まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

【THE MUSIC DAY】ジャニーズシャッフルメドレーでの関ジャニ∞さんたち

こんにちは、みはるです。

この間のすばるくんラストのラッシュ、ほとんどの番組についてちゃんと書けてない私ですが、どうしても書いておきたいのが THE MUSIC DAYのジャニーズシャッフルメドレーでした。

今さらですが、ああ楽しかった!

パート1

ヤスくん「TIME ZONE」

まあ、この曲の目玉は亀ちゃんと岡田くんの濡れ場(?)なんだろうけど、それはそれで吹っ切れてて岡田くんのこらえきれない笑いまで含めておもしろかったけど、全部割愛してヤスくんのことだけ。(割愛してない)

もうヤスくんは立ってるだけで拝めます。御本尊です。存在が有り難い。

後ろの台に座ったシゲちゃんと並んでジャストなちっこさもいとおし。

それでいてガッツリオス感出してくるヤスくん、声がちゃんと聞こえてきます。

この胸 止められないのさ

「さ〜〜〜」でヤスくんの声がわかりますよね。最後は2人似てる響きがあるんだけど、最後下がる方がヤスくん? 逆?

Baby,tonight. Baby,tonight.

ここの「tonight」もバッチリヤスくんらしさが出てます。しゃくりっていいうのかな? ちょっとひねりが入る感じ。上手い!

このときのヤスくん、今思うとメガネなしでがんばってくれてたんだな〜。ありがとう。

村上くん「MUSIC FOR THE PEOPLE」

こーれはかっこよかった! 村上くんのダンス必見!

村上くんは最初後ろで中丸くんと並ぶポジション。そこから2人が前に出てきてからの動きが美しい。

飛ばなきゃならない 自分の空

ここで華麗にターンするんですが、こ、れ、が、シャープで一つも乱れなし!!

そしてカメラ目線ー!! おめめキラッキラ!

そして後半でも、

Music For The People Lovin' 翼を広げて

で中丸くんと一糸乱れぬターン再び!! 体、幹!!

しかもラストでわざと反対側を向く余裕まであるんだから村上信五の秘めたるジャニーズ力ったらないですよ…。

ここ、一瞬間違えたのかなと思いましたけど、もう松潤にバアッってするのしっかり用意してましたもんね。終わってからの動じない様子を見ても、ただの神々のおたわむれかと(笑)。そして二度見するほど足が長い。

大倉くん「青春アミーゴ」

今回大活躍だった大倉くん。有無を言わせぬかっこよさ。

はぁ…2次元。

別コンビの健人くんのメリハリある振りも若々しくていいんですが、ここは、やはり、大倉くんのいい具合に抜け感ある大人のセクシーさを推したい!!

力を抜きつつも、首や腰の角度がなんともやらしくてですねえ! あれはたぶらかされたくなる!(無理)

しかしカメラワークにはどうしても不満が残るけども!! なぜ! なぜあの肝心の指相撲ポーズを抜かないかな! 早急に! マルチアングル希望!!

で、ここ!! ここの大倉くん、特にかっこよくないですか! 

カンッペキ! 肘の先から膝を結んだ直線がそのまま足先まで流れる角度カンッペキ!

顔がいい具合に無表情で生気がないのもまた良し! (個人的嗜好です)

そのあと櫻井くんたちの方を見てるのも、なんでだかわからないけど、ぜんぜん気持ち入ってない感じが大変私好みです! アイドル大倉くんは冷たいガラスの王子様でいてほしい派です!

にしても、こうしてジャニーズシャッフルメドレーを見るたびに、大倉くんの非凡なうるわしさを再発見し、それに見慣れてしまっている自分にもおそろしくなるんですよね。

見るたびにため息してなきゃいけないレベルであり、直視したら目が焼けるレベルなのに、なぜ普段平然と見てられるんだ私よ!!

答え…顔を超える個性の強さがある上、なんだかんだエイトさんたちが総じてスタイルいいから。はい。

慣れっておそろしい。

すばるくん「Keep the faith」

これは、ほんと、最初っから、射抜かれました。

一人だけ目に闇がある。凄みが違う。

私がもし高校生くらいの多感な時期で、なんにも知らずにこれを見てたら、絶対心がざわついて、すばるくんから目が離せなくなって、

「え、なに、今のなに、誰? あんな人ジャニーズにいたの??」

って急いでネットで調べて真逆のかわいい生態やエ○の巨匠ぶりにどっぷりはまって、そして脱退の事実を知り愕然とする、という流れが簡単に予想できます。

ジャニーズって、いやアイドルって、好かれてナンボの職業じゃないですか。だけどすばるくんの目には、いっさい媚びがない、なんなら嫌われたってかまわない、っていう肝の据わったところがあるんですよ。

それでいて絶対カメラから目をそらさない。とことん真っ向勝負。

人気取りの仕事じゃない。むしろ勝負にきてる感じなのに、それでも目が離せなくなる華があるんです。

そんな彼のステージを、当分は見られないんだと思うとやっぱり悲しくなりました。もったいなくて。

表舞台に戻ってくるとき、彼はどんな顔をしてるんだろう。


そして、「Happiness」で村上くんがかわいくおどけて、パート1は終了。オモイダマはちょっと重みが違うので今回は割愛します。

(にしても重岡くんは終始やたらと楽しそうで、別の意味で目が離せなかったな…)

パート2

大倉くん「Ultra Music Power」

まーた出ました、遠近感とかバランスとか、見る人の感覚をおかしくする人体の不思議大倉忠義。

いやほんとおかしい。普段見慣れてるはずなのにこういうときあまりのスタイルの良さに突然クラクラする。身内びいき? はいそうです、そうなんでしょうきっとね!!(逆ギレ)

そもそもあのふわふわパーマヘアが似合うって時点でとんでもない小顔ぶりの証明なんですけど、さらに首の細さ長さもあいまって庶民離れした美しさ大爆発です。(そもそも貴族笑)

これはあれですね、普段ジャニーズっぽいダンスをあまりしないからの効能というか、いざTHEジャニーズをやることで俄然アイドル力大爆発するんですね。こちら爆風にあおられて絶命寸前です。

でもきっと私、普通にジャニーズやってたらそこまでハマってなかったのも確かなんですよね。

丸ちゃん「Everybody Go」

この時代のチャンピオンさぁつかめNo,1!

丸ちゃん、濃い!! しょっぱなから濃いよ!!(笑)

サービス精神あふれるわりにダンスが最初から半テンポおくれがち、目が泳ぎがち、笑顔もこわばりがちの丸ちゃんに、もうこちらも「丸ちゃん…!!」と笑うしかありませんでした(笑)。

終わってすぐに笑いがはじける丸ちゃん。

うん、それでいいよ、そのままでいいよ丸ちゃん!!(激甘)

錦戸くん「Sexy Zone」

きたぞ我らがエース! バラ持たせられてやってきたぞ錦戸亮! なげやりな客いじりがすがすがしいぞ錦戸亮! やれって言われたんだろうな、錦戸亮!

いじられてる女の子が最後真顔なのから見ても、カメラに背中を向けてる錦戸くん自身、愛想振りまくというよりは普通にふざけてたんだろうと推察されます。

無駄に夢を見せない錦戸亮が心から好きです。

横山くん「ええじゃないか」

玉森くんと互いにマイクを向け合ってのスタート。

ひとつひとまず「なんでやねん!」

ここ、違和感なさすぎて持ち歌みたいだった…。

私は最近、横山くんの手にやたら目がいく病なんですが、きっと絶対零度の骨伝導マイクのせいだと思う…。

あの設定いいですよね。元々大きくて白くてきれいな手が、手首が細いからより一層映えます! 足も細いな! しかも長いな!!(今さら)

にしても、今回の衣装もいつも通りガチャガチャ色彩やかましい系ですが、横山くん大倉くんみたいな色白王子様系を始め、メンバー全員完璧に着こなしてることに誇りすら感じます。(前に何かで着てたかな? 思い出せない…)

(このあとメドレーではがむしゃらを挟むんですけどこれは完全に上田くんがツボにハマってしまって大変だった…いや寿司で言えばガリのごとく抜群のアクセントになってたけど…)

(そしてピカピカツルッツルのキンプリくんたちが出てきて、私初めてちゃんと見たんですけど、中になんとなく大倉くんぽい子がいて気になって…ネコかぶった大倉くんみたいなかわいい顔の子…いや私だいたい似てない人を似てるって言い出すタイプなんですけどね)

愛なんだ

「まだまだ2時間後半戦盛り上がっていこうよ〜!」

と丸ちゃんが煽ってスタート。

丸ちゃんいつのまにかこの地位を固めちゃったな…最初はかなりごり押し感があった気がするけど、いつの間にか定番の盛り上げ役に。

これも丸ちゃんの営業努力の成果! それからメンタルの強さ!!(笑)

切り込み隊長としての関ジャニ∞はまだまだ重宝されてるんだろうなと思います。

みんなに愛されなきゃあの立場にはなれないもんね。

画面が福山さんになってからも「丸ちゃ〜ん!」っていう客席の声が消えませんでした。きっと最後までサービスしてたんだろうな(笑)。


以上、2018年のTHE MUSIC DAY、ジャニーズシャッフルメドレーについてでした! 楽しゅうございました!

それでは!