まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

嵐ファンの妹にかっこいいエイトをプレゼンしたい 関ジャニズム編

どうもです、ドラマ「校閲ガール」で先週誤植によるシール訂正の場面があって、ふと関ジャニズムのを思い出したみはるです。(校閲ガール、石原さとみがめちゃ怒ってて元気出る)

関ジャニズムって、CDパッケージの裏面、曲目リストに訂正シールが貼られてたんですよね。

でも何が間違ってたのか思い出せなくて調べたら、「ドヤ顔人生」が「ドヤ顔人生!」になってたらしいです。

「!」一個で何十万枚ものシール貼り。

見つかったときは大騒ぎだったろうな…。担当者を思うと心が痛む…。

ヒューマンエラー恐るべしです。私もすごくやりそう。ドヤ顔と言われたら「!」つけたくなるし、ついてて全然違和感ないもの。「キングオブ男!」の「!」よりつけたくなる。しかしミスはミス。ああ恐ろしい!手作業だよきっと…。

というわけで、久々に関ジャニズムのLIVE映像を見ました。(前置き長い)

かっこいいエイトをプレゼンしたい

さて今回は普段通りダラダラうっとり見るのではなく、次のようにテーマを設定しました。

「嵐ファンの妹にかっこいいエイトをプレゼンしたい 関ジャニズム編」

えー、私には嵐ファンの妹がおりまして。

私には、そんな彼女にかつて「ビースト!」を見せて、彼女の持っていた丸ちゃん像を見事に覆したという輝かしい過去があります。(面倒な姉である)

あら、これもう1年近く前になるんですね。その後、カウコンはちらっと見せたものの、それっきりになってましたので、久々にまたやってやろうじゃないかという押し付けがましい企画です。

逆に嵐の「Japonism」で返り討ちにあう可能性もあるけど、差し違いも覚悟の上。誰かのもんだってかまやしないよのWASABI魂ここにあり

それではさっそく、妹にプレゼンする関ジャニズムダイジェスト版、映像を見ながらの脳内会議に参りま~す!

EJ☆コースター

まずはLIVEに重要な幕開け。これほどキラキラと期待感に満ちた幕開けを見せない手はない。階段を下りる錦戸くんの足の下ろし方がとても美しい。

しかしあとが詰まってるので、

「今日は燃エユルように愛し合おうぜ~!」

と叫ぶ、気持ちだけ先走って全然言えてない愛らしい丸ちゃんまでいったら容赦なく次曲へ。(だがしかしヤスくんの必殺スマイル「やっぱさ、好きやわー」も捨てがたいから様子を見てもう少しいくかも)

RAGE

大倉くんの愛くるしさが詰まった歌い出しをぜひとも見せたいが、これはMCと合わせて見たほうが楽しさ倍増だよな。状況によっては割愛。

FUN×8

ここは個人的に丸ちゃんの腰つきがたまらないのだけど、ちょっとディープなので割愛。(なら書くな)

アイスクリーム

久々に見たらヤスくんの破壊力がすごい。今うっかり「か、かわいい…!」と漏れ出た自分の声にびっくりした。無意識だった。抑えきれなかった。

妹の中ではまだヤスくんの存在感は弱いと思われるから、錦戸くんとのイチャイチャぶりと合わせてぜひともここで推していきたい。

ごめんなさい、シュールなビジュアルと本気バラードのギャップが激しくてまだ妹には早そうです。(なら書くな2回目)

Masterpiece

アイスクリームでほっこり油断させておいてのMasterpiece。確信犯。これメンバー全員かっこいいからな!特にこの衣装での金髪大倉くん最高(何度か言ってる)。あー前に進み出てくるときの丸ちゃんいいわー(細かい)。

しかしこれはメイキングで振りを覚えられなくて七転八倒してるすばさん丸ちゃんを見せてからの方が感動倍増じゃなかろうか。しかしアイスクリームからの流れも捨てがたい。どう段取りを組んだらいいんだ。悩む。

フローズンマルガリータ

Masterpieceからの勢いは止められまい。こういうダンス曲でにこりともせずにクールに決めてくるエイトが大好きだ。突然ジャニーズ出してくるからね!気を付けろ!

…あ、これもメイキングが先の方がいいのか…?

ふたつ手と手

これは余談だけど、ダンス曲のあとのバラードってすごくセクシーじゃないですか?肩で息して、顔に汗光らせて、慎重に歌い上げるところがね、すごくいい。でも妹にはまだ早いな。

CloveR

ほれ、クールなエイトから一気にポップなエイトだ、どうだこの振り幅!この曲は、メンバー同士のアイコンタクトがとてもよくて、見てるだけで笑顔になれる魔法を持ってるよ!

ドヤ顔人生

そしてついにここでバンド曲だ!忙しいんだよエイトは!でも楽器やってるエイトもかっこいいんだからね!

ここは文字通りドヤ顔で、長瀬先輩提供の曲なんだと自慢したい。そうすると一気にヤスくんが山口くんリスペクトに見えてくるから不思議。肩出してるだけだけど。

言ったじゃないか

ん?やはりシングル曲でクドカン作詞のこっちの方がとっつきやすいかな?迷う。いやそもそもエイトのバンド曲を推すならJUKEBOXを外せないんじゃないのか?(話が根本から違ってくる)

All is well

そしてこのAll is wellをしっとりとエンディングテーマにしたい。メンバーそれぞれのボーカルのよさが際立つ名曲。

と思ったら丸山くんの隣に飛び込んでくるヤスくんがまぎれもない天使で動揺した。ここアピールしよう。

村上くんの伸びやかな声、横山くんの甘い声も、ほら悪くないでしょう?!と控えめに自慢したい。

さらに詰め込み過ぎの歌詞に難儀する大倉くんを、 にやっと見守る村上錦戸の図は平和極まりない。

そしてなんかんだで最後はすばさんが持っていくのもとてもエイトらしい。

で、この曲を作ったのはヤスくんなんだと、ここまででいちばんのドヤ顔で教えよう。

はい、今ステージをメンバーが去っていきます。「ほなねー!」と力強く何度も言う錦戸くん。

はあ…、よかった…よかったよ関ジャニズム。


以上、最終的に自分がいちばんかっこいいエイトを見せつけられて胸いっぱいの、関ジャニズムダイジェストでした。最終的にただの実況になった。そして余談が多い。

お手振り曲とかパブリックイメージ通りのにぎやか系、そしてソロ曲は大胆にカットしてしまいましたが、時間が限られてるのでね。

まだ段取り的に迷うところはあるし、妹も小さい子を抱えてるので、シミュレーション通り見られるかは限りなく未知数ですが、イメージだけは出来上がった!

近いうち妹遊びに来ないかな~。連絡してみます。

最近だいぶ暑苦しい内容だったので、今日は軽いことを書こうと思ったけど、結局そこそこ暑苦しかったな…。

妹よ、面倒な姉でゴメン!

ではまた~!