読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

パノラマ、そしてオススメしたいダメダメソング

シングル-パノラマ

どうもです、みはるでふ。(←スマホで打ってるとこの打ち間違い多い)

パノラマ初回盤がうちにやってきました。まだDVDは見られてません。通常版は最初は買わないつもりでいたけど、明日あたり気づいたらタワレコにいそうな気がします。

パノラマ感想

やっとフルバージョンが聞けました。

初聞き感想はこちら。

罪と夏の例があったので、ひそかに2番の歌詞に期待していたのですが、うーん、特別意外な展開があるわけではなかったです。全体的に、一生懸命「お仕事」をしている感じのシングル。

だけど発見もありました。2番の歌詞を引用します。

東へ西へダンシング
いじめっ子にはグーパンチ
メソメソすんな 今日がダメでも明日があるさ

「東へ西へダンシング」?!これどういうことですか?モンハンやってればわかる用語なのかしら?私は巻島先輩しか思いつきません。(漫画の話です。わからない人ごめんなさい。)

だけどそれ以上に衝撃だったのは、「いじめっ子にはグーパンチ」。これです。

ああ、これはストレートに子供に向けた歌なんだなとここでわかりました。子供向けと見せかけて大人にも、みたいな変化球ではなく、表も裏もない、真正面から子供に向けられたメッセージソング。モンハンのアニメが始まるのをワクワクして待ってる子供たちね。

私じゃないや。そりゃ響くはずがない。笑

でもそう割り切って読むとすっきりしました。

大事な人守るために

この言葉が1番と2番のサビで2度出てきて、私この手のフレーズがだいたいピンとこないんですが。

でも、まだ年若い子どもに、将来出会うだろう大事な人を守れる力を今身につけろ、というメッセージならやっと共感できる。

がむしゃら行進曲で、自分より若い世代に向けた応援ソングを歌うようになったことに感じ入るものがあった、というような丸山くんのコメントがあったと思うんですが、パノラマはさらにその先に行ったんだねえ。

その分、いい年してひねくれ気味な私が感動できる歌ではないですが、関ジャニ∞自体はターゲットを広げてるんだろうな。子供にも喜ばれる、そういうお仕事をもらえたことは嬉しいことだよね。

それにハーモニーはとてもきれいです。最後の「瞬間はパノラマ」のとこなんて絶品。

追記:この翌日、MVを見たことで、この歌への印象は劇的に変わってます。

ダメダメソングと言えば

今日も一日がスタート
カバンを忘れてしまった

冒頭、ダメダメ主人公のくだりがあります。(関係ないけどうちの次男は幼稚園に着いたらパンツはいてなかったことあるよ)

こういうダメダメ設定は、ズッコケ男道にも代表される関ジャニ∞のお家芸といっていいかと思います。

でもそのおかげか、もうこの程度の表現じゃ響かなくなってるんですよね。耐性がついてる。

さてそこで、そんな私みたいなスレた大人に久々に思い出してもらいたいのが、「アネモネ」です。「キングオブ男!」のカップリング。

昨日たまたま聞いたらなかなかだったんですよ。

朝から時間ギリギリだし定期切れてるしお金ないしモテないし、電車のドアが閉まるのを見ても「成功への道はもう満員」って考えるくらい荒んでるし、部屋は散らかってるし。

いいなあこの庶民的リアリズム。

しかもこの歌のサビには奇しくもパノラマの「大事な人」と似たフレーズが出てくるんですが、冒頭のリアリティあふれる表現のおかげで説得力が全然違う。

My Darling 大切な人のために
こんな僕にもできることがあると教えてくれたのは
あなたの笑顔でした

大切な人のために「こんな僕でも」できること。

ひたむきで謙虚で一途。悲哀からの開放感がとても気持ちのいい歌だと思います。

うーん、これこそ関ジャニ∞の課金コンテンツ。

あと一つ、ダメダメソングで印象に残ってるのは「Speedy Wonder」(「ズッコケ大脱走」所収)ですね。

彼女の誕生日プレゼントに花束とカードまで用意したのに、日にち間違えたせいで別の女と勘違いされたと誤解され、立ち去る彼女を全力で追いかけて、つまづいてコケたらチャリンコドミノ倒しですからね。いやだなあ、自転車起こすの。

ほかにも数え上げたらきりがない、エイトの主人公ダメダメソング。実際はメンバー一人一人のポテンシャル半端ないのに、そんな歌を自然体で歌い続ける関ジャニ∞を、やっぱりいとおしく思ってしまう重症の私でした。

さて、話を戻しまして、課金コンテンツと言えばもちろんパノラマにもございます、カップリング。

今私の手元にある初回限定盤には「background」しかないんですが、こちらの方が私には100倍響いた。すごく抽象的な歌詞なんですけどね。

でもその話は自分語りも入って長くなりそうなんで、またのちほどにします。

では今日はこの辺で!