読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【なぐりガキBEAT】3種のオススメポイント

シングル-なぐりガキBEAT

なぐりガキBEAT発売!

そこでさっそく、私みはるによる、勝手にシングル種類別宣伝のお時間です。ネタバレなし!!

まだ買うのをためらってる人。

買ってみようかなと思ったら3種類ってどゆこと?ってフリーズしてる人。

好きなあの子にプレゼントしたいって人。

そんなあなたに教えたい、関ジャニ∞の2017年第一弾シングル「なぐりガキBEAT」3種それぞれのオススメポイント。

いつまでもあると思うな、親とシングル。

はじめに

今回のシングルは、初回限定版、通常盤、新春特盤の3形態になります。

大前提として、タイトル曲「なぐりガキBEAT」は全3種に収録。当然。

ですが、今回のテーマはどれを買うか。3種の違いがポイントになるので、今はあえてとりあげません。

むろん全3種買うのが当たり前、なんなら2セット、3セット、さらに追加盛りまでご用意なさる豪気な方もいらっしゃるのは重々承知しておりますが、ここはあくまで購入を迷っているライトなファン向けに書いてまいりますのであしからず。

だって、最初のハードルを越えたら次は楽々ですからね。こちらエイト沼は、行きはよいよい帰りは怖いシステムを搭載しておりますのでね。ホホホ…。

というわけで、3種類の中でもし1つ買うならどれか、そしてどんな方にオススメするかをご紹介していきます。

正確で詳しい収録内容は、こちらの公式サイトでご確認くださいね。

初回限定版

さてさて、まずは初回限定版

こちらをオススメするのはこんな方。

  • なぐりガキBEATがとにかく好きで、映像でも楽しみたい方
  • エイトの映像作品はとりあえず全種類そろえておきたい方
  • エイト曲のリミックス作品が好きな方
  • メンバーのビジュアルがとにかく好きな方
  • 限定品に弱い方

…ライトなファン向け、と言ったものの、わりとコアな感じになっちゃいました。

つまりリミックスもMVも、前からのファンは間違いなく楽しめます。

私としては、このところの全員もれなく高品質ビジュアルのエイトさんたちを映像に収めてくれて本当に嬉しい。あのケバケバスーツがおしゃれでシックに見える映像マジックの不思議も改めて実感。リミックスもやっぱり楽しかったよ!

だけど、初めての方で1枚しか買わないっていうなら私は別のをすすめるかな。

新春特盤

うまいこと言いましたね、新春特番、ならぬ新春特“盤”

これは実に的確なネーミングで、エイトメンバーで2017年を語るという新年会のようすが、特番的に特典DVDに入っています。…ジャケット以外あまり新春感はないけどね。(収録は昨年末)(しかもジャケット着せ替えできる)(着せ替えするとさらにどれがどれだか)

渾身のシングル曲「なぐりガキBEAT」に加え、この新春特別番組60分が入って、なんと、価格は1,188円(税抜)!!えーっ!!(自演)

こちらをオススメするのはこんな方。

  • バラエティの関ジャニ∞が好きな方
  • クロニクルの関ジャニ∞が好きな方
  • いきなりドッジの関ジャニ∞が好きな方
  • メンバーの独特の感性を知りたい方
  • エイトの今後への意気込みを知りたい方
  • 限定品に弱い方

上3つは大差ないですけど。

ネタバレになるので詳しくは言いませんが、私が絶賛オススメするのは、冒頭の電話シーン。

メンバーに電話かけたら、なんていう妄想の素材にこれほど最適なものはありません。

電話という個人的ツールがこんなにドキドキさせるものだったなんて…。

特にヤスくんね!!(独断)

あ、いや、もっと普通にいい場面もちゃんとあります。私服も楽しめるしほろ酔いも楽しめるし、最後は胸熱だしああもう!!このくらいにしなきゃ!!

だからこれは、ライトとは言いがたい、一歩進んだファンにも間違いなく必携の1枚ですぞ!

曲がりなりにも新春と銘打っているので、出荷期間は2月15日まで!こちらも限定に弱い人は買いですね!

ちなみに、なんで2月15日?旧正月?旧暦?と調べてみたけど、確たる証拠はつかめませんでした。なんとなく2月中旬、ってことかな。

通常盤

ついに来ました通常盤。

今回は通常盤の王道。いつでも買える通常盤。いつまでも残る通常盤。次世代に伝えたい通常盤。

こちらをオススメするのはこんな方。

  • 関ジャムでファンになった方
  • バンドをやってる関ジャニ∞が好きな方
  • ロック系の音楽が好きな方
  • 大倉くんの美低音ボイスを堪能したい方

ずばり言います。

通常盤の主役はもはやカップリング。

音楽をやる関ジャニ∞が好きなら、ぜひともこちらのトラック2、

「Tokyoholic」を聞いていただきたい!!

超かっこいいっすから。

これを音源化してくれたことに私は感謝しかありません。ツアーで聞いた人はそりゃあ興奮しただろうと思います。

だってかっこいいもの。

ここで未来ある潜在的エイターの方に伝えたい。

こちらのTokyoholic、

作詞・作曲・編曲 錦戸亮。

クレジットに錦戸亮の名前しかありませんけど何か。

錦戸亮って言えば役者やってるイケメンの人じゃないの?とおっしゃるそこのお嬢さん。

それは正しい。しかし作詞も作曲も、どころか編曲までやるんです錦戸亮は。しかも歌の中では

そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃ‼︎

と吠えてます。

ロック。限りなくロック。

上京してから早十数年になる彼らが、今こそ歌う東京への思い。夢や野心や不安とともに戦ってきた彼らにしか歌えない歌がそこにあります。

そして何よりサウンドがめちゃくちゃかっこいい。骨太なビートが効いてて、ワイルドでやんちゃ、それでいて遊び心もあって。

このすごさをどうにか世間に広く伝えるすべはないものか。かるくMステあたりでやってはくれまいか。

(ちなみに個人的には大倉くんの美低音ソロパートが、ナイナイアイラブユーのバッバドゥビドゥに次ぐ大ヒットになってます)

ちなみにこの間の関ジャムでは作詞・作曲 安田章大の曲がかかりましたね。その名も「Black of night」。

なんならあの渋谷すばる氏も作曲編曲の「ハダカ」という曲をお持ちです。

はいグループ内コンポーザー3人目 。こんなジャニーズほかにいる?!ってジャニーズに詳しくない私が言っても説得力ないか。関係者の方すみません。

それはさておきトラック3の「BJ」。これがまたTokyoholicと表裏一体をなすような、郷愁に満ちた、素直に足元を見つめる名バラード。

さらにこちらの曲も、編曲 錦戸亮。どうしましょう、あまりの有能ぶりにクラクラするのは私だけですか。

2008年リリースの「ワッハッハー」のカップリング曲の新録ですが、まったく古さを感じさせません。古株エイターさんは格別の思いだろうなぁ。

踊る1曲目、吠える2曲目、染みる3曲目。

エイトのいいとこ3本勝負。

こんなによくできた通常盤ありますかね?!

まとめ

というわけで、まだ迷ってるあなたは黙って通常盤。

え?限定が気になる?それなら初回盤。

え?新年会が気になる?それなら新春特盤。

ええいしゃらくせえ、こうなったら3枚全部買っちまいな!!漱石4枚と小銭ちょっとだ!(恒例)

…まあね、こんなネットの僻地に来てくださる方はほぼ予約済みとわかっているんですけどね(笑)

でも私もかつては迷ったクチだったので、そんな過去の私みたいな人が一人でも一歩を踏み出してくれたらいいなぁと思って。

あ、一個だけ補足。

今回はシークレットトラックありませんでした!あれ?って何回も確認しちゃった。錦戸くんあたりに語って欲しかったけどなー!

でも曲で大いに語ってくれてるからね、欲は出しますまい。

今週は破門の公開も控えて、いよいよ横山さんの番宣攻撃も大詰め。エイターのみなさんもお持ちのHDDもパンク寸前だと思いますが、ぜひ楽しんでまいりましょう!

それではこれにて!

あ、シングル連動キャンペーンの申し込み、29日までだ!忘れないようにしなくっちゃ☆(限りなく演技)(でもほんとに忘れやすい私)