まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

西郷どんと殿と海外公演

西郷どん、やっと追いつきました〜!

春休み前からためこんでいたので、録画リストにずらずら並んでるタイトル を眺めてはため息の日々でしたが、一念発起して見始めたら一気でした。1.3倍速バンザイ。

西郷どん、篤姫、ひー様

さて、その西郷どんですが、まずは主演の鈴木亮平さんの、実直朴訥で人間味あふれる熱演ぶりに男惚れ。

いや私は女なんでその表現は正しくないけど、私の中の男の部分が刺激されるというか(笑)、同じ男として尊敬する!って気持ちになるんですよね…男じゃないけど…。あの眉毛の表情の豊かさは錦戸くんにも通じる…だから兄弟役かな…。違うだろうな…。

そして!!とにもかくにも北川景子ちゃんが美しくて!!

元々の作りの美しさはもちろん、活気に満ちた目の強さに私は惚れ惚れするのです。ただのきれいなお人形さんじゃない、ときにいたずらっぽく、ときに切実に、ときに猛々しい、あの感情豊かな目が大好きです。

ひー様もいい。あの飄々としたところと、いざ腰を据えたときの迫力。二世の血をこんなにいい形で見せてくれる俳優さん、実に貴重です。『羊の木』で怪演を見せてくれたお兄ちゃんも考えると、なんて希有な兄弟でしょう。

殿

ほかにもほかにも、素敵な脇役さんたちはたくさんいるのですが、どうしてもふれずにいられないのは「殿」のこと。

渡辺謙氏は私の大好きな俳優さんの1人です。独眼竜正宗はあまり記憶にないけれど(笑)、はるか昔、「たんぽぽ」という伊丹十三監督の映画にちょい役で出てきた若き日の彼が実に格好良くてドキドキしたのが最初でした。

今回の島津斉彬も、実に格好いい。野心に燃える壮年の男の気迫が、静かな演技の中にこれでもかと凝縮されていて、それでいて不意に出る快活な笑顔に私は男惚れ…(だから女だけど)。

鈴木亮平さんとの対談スペシャルもよかった。熱い厳しさをたたえた、大人物なんだなとしみじみ思いました。

というわけで、錦戸従道を迎える準備はバッチリですよ!西郷どんとどんなからみを見せてくれるのかなぁ。

海外公演

ところで、台湾での海外公演が決まりましたね。

今までのツアーの延長上みたいな日程なので、私は驚くほどすんなりと受け止められています。いつも通り、行けない公演の1つとして。

むしろちょっとだけ、台湾が近くなったような気がして嬉しいです。

何より、彼らが前向きに意欲を燃やしてくれる機会が増えるなら、いうことなしです。

がんばれがんばれー!(軽い)

それから私、記念日や誕生日もすぐ忘れるタイプなので、日にちも気にならないんですよね…。でも私みたいにズボラなのは少数派でしょうからね、ナーバスになるのも仕方ないとは思います。

だけど、その日付にまつわる、素敵な記憶が、これからどんどん増えたら嬉しいですよね。

私は楽しみます。見届けます。「今」の彼らを。

変わらないものなんてないのだから。

どんな予想外の味だって、喜んで平らげます(笑)。

デカい期待抱いてたいなぁ!

では!本日はこれにて。