まるごと∞まんまるスマイル

「あー面白かった!」を書き残すブログ

【テレ東音楽祭2018】夢をつかむまで泣かねえ!男たち

テレ東音楽祭2018、関ジャニ∞は「LIFE」「キングオブ男!」を歌いました。

「LIFE」は予告映像から当確を囁かれていた曲。

でももう一曲やるなら「ロマネ」かな、と私は勝手に考えてたんですよね。バンド曲とバラードを1曲ずつで。しかも新録したばっかりだし。泣かしにくるかなと。

だけどフタを開けてみたら「キングオブ男!」

ハッ!!で振り返って、セイッ!!で拳つきだして、見事に「突っ張って!」くれました。

この選曲が、今の彼らのすべてなんじゃないかなと思います。

涙はなかった

彼ら、泣きませんでしたね。

お涙ちょうだいの演出にすることはたやすかったと思うんですよ。

ゲスなこと言えば、番組的にはそういう絵がほしかったかもしれない。渋谷すばるテレ東ラスト、って何度もあおってるし。(いや、ラストじゃないし!必ずまた戻ってくるし!!と内心いちいち口答えしてた私)

いやでも、局内練り歩きの無責任ヒーロー、社長をかつぎだしてのキングオブ男、水着女ワラワラの罪と夏のテレ東音楽祭ですから、そのハチャメチャ路線をブレずにキープしたのはさすがです。

そして2018年、今回の舞台はUSJ。

ミニオンが、クッキーモンスターが、エルモがスヌーピーが、膨大な数のダンサーさんが踊る踊る踊る。

…まあ、お涙ちょうだいにはならないな(笑)。

でもそれがとてもよかった。

私の願い

最近の私は、彼らに、

残された時間を大切に過ごしていてほしい

とそれだけ願っていた気がします。

でも「お仕事」をしてる彼らは、いつもゲストさんを大切にして、ゲストさんに向き合っているので、なかなかメンバー同士の空気感が私にはわからなかった。

きっとそれが、私の不安の原因です。

昨日のテレ東のステージでも、彼らは余計な言葉は一切口にしなかった。

だから、曲の激しさとは対照的に、私が彼らに感じたのは静けさでした。

あくまで私の印象ですが。

それは言葉のいらない静けさだった気がするんです。

ちょっとした目線とか、表情のやわらかさとか。

お互いを大切に思ってる気持ちが、伝わってきました。

私がそう思いたいだけなのかもしれませんが。

LIFE〜目の前の向こうへ〜

今の彼らのテーマソングのような曲。

これからもきっと歌い継がれていくはず。

この曲も、聞くタイミングでいつも響いてくるところが違うんですが、今回しみたのは最後のとこでした。

あの日交わした約束をずっと覚えているから 涙堪えて

歌詞のまま、涙を堪えて声をしぼりだすかのような大倉くん。とてもきれいな瞳、きれいな顔。

もっと頑張って、頑張って 駆け抜けて光を追い越して

私の大好きな錦戸くんパート。彼の力強い「もっと」はいつも力をくれる。

もう一切、金輪際 弱音や不安を閉じこめて

ああ、まさに今がそうなのかな。弱音や不安は、彼らの中に鍵をかけて閉じこめることにしたのかな。

せめてもう一回、もう一回、君がくれた笑顔で笑いたい

これもそのまんまですね。涙で終わらせるんじゃなくて、最後まで笑っていたいと。

まだまだ終わらないから

ここ、すばるくん、横山くん、村上くんが歌ってました。

で、このあとの丸ちゃん錦戸くん(たぶんヤスくんも)のコーラスがとても印象的に響いたんですが、ここ、なんて言ってますか?

I will shine for world.

私はそう聞こえるんだけど、たぶん違うな…。for world が意味的にも文法的にも、すごく不自然だもん。なぜ突然世界よ。

と、悩みながらこの記事をあげたら、親切な方が正解を教えてくださいました。

I will shine tomorrow.

なるほどー!!! 納得。

旅立つすばるくんも、6人も、「明日も必ず輝くんだ」っていう、決定事項にも似た、力強いエールと決意表明。

美しかったです。

キングオブ男!

もう最初からね、そのまんまですよね。

根性決めた日 男らしくダチと分かれて旅立ち

いやほんと、まさかこの通りになるなんて、まったく、全然、思わなかったけど!!

ちなみにここ、「別れて」じゃなくて「分かれて」なんですね。永遠の別れじゃなくて、道を分かつ、という意味。そうか。この言葉の選び方にも、悲しみよりも決意を感じる

旅立ちの歌といえば、やっぱり「今」も当てはまるわけだけど、キングオブ男の方がずっと力強くて頼もしくて、今はこっちでほんとによかったと思います。

さよならの時に背中をたたいてくれた

ここで三馬鹿そろいぶみ!これもそのまんま!キングオブ男がもうこわい!

夢を掴むまで止まんじゃねえ!
全てを捨てても挑めよ!

年下組の魂のエール。そのまんますぎてもうキングオブ男こわい(2回目)。

夢をつかもうぜ仲間で おまえのためなら死んでもいい

ここが年上組。たとえ違う道を歩もうとも、仲間だってことは変わらないんです。ここももう、ね…(以下略)。

そして、今後間違いなく語り継がれる名シーン、すばる錦戸両氏による伝説の、

「突っ張って」

ここに至るまでの錦戸くんパート、魂こもった歌いっぷりがまたよかったのだけど、

愛する野郎どもの夢 並ならぬ涙の賜物

のすばるくんパートの間、すばるくんに首を傾けて待ちかまえてる様子が実に頼もしくて。

たすきはつながれた

そんな気持ちがしました。

ほんとに、つっぱってんなあ。

彼らは、弱いとこ全部封じ込めたまま、行けるとこまで行こうと決めたのかもしれない。

震えるような覚悟。

それなら、見届けるしかないよなあ。

私は、彼らが、彼らにとって正しい形で、7人の関ジャニ∞を締めくくろうとしてるのを、信じることにします。

最大のファンサとは

ところで、やっぱり気になるのはヤスくん。

みんなが心配しているように、ヤスくんは明らかに体を動かさないようにしてました。心なしか表情も硬かったかな。私は何もわかりませんが、噂の通りなら、体を自由に動かせない状況なのかな。

でも、その万全じゃない状況を考えると、出てくれたことだけで私はとても嬉しいです。

出ない、という選択肢もあっただろうし。

たとえガチガチに固定していても、ステージに立つということは、どんなアクシデントがあるかわかりませんもんね。

よそのツイートで知ったんですが、キングオブ男のとき、後ろで村上くんがヤスくんの肩に手をおいていたわっているように見える、とのこと。(すごい。こまかすぎる)

もちろんこういうことで妄想をたくましくするのはオタの特技であり特権なんで、真実はわかりませんけど、でもそう見えてしまうくらいのぎこちない動き(カメラワーク含めて)だったのは確かです。

だから、出てくれただけでありがたい。

だけど、これ以上無理はしてほしくない。

これもどなたかのツイートで読んだんですが、

健康でいてくれることが最大のファンサ

まさにこれです。いいこというなあ。

今のヤスくんだけを見たいわけじゃない。

10年後も笑顔を見せてくれる方が何百倍も嬉しい。

そう願う言葉はTLにもたくさんあふれていたから、どうかヤスくんにその思いが届きますように。

たとえ長期療養になっても、未来を取るなら仕方ない。そのくらいの覚悟で、ヤスくんのことを応援しようと思いました。

すばるくんも、ほかのメンバーももちろん同じです。

今だけじゃなく、じっくりと。

だからもしかしたら、身体的にも、精神的にも、休養が必要な時期が来るかもしれません。

いわゆる充電期間が。

それもいいんじゃないかと思います。

激流の芸能界に身を置く以上、簡単にはできないことかもしれません。でもそういう可能性も全部ひっくるめて、彼らの判断を信じて見守ろうと思います。

…って、なんか重いですね!!(笑)

すみません。何回も昨日の映像見てたら、覚悟を決めた男の背中を見せられたような、厳粛な気持ちになっちゃって。

いい男たちだ。

本当に。

だからこっちも、いい女でいたいな、なんて。

待てるいい女。

突っ張って!!(笑)

関連記事