読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

【パノラマ】 通常盤感想

どうもです、みはるです。

調子がいいうちに、パノラマ通常盤の感想を一気にまとめておきたいと思います。短時間勝負。

あ、シークレットトラックについても書いちゃったんで、ネタバレ避けたい方がいたらそこ気をつけてくださいね。

パノラマ

作詞:SHIKATA 作曲:SHIKATA/GRP
編曲:野間康介

すでにだいぶ語ったけど、あえて。MVやメイキングを見ながら何度も聞きこむうちにどんどん好きになってきました。

で聞き込むうちに思ったんですが、この歌のキモは7人のハモリなんじゃないかと。

サビに向かってどんどん層を厚くしていくコーラスワーク、そしてシメの「瞬間はパノラマ~」は圧巻です。

だからワタクシ今Мステがとっても楽しみで、そして同時にとっても怖い!(笑)

いつものように、踊りながら生歌やるんでしょう?うひゃあ。心配性の私は胃が痛くなりそう。しかし今は7人の力を信じるのみです。

余談ですが、去年うちの次男が、幼稚園の発表会でたまたまがむしゃら行進曲を踊ったんですが、下手でも一生懸命に踊る子どもたちが曲にマッチしてとてもよかったんですよ。

このパノラマも、いつかどこかで子どもたちが元気に踊る一曲になる気がします。それってハッピーな光景ですよきっと。

background

作詞:高橋浩一郎/南口悠太
作曲・編曲:高橋浩一郎

これ、心が病んでるときに聞くと相当効きます。抽象的な歌詞だから、聞く人によって意味が違ってくると思うんですけど、私には自分の迷いに寄り添ってくれる癒しの歌でした。

わたくしごとで恐縮ですが、私、一時期エイト関連の文章、情報をまったく受け付けない状態になってたんです。読もうとすると胸がぐぐぐっと重苦しくなって開けないんです。

多分、情報疲れしたんだと思うんですよね。それと自分のブログ離れが重なって。あとはまったく別件のプライベートでの人間関係のもやもやも。

はてなスターをはずしたのも、せっかく読んでもらってもお返しにいけなくて心苦しいという理由もありました。

でもやっぱり私はなんだかんだで文章を書いてしまうから、こんな一方通行はおかしいと思いながら、自分はどうなりたいんだろうとぐるぐる模索してました。いや、現在進行形で模索中。正真正銘のこじらせ系(笑)

そんなときにこのbackgroundを聞いたら、断片的に聞こえてくる単語がとても心に沁みたんです。

見えない言葉見つけるために
僕は君を探し続ける

私にとっての「君」は書く理由とか、エイトを好きな理由とか、時間の使い方とか、生き方とか、もろもろの漠然としたものなんですが。

曲中で何度も「見えない」「探し続ける」と歌ってくれることで、なんとも言えない、赦されたような、見守られてるような安心感が湧いてきたんです。

で、新曲を楽しんでるうちに、少しずつよそ様の文章も読めるようになってきました。読むとやっぱり楽しいです。でもまだ一度に大量には無理だし、Twitterももう少し距離を置こうと思ってますが。そうすると世間の話題に完全に遅れますけどね。でもそれでいいかなと思ってるところです。 今は楽に手の届く範囲で楽しもうかと。

はい、自分語りここまで。失礼いたしました。

ところでこの曲で、私にとっての最大の癒されポイントは、

ありのまま話すよ 君のことを想う気持ち
いつだってそのことを考えてるよ

これいかにも丸ちゃんっぽいですよね。どっぷり甘やかしてくれる。だまされたくなる。

でも実はポイントはここじゃなくて、その次。

とても切なくて とても愛しくて
いつでも君想うよ

ここ!!村上くーん!!(感無量)

村上くんの歌声はものすごく味わいがあると最近ちょうど思ってたところに、ズガンとやられました。

村上くんって、声質は少しガサついた感触なんだけど、その分すごく距離感が近くて、小手先のテクニックを使わない不器用な感じが、逆にグッとくるんですよ。味。これこそ味。

エイトの歌割りに、丸ちゃんからヤスくんへの鉄板のバトンリレーが割と多いじゃないですか。丸ちゃんで甘やかしたあとに、ヤスくんで切なく歌い上げる、みたいな。でもここは村上くんで来たかー、そう来たかー!!とうなってたんですけど、…よく聞いたらヤスくん後ろでハモってます??さすがヤスくん、ここにもヤスくんそこにもヤスくん、仕事が手堅い…。(違ってたらごめんなさい)

で、村上くんパートなんですが、ぜひイヤホンかヘッドホンで聞いてみてください。マニアックですが。

「とても切なくて とても愛しくて」の二度の「くて」がすごくいいんです。つぶやくような切実な息遣いで、でも甘さがあって、そのあとのまっすぐ伸びる「君想うよ」がとても心地いい。

うわー、惚れるー!!村上くんに惚れるー!!

そんなわけでbackground大好きです。アルバム出ない悲しみが、これでほとんど消化できました。シングルタイプじゃないけど自分の心に直で響く曲に出会えたから。

王様クリニック

作詞・作曲:久保田利伸
プロデュース:久保田利伸/柿崎洋一郎

そんな、かなり村上くんにやられた私がその流れで王様クリニックで「甘えちゃってもいいよ」とか歌われたらもうどうしましょう。(どうもしない)

久保田利伸節バリバリだな!と作為をわかったつもりで聞いていても、村上くんの少しハスキーな声がどんどん色っぽく聞こえてくるからすごい。

しかもすごくキャッチーで、前も書いたけどうちの5歳児にいちばん人気の曲です。スクラッチ音とかRewindとか、変な音が入るのもいいらしい。「やみつき」とか言葉のチョイスも面白いらしい。

ところで、ついに歌詞にも堂々とTAKATSU-KINGと出てきちゃいましたが、これって夜ふかし発祥ですよね?今までのKING名義の曲にはなかったですよね?

ああそうなんだ~と不思議な気持ちなんですが、でも地元の名前を堂々と歌えるのって、村上くんにとってけっこう嬉しいことなんじゃないかと思います。男の人ってなんだかんだ言って地元志向強いですよね。

それに、きっと久保田利伸氏が夜ふかしで村上くんに落ちて(笑)、彼の雑な扱いに疑問を感じたがゆえに、めちゃかっこいい村上くんをどうしても見せたくて本気出して作ってくれた曲だと勝手に妄想してます。わかる、わかるよその気持ち!完全にファンだね久保田さん!(なれなれしくすみません)

Steal your love

作詞:SHIKATA 作曲:SHIKATA/KAY
編曲:Peach

本来、私はこういうキメキメのコテコテのかっこいい曲はあんまり好きじゃないのです!なんか、ハマるのがくやしいじゃないですか。ひねくれ者としては。

だけど…だけど…ステージで錦戸くん大倉くんにこれ歌って踊られた日には、ガクガク肩掴んで揺さぶられて正気を確認されるくらいには骨抜きにされる自信がある。白目むいてるきっと。悔しい。

私にはDVDで見たカウコンでのtornに完全にガッツリやられた前科があるからなあ。トロッコで高速移動しながらまったくかっこつけを崩さない大倉くん。ドヤ感満載でサングラス外す大倉くん。錦戸くんは…うん、いつもかっこいいよいつも。(雑だけど愛はある)

というわけで、この曲こそ「見る曲」だと思って楽しみにしてます。…いつ見られるかわからないけど。

シークレットトラック

ヤスくんでしたね~。

やすだしょうた、って言うときの「やすだ」の「す」が上がるところが好きです。あとモンスターハンターRIDE ON を丁寧に「らいどおん。」と言ってるところも好き。

ヤスくんが語り始めると、何を言い出すのかドキドキします私。予測つかない。でもその予測をさらに裏切ってものすごく普通だったりする。

今回はタカツキングの韻の踏み方をここまで丁寧に説明してくれるとは思わなかった~。関ジャムの影響もあるかな?

さらにSteal your loveの歌詞解説が熱い!ヤスくんもっと感覚的な人だと思ってたけど違うんだね!すごく論理的!じゃあなんでレンジャーの文章はあんなに崩壊してるんだろう???いちばんの謎はそこだわ…。話すのと書くのは脳みその使うところが違うのかな。(いや、嫌いじゃないんですよ。ソウルフルだし。ただ読むのにものすごくエネルギーがいる…)

ヤスくんって、いつかはソロ活動する気がするんですよね~。余談だけど。自分が好きで作った曲は世に出さないと言いながら、そのままでおさまるはずないと思うんだ。それが彼の何かを変える気もする。ただの戯れ言ですけどね!

ヤスくん、9分超もたっぷり丁寧に喋ってくれて、聴きごたえ十分でした!

以上、今日も駆け足で来ました。やりたいことはできるときにやってしまおうかと思ってます。後先考えず。その代わり最近いろんな録画がたまってます。だからまたプツッと音沙汰なくなると思います。

でもきっとそれも私のペース。自分の心の赴くままに行こう。

ではまた~!