まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

音楽と人7月号、関ジャニ∞密着記事の熱量に震える

こんにちは。ごぶさたしてます。アルバム解禁曲、1曲も聴いてないみはるです。え?そんな化石みたいな人いるの?って言われそうだけど、ハイいるんですねー、世の中にはいろんな人がいる。

最初の解禁曲を聴かなかったので、いっそのこと一曲も聴かずに発売日を迎えてやれ、と思ったら、予想外に何曲も解禁されてしまって、ますますラジオが聴けなくなりました。

って、この自分で自分の足元に地雷原を作ってにっちもさっちも行かなくなるパターン、しょっちゅうやってるな。もはやヘキだな。

さて、そんな中でも買ってしまった音楽と人2017年7月号。

ブログ書くの久々すぎて、ぜんぜんまとまる気がしませんが、とりあえず今の気持ちをしたためます。

音楽と人

最近、めっきり雑誌を買わなくなりまして。よさそうだな〜と思いつつも、思っている間に書店から消えの繰り返し。

しかし!音楽と人だけは買わざるを得まい。

そう思うくらいにはこの雑誌には愛着がありました。

私の初めてのオトコとも言うべき(笑)不動のリスペクトバンドは知る人ぞ知るBUCK-TICKでして。彼らはこの雑誌、及び前編集長、現編集長には昔からたいへんよくお世話になってたんです。(って私ごときが言うのはおこがましいですけど)酒呑み日記とかああ懐かしい。

おカネのない学生時代から、この雑誌だけはBUCK-TICKが載るたびにせっせと書店で買い求めてました。

もともとテキスト多めの雑誌が好きだったし(私としてはコスパ満足度が高い)、しかもこの雑誌はインタビュー中心でとにかく読みやすいし、会話の温度感がとてもよく伝わってくるんです。

その音楽と人が、丸山隆平、渋谷すばるを経て、ついに関ジャニ∞自体を10ページにわたって密着ドキュメント。ありがたやありがたや…。

記事の熱量

まず書き出しが最高です。

「マル、ええぞ。行け!そのまま行け!」
満面の笑みを浮かべた渋谷がそう叫んでいる様子が見えた。

見える、見えますよね、その笑顔。感じますよね、そのボルテージの高さ。

メトロック本番のこの場面を書き出しにもってくるあたり、こっちの心をわしづかみにしちゃうあたり、ほんとすごいと思いました。

あとは淡々と、リハから本番までの密着レポが続くんですけど、これがまた飽きさせない。

相当な時間の中から、ぐっとくるエピソードを切り取って、いかにも彼ららしい軽妙なやりとりをちりばめながら、まるでいっしょになって本番を迎えるかのような緊張感を味わわせてくれるんです。

彼らが時間の限られた売れっ子アイドルだということ、そして彼らがそれに甘えず、あくまで自分たちの意志で、真剣に音楽に向かい合っていること、自然体ながら誇りを持って毅然とステージに立ったこと、その上でまだまだ彼らに先があるということ。

楽屋に戻ってビールに口も付けず反省モードになるまじめな彼ら。そこに聞こえてくるWANIMAの「ズッコケ」にすぐ走り出て行く無邪気な姿。

熱い。熱いっす。青春です。三十路青春。

そして書き手の目線がとてもあたたかい。

寄り添い、見守り、ワクワクが高まるこの目線は、リハからの密着ならではなんでしょう。

まるでいっしょに関ジャニ∞というストーリーに惚れ込んでいるような。

いいなあ、こんなシビれるような文章書けるって。

その書き手の金光編集長は、別のとこで書き手としての葛藤もつづってらして(P.104)、これだけ書けるのにまだ…と圧倒されました。

……む。これじゃ関ジャニ∞よりも雑誌推し、もしくは編集長推しだな。ごめんなさいね。

内容について少しふれると、錦戸さんがイニシアチブを取ってる姿は目に浮かぶようだったし、横山くんのハードスケジュールさストイックさには舌を巻いたし、一人座っているすばるくんの姿を集中を高めるルーティンと表現したのはさすがだったし、丸ちゃんのアンプが日本語表示なのはものすごく好ましかったし、村上くんと丸ちゃんが本番前に指をマッサージしあうのはものすごく見たくなったし、ヤスくんの音に対する繊細な感性も納得だったんですが、私がいちばん「へー!」と思ったのは大倉くんのドラム描写でした。

彼のリズムは非常に安定しているが、気持ちの抑揚がついていて、人間味が出てくるのでとてもいい。

とか、

しっかりリズムをキープしているのに、独特な手数でビートをたたいていて、ストレンジなタイプであることがよくわかる。

とか、ど素人の私からするとものすごく「へーーーそうなんだ!!」でした。同時になんだかとてもうれしい。サッカーボールを借りてきたくだりもよかった(笑)。

文字にこめられたもの

ところでこの特集記事、見出しの関ジャニ∞のフォントがものすごくポップなんですよね。

赤の太い丸ゴシック。

記事に書かれてる彼らの姿は、熱くてロックで、ストイックそのものなのに、あえてスイートでポップな丸ゴシック。

これは、きっと「アイドルグループ」を看板として掲げる彼らの覚悟へのリスペクトだと思うんだけどどうでしょう。

そして色は鮮やかな赤。

記事本文の文字も全編赤のゴシック。

体幹にガツンと訴えてくる、彼らの熱量そのものを表してるんだと思います。

ちなみに蛇足ながら、同じ誌内にBUCK-TICKのヒデさんの恒例ソロインタビューもあるんですが、そちらは実にさわやかな青の明朝体。まさにやさしさ自然体。

さらについでにいうと、彼らBUCK-TICKは今年30周年で、夏にファン投票のベスト盤が出る予定なんですが、その中間発表の上位が、かなりマニアックなカップリング曲だったりして、とてもおもしろいんです。

関ジャニ∞も、いつかそんなファン投票によるベスト盤、しかも新録!を出してくれたら面白いだろうなあ、なんて。絶対カップリング祭りになる(笑)。

と、ダラダラ書いてきましたが、そろそろこの辺で。

前にもちらっと書きましたが、春から次男が徒歩登園に変えたため生活リズムが変わり、去年よりエイトごと時間が少なくなってしまいました。…なんて地味な理由…。

しばらくはこんな過疎ペースで行くと思いますが、エイトが日々の癒しだと言うことは変わりません。マイペースで楽しんでいきます。

来月の音楽と人は表紙&巻頭!ますます楽しみだ!

ではまた〜!

音楽と人 2017年 07 月号 [雑誌]

音楽と人 2017年 07 月号 [雑誌]