読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

NOROSHIとWATASHI

こんにちは、みはるです。

関ジャムを見たあとなので韻を踏んでみたかったけど、結局最後の一音しか合ってない残念なタイトルですみません。NOROSHIじゃなくてWASABIだったらよかったのになー。(そっちを変えるな)(「NOROSHIにHONOJI」も考えたけど「ほの字」という言葉の昭和感に耐えられなかった)

さて、12/7発売の「NOROSHI」、先日レコメンで初オンエアされたそうで、私はちょっと遅れて聞きました。(いつもながらあちらにはほんとに助かってます。信じがたいサービス)

そして私が見た範囲ではおおむね高評価みたいで、なんだかそれだけでほっとしてます。なんなんだろこの気持ち(笑)

かっこいい関ジャニ∞への渇望

実は最近、ネットの情報と上手に距離を取ってたつもりだったんですが、ちょっと失敗してしまいました。

初オンエアが気になってついついあちこちのぞいてしまって、そしたらたまたま話題豊富な時期で(笑)、あっさりオーバーフロー。

いろんな感情がどっと流れ込んでくると、自分の気持ちがわからなくなるんです。

元から自分で思っていたことなのか、誰かが言っていたからそう思うのか。

流されやすいんですよね~。まいった。

「NOROSHI」に関しても、確かに私も好感触だったけど、エイターさんたちがバンド曲への期待ではちきれんばかりになっているのを感じて、そっちで胸いっぱいになってしまいました。

みんな、本当にバンド曲に飢えていたんだなあと思って。

その悲願にも似た思いの強さに圧倒されてます。

純粋にバンドサウンドが好きだという人もいるだろうし、あまりテレビでは見せない、「本当はかっこいいエイト」を見たいという気持ちもあるかと思います。「見たい」じゃなくて「見せたい」も強い気がする。

地上波で好きな人のかっこいいところを存分に見せびらかしたい!うん、それがファン心よね!

丸ちゃんのNOROSHI宣言

さて、今回の「NOROSHI」、イントロからベースがとてもよく効いています。しかも丸ちゃんがブログで、

ジャズベでぜひとも狼煙をあげさせてください

と書いてたんですよね。これはバンド披露の期待が高まらないわけがない。

丸ちゃんのブログ、一時期だいぶ情報量が薄かったんですが(笑)、最近また熱量を増しているのを感じます。

ツアーに向けて、そしてそれに先駆けてのシングルに向けて、丸ちゃんもテンション高めていってるんだろうな。とっても嬉しい。

そんなふうに長いスパンで気持ちの波を感じられるのも、途切れず毎日続けてくれるからこそですよね。ありがとう丸ちゃん。

「NOROSHI」感想

さて、ここから、「NOROSHI」について、自分の気持ちを思い出しながら正直に書きます。

この曲、好きです。ベースラインに象徴されてる骨太な男くささ、いいですよね。

歌詞も、世間と馴れ合う姿勢を喝破して、誇りを持てと促す力強さがとても清々しい。

夏はあんなにチャラくて女々しかったのに、冬が来たら突然硬派で熱くなった(笑)

両極端に見えるけど、関ジャニ∞というフィルターを通すと不思議とどちらも自然に見えるのがすごいところです。

そして今の私は、それほどテレビ番組でのバンド演奏にこだわりはないんです。

むしろベースを弾きながらの丸ちゃんは音程がハラハラものなので、テレビでバンド演奏で生歌やるならそれが心配になるかな。もちろんベース弾きの丸ちゃんが超絶かっこいいのは想像に難くないんだけどね。イメージしただけでううっとなるけどね。

それにマイブームとして彼らの声の重なり、ハーモニーにハマっているので、今年のシングルの2曲ほどはそれぞれの声の個性がはっきり出てないので、そこはちょっと物足りないかな。

でもそれは逆にメインボーカル渋谷すばるがくっきり前面に出てるということで、ほかのメンバーは楽器演奏に集中して、なおかつ無理なく歌えるようにするための配慮かと。(錦戸くんももちろん目立つ!その点ではものすごく関ジャニ∞らしい曲!)

パノラマもMステではダンスが簡略化されてたことを考えると、きっと歌に影響がないよう、さじ加減が図られてるんだと思います。

関ジャニ∞のパフォーマンスの多様さ

こう考えると、ステージの演出を考える人ってすごいな。関ジャニ∞はパフォーマンスの振り幅が広いから特に。メンバーももちろん考えるでしょうが、それだけじゃないでしょうねきっと。

彼らがずっと磨き続けてきたバンド演奏はもちろん、あまり踊らないと言われてもやはりそれなりに(笑)ダンスも踊るし、そして上ハモ下ハモ重ねてのハーモニーもある。さらにコントも(笑)

番組からのオファーもありそう。「いつもの感じでいい感じに盛り上げちゃってください!」とか安易なのありそう(被害妄想)。

そして私は、割と最近「キングオブ男!」のMVを見たせいか、あのときのパフォーマンスもとてもよかったなあと思うんです。別枠として。

「罪と夏」や「パノラマ」を踊るのは、「チャラい兄ちゃんたち」だったり「楽しいお兄さん」だったりと若干テイストは違えど、基本的に関ジャニ∞自身でした。でも、そういう普段のイメージを封印してのパフォーマンスが「キングオブ男!」にはあった。

ステージの中と外とで世界観をはっきり切り替えての男くさいパフォーマンス。

ただ歌って踊るだけじゃない、ああいう芝居っ気たっぷりのステージングができるのも、エイトの強みだと思うんです。

だから、そういうアプローチを見せてくれるなら、私は音楽番組での見せ方がバンドに限らなくてもいいかと思ってます。きっとツアーではバンドで見せてくれると思うので。

でもツアーに行けない方や、エイター以外の層にも彼らはバンドを見せたいかもしれない。それに「キングオブ男!」の二番煎じになるのももったいないから、ここはやっぱりバンドで行くのかも。

それに、楽器練習しながら同時にダンスを覚えるのもしんどそうよね。ツアーのリハもあるだろうしね。なーんて素人考えの余計なお世話かな。

以上、先日出演が発表された11/29の「ベストアーティスト2016」を照準に話をしてきましたが、彼らの振り幅が大きい分、ファンのニーズや要求も多様化してて、そのすべてを満たすことはかなり難しい状況だろうな、と思います。

だからいっそのこと、好きなことを楽しくやってくれればいいや、という気持ちもあれば、やるならある程度のクオリティを要求する気持ちもあったり。これ私の純粋な気持ちです。ひゃー!なんてわがまま!(笑)

それに、幅を広げることで、彼ら自身やらなきゃいけないことも増えてるに違いない。楽器練習がなかったら、きっともっと眠れてるのかもしれない。

そうやって影で努力して、ステージごとに何が起きるかわからないドキドキをくれるっていうだけでも、彼らは最高のエンタテイメント集団だと思います。

これは抜け出せないわ〜。

関ジャニ∞カラーでつかんだタイアップ

さて、今回の「NOROSHI」は「土竜の唄2」の主題歌としてタイアップされてます。

メンバーが誰も出演していないにもかかわらず。

だから、「破門」の主題歌「なぐりガキBEAT」が横山さんが勝ち取ったタイアップだとすれば、「キングオブ男!」とこの「NOROSHI」は、関ジャニ∞の持つキャラクターがもぎとったお仕事なのかなと思うんです。

コミカルでハイテンション、だけどダーティーな「土竜の唄」に関ジャニ∞が持っているカラーがぴったりだと。(あ、これクドカン色か。私大好きだもんなぁこういうの。)

特に「2」までもぎ取ったってのは大きい!もし「3」があったら、期待しちゃう流れでしょこれ?

もちろん裏でいろんな大人の力学が働いてるとは思います(笑)。つまるところ生田斗真くんありがとうなのかもしれない。彼が歌い手だったらNOROSHIは生まれてなかったのかも。これからもよろしく斗真くん(笑)。

でもこういうお仕事もできるアイドルっていいなあってしみじみ思います。

だれもがまぶしく感じる、天から届くような輝きはないかもしれない。でも地に足がついた実在感があるからこそ出せるカラーがある。

私はそういう、汚れすらも粋に着こなせるエイトを誇らしく思います。それはむろん芯が汚れてないからですよ。かっこいいぜ!

それでいてお子様対象の「パノラマ」も、歌って違和感がないんですよね。そういう点で今年のシングル3曲は実にカラフルでした。

というわけで、私は早いとこ、未見の前作「土竜の唄」を見なきゃと思ってます。まだ見てない。偉そうなこと何も言えない。

でも昨日「JOKER 許されざる捜査官」のレンタル取り寄せを申し込んだばっかりなんだよな…。もうすぐリサイタルディスクが来るのにな…自由な時間が無限にあったらいいのに…あと眠らなくていい体も…。

とにかく「土竜の唄2」の公開が今から楽しみです。その前に「疾風ロンド」もあるしね。

とここで確認したら「土竜の唄2」の公開は12月23日!!マジか!!次の日からもう子供の冬休み!この日を逃したら絶対見に行けない!いや上映時間によってはその日も見に行けない可能性大…。うわ、今けっこうショック大きいです…。映画館でかかる「NOROSHI」を聞きたかったのに…。冬休み映画の罠がこんなところに…。

…というわけで、若干テンション落としながら、本日はこれにて。

人生思うようにはいきませんなあ…。


追伸:冒頭で書いたような理由で、TwitterのTLはたまーにしか見てなくて、ツイートはブログの更新情報のみになってる状況です。フォロワーの方々にはご無沙汰たいへん申し訳ありません。でもTwitterアカウントへのリプやDMは大歓迎ですので、ブログへのコメント欄代わりに気軽に使ってください。(個人的に、はてなにコメントするよりTwitterの方が敷居が低い気がします笑)