読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるごと∞まんまるスマイル

丸山くんメインながら、全メンバーこよなく愛でるブログ。惚れたもんだから仕方な〜い。

9/22 2つの記念日に寄せて

どうもです、みはるです。

9月22日は、我らが渋谷すばるさんの誕生日であるとともに、関ジャニ∞のデビュー記念日。この符合にもすでに因縁を感じてしまいます。

おめでとう、そしてありがとう。

ライフナンバー5のすばるさん

私の敬愛する友人がライフナンバー占いを大事にしてまして。

いつだったか夜ふかしでもちょっと違った名前で取り上げられてたと思います。生年月日を1ケタになるまで足していって、残った数でその人の来し方行く末を占うというもの。

私は占いは当たってるところだけ楽しむ、能天気なスタンスなんですが、それによりますと、すばるさんのライフナンバーは5。

このナンバーについて書かれたサイトを見ると、全部が全部大当たりというわけじゃないけれども、どきっとする部分がいくつか。

前世では芸術家、芸人、スター、占い師など、感覚的または派手な職業についていた人。

中年になっても小柄でボーイッシュで年のわからない人が、なぜか時々目につく。

自分の感受性や情熱、意欲をうまく消化する方法を見つけた5(のタイプ)は幸福。フラストレーションがたまると、体より神経をやられて、情緒不安定に陥る。

隠しようのない華を持つくせに、小学生から初老までカバーし、ときに危うく、ときに幸せの象徴である渋谷すばる感…大いにあります。

もちろん、気になるところだけ都合よく抜き出したんですけどね。てへ。

目を離せない男渋谷すばる

関ジャニ∞のメンバーはみんなギャップ持ちイケメン集団だと思ってるんですが、すばるさんはなかなかその起伏が激しい。おそらく彼の人生レベルで激しい。あくまで私のイメージですけども。

私が関ジャニ∞が気になり始めたころ、彼はテレビで仏頂面でいることが多くて、私にとっていちばん苦手で、同時にいつも気になる人物でした。

その後も、カメラに抜かれればメンチ切ったり、謝罪文を出さなきゃいけないようなことになったり、何かとハラハラさせられること多数。

そのころにはスバラジで、彼ののほほんとした陽だまり的な一面を知っていたので、苦笑しつつ見守ってきたのですが、ここのところのすばさんったら、なんて幸せそうな。

角が取れるってこういうことね、と最近の彼を見ているとよく思います。満たされてるんだなあと。くしゃっと笑う彼の笑顔を見ると、とても幸せになります。ぼーっと気が抜けてる彼を見ても、なんだか平和を感じます。

そんな折、つい先日、初めて8UPPERSでアーセナルを演じた彼を見ました。

フィクションとして強調されているものの、あのぶっきらぼうさと、不器用すぎるピュアさは、まさに渋谷すばるのギャップを凝縮したように思えて、ぞくぞくしました。

触れたら自身も周囲も傷つけてしまうガラスの破片のような、硬質なあやうさ。

味園ユニバースでのポチ男もそうでした。あの絶妙なギリギリ感、飢餓感はそうそう誰にも出せるもんじゃない。

幸せなすばるさんはもちろん大好きだけども、あの危なっかしいすばるさんもどうしようもなく惹かれてしまうのです。

つか、あのポニーテール大好物。あの髪型似合う人ほかにいるかな?!

…すみません、取り乱しましたけど、そんなわけで、すばるさんはこれからも目の離せない存在です。

すばるの星のもとに

以前にも書いた話になりますが。

最近、小さいころに好きだった天文にまた興味を持ちだして、ときどき思い出すんです。

すばるはおうし座のプレアデス星団の和名。

目がよければ7こ程度の若い星が集中して見えるそうです。(私は無理)(実際はさらに数十個の星の集まりだそうです)

なんて因縁めいた名前なんだと。

もちろん、過去にはメンバーが8人だったことは周知の事実で、先日のMステではデビュー当時、そのメンバーがはっぴにつけていた柄を彼が自分のものと二種類浴衣につけてステージに立っていたとか。

それに気づくファンの慧眼ぶりにまず圧倒されたし、その歴史をしょって立つすばるさんという人にも改めて恐れ入ったのでした。

さすがすばる。

ちなみに私の車もスバル社製でしてね。7つの星が並んだエンブレムを見て、よくひそかに心震わせているのはここだけの話です。

デビュー12年目

12年間の彼らの活動を、私はいまだにすべて追えてません。

なんでもっと早く彼らの魅力に気付かなかったんだろうと歯がゆく思うことはしょっちゅうだけれど、きっとそれが私の人生のタイミングだったんだろうなとも受け止めてます。

途方もない旅の果て僕ら出逢ってしまった
結ばれない恋だけどずっと愛してる

今お気に入りのクジラとペンギンの歌いだし。お恥ずかしいけどこの気持ちがとても自分の気持ちに近いです。へへ。

それと同時に、この12年間の活動が彼らを支えてるんだろうと思うし、その活動を支え続けてきた先輩ファンたちの心意気にもよく感動します。

長い歴史の中で、ずっと応援してきた人もいれば、いったん離れて戻ってきた人、熱量は落ち着いてもそっと応援してる人もいるだろうし。

無数のファンの思いを受け止めて、彼らは今日も立っているんだろうな。

これからもきっといろんな面を見せてくれる関ジャニ∞を、じっくりゆっくり追いかけていこうと思います。

まずは7人全員がこれからも健康でありますように!笑