見方が変わるかもしれません。そうなったらそうなったで嬉しいんで、そのときは正直に書きますね!

ちなみに今私がいちばん好きなすばるさんは、クロニクルでボールを当てられたり、バーベキューの火が消えたりして無になってる彼です。…極端だな私も。

結局すばさんが音程外そうが何しようが、好きは好きなんです。でもたまに好きが妙な方向に暴れ出すんです。めんどくさい自覚はあります。ほんとはただキャーキャー言ってたいだけのはずなのにね!実にめんどくさい。

でもまあ、つまるところ、外野が勝手に期待することと本人がしたいこととは別ですよねやっぱり。ハハハ…。

そんなわけで、最後一人でぐるぐるしましたが、今日も好き勝手書いて恐縮です!ではこれにて!